【2024年最新】IT導入補助金とは?専門家が解説してみた! - みんなの補助金コンシェルジュ

【2024年最新】IT導入補助金とは?専門家が解説してみた!


IT導入補助金2024
  • 補助金
  • 申請
  • IT導入補助金
  • 対象者
  • 中小企業
  • パソコン
  • 対象ソフト
  • スケジュール
  • ITツール
  • 小規模事業者
  • 2024年
  • 令和6年度
  • 令和6年
  • IT導入補助金2024
  • パソコン購入
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
2023-12-15 ・ 梅沢博香
このコラムを読んで分かること ・「IT導入補助金2024」の前年度との変更点 ・「IT導入補助金2024」の採択率を上げるコツ ・「IT導入補助金2024」の年間スケジュールや申請スケジュールなどの概要

目次

  1. 「IT導⼊補助⾦」とは?
    1. 通常枠
    2. インボイス枠 ←NEW!
    3. 複数社連携IT導入枠 ←NEW!
    4. セキュリティ対策推進枠
  2. 補助される金額は?
  3. 「IT導⼊補助⾦2024」どんなITツールが対象?
    1. 通常枠
    2. インボイス枠
    3. セキュリティ対策推進枠
  4. どんなITツールを導入すればいいか分からない!
    1. 「IT導入補助金2024」申請者向け!弊社取り扱い対象ツール
  5. 「IT導入補助金」の申請はベンダーと二人三脚
    1. 「IT導入支援事業者」(ITベンダー)選びのコツは?
  6. 補助の対象・対象外となる事業者は?
    1. 「IT導入補助金2024」の補助対象者
    2. 「IT導入補助金2024」の補助対象となる中小企業・小規模事業者等 中小企業
    3. 小規模事業者
  7. 「IT導入補助金2024」の補助対象となる個人事業主
    1. 中小企業等
    2. 小規模事業者
    3. 「IT導入補助金2024」の補助対象者外となる事業者
  8. 事前に準備が必要なものは?
    1. GビズIDプライム
    2. SECURITY ACTION
    3. 「みらデジ経営」で経営チェックをする
    4. その他必要書類
  9. 「IT導入補助金2024」前年度との変更点は?
    1. 変更点(1):大企業等も申請可能に!
    2. 変更点(2):小規模事業者の補助率が上がる
    3. 変更点(3):「ECソフト」が補助対象外になる
    4. ECサイト構築費用が補助対象になる補助金は?
    5. 変更点(5):「インボイス枠」と「複数社連携IT導入枠」が新設
  10. 「IT導入補助金2024」のスケジュールは?
    1. 「通常枠」のスケジュール予想
    2. 「インボイス枠」(電子取引類型)のスケジュール予想
    3. 「インボイス枠」(インボイス対応類型)のスケジュール予想
    4. 「セキュリティ対策推進枠」のスケジュール予想予想
  11. 「IT導入補助金2024」の申請の流れは?
    1. ※事前準備
  12. 「IT導入補助金」の採択結果
    1. 最新!「IT導入補助金2023」採択結果
  13. 「楽して採択率アップ」を狙うなら……?
  14. 個人事業主の方注目!その費用、補助金が使えます!

「IT導⼊補助⾦」とは?

「IT導入補助金」は、業務の効率化やDXの推進、セキュリティ対策に向けたITツール等の導入費用を支援する補助金です。
「IT導入補助金」を使った場合、約16,000円のITツールが自己負担約4,000円で導入できます。
この補助金にはいくつかのコース(枠)があり、申請者は自社の目的にあったコースを選んで申請します。
「IT導⼊補助⾦」は、個人事業主や副業でも使えます!

個人事業主が申請する際の注意点をチェック!
【IT導入補助金2024】実は副業にも使える!?

通常枠

・クラウド利用料を最大2年分補助し、保守運用等の導入関連費用も支援。
・生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス)の導入費用を支援。

申請対象者:中小企業・小規模事業者等
対象ツール:業務効率化・売上アップをサポートするツール(人事労務ソフトや顧客対応など)
補助率:1/2
補助額:450万円

「通常枠」が使える補助対象ソフトについて以下のコラムで紹介しています!

【通常枠】顧客管理ソフト・販売管理ソフトの導入費用が半額!
【通常枠】人気のコミュニケーションツールが半額で導入できる!

インボイス枠 NEW!

・「デジタル化基盤導入枠」の後継として新設される枠。
・インボイス対応に特化した枠で、ハードウェアも補助対象。
活用例:
インボイス発行の手間を効率化するため「会計ツール」を導入。
経理担当が手作業で行っていた出納管理が自動化され、バックオフィスの効率が全体的に向上。

「インボイス枠」でお得にインボイス対応ツールの導入・改修する!

「電子取引類型」
・取引関係における発注者(大企業を含む)が費用を負担してインボイス対応済の
受発注ソフトを導入し、受注者である中小企業・小規模事業者等が無償で利用
できるケースを支援。

申請対象者:中小企業・小規模事業者等、大企業等
対象ツール:インボイス制度に対応した受発注ソフト
補助率:2/3
補助額:~350万円


「IT導入補助金2024」の新枠!「インボイス枠」とは?

「インボイス対応類型」
・10月1日に開始されたインボイス制度への対応に特化した支援枠で、会計・受発注・
決済ソフトに加え、PC・タブレット・レジ・券売機等のハードウェア導入費用も支援。
・小規模事業者は最大4/5補助し、補助下限はなく安価なITツール導入も支援。

申請対象者:中小企業・小規模事業者等
対象ツール:インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト、PC・タブレット等、レジ・券売機等
補助率:4/5
補助額:350万円

「インボイス枠」はパソコンやタブレットなどのハードウェアが補助対象になります。
ハードウェアの購入をご検討の方は、以下のコラムもご覧ください。

💻「IT導入補助金2024」PCが買える!Macは対象?
お得にインボイス対応のシステム導入・改修をする!

複数社連携IT導入枠 ←NEW!

・10者以上の中小企業・小規模事業者等が連携したインボイス制度への対応やキャッシュレス決済を導入する取組など支援
・連携のための事務費・専門家費も補助

申請対象者:中小企業・小規模事業者等
対象ツール:会計・受発注・決済の機能を保有するソフトウェアや異業種間の連携や地域における人流分析・商取引等の面的なデジタル化に資するソフトウェアなど
補助率:2/3
補助額:3,000万円

セキュリティ対策推進枠

・独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が公表する「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているセキュリティサービスの利用料を支援。

申請対象者:中小企業・小規模事業者等
対象ツール:セキュリティ対策ソフト
補助率:1/2
補助額:100万円

「セキュリティ対策推進枠」は、「IT導入補助金」で一番採択率の高い「超穴場枠」です!
詳しく知りたい方は以下のコラムをご覧ください!

「セキュリティ対策推進枠」の概要を3分でチェックする
【最大100万円補助】お得にセキュリティ対策したい方はこちら!

補助される金額は?

「IT導入補助金」の補助額は枠によって異なりますが、最大で450万円補助されます。

【2024年最新】IT導入補助金とは?専門家が解説してみた!出典:「IT導入補助金2024」パンフ

「IT導⼊補助⾦2024」どんなITツールが対象?

「IT導入補助金」の補助対象となるITツールは、事務局より認定されたITツールに限られます。
対象ITツールは枠によって異なります。

通常枠

・供給・在庫・物流に関するソフト
・顧客対応販売支援に関するソフト
・総務・人事・給与・労務に関するソフト

インボイス枠

・PC・タブレット・レジ・発券機などのハードウェア
・会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフトに関するソフト

セキュリティ対策推進枠

・セキュリティ対策ソフト

ITツール検索はIT導入補助金のサイトから行えます。
※「IT導入補助金2024」の公式サイトは現在未公開です。

どんなITツールを導入すればいいか分からない!

「自社の課題を解決できるITツールが分からない」
「おすすめITツールを知りたい!」
という方は、「IT導入支援事業者」(ITベンダー)に相談してみましょう。
私たち株式会社リアリゼイションは「IT導入補助金」の「IT導入支援事業者」(ITベンダー)です。
業種に特化したツールや汎用性の高いツールまで、多くのお客様にご利用いただけるITツールをご用意しています!

「IT導入補助金2024」申請者向け!弊社取り扱い対象ツール

■会計・インボイス系

・マネーフォワードクラウド_会計
・マネーフォワードクラウド_経費
・マネーフォワードクラウド_請求書 ←インボイス対応におすすめ!

■労務・法務系

・LINE WORKS
・KING OF TIME
・AI-Contact_モバイル
・ラクリア助成金 ←人気!
・マネーフォワードクラウド_給与
・マネーフォワードクラウド_勤怠
・マネーフォワードクラウド_債務支払

■業務効率化系

・Google Workspace
・KANNA ←建設・土木関係の方におすすめ!

導入したいツールが決まっていなくても、
「こんなことができるソフトある?」
「インボイス対応や電子帳簿保存法対応のソフトを導入したい!」
など、ご質問、疑問がある方は弊社にお問い合わせください!
➤【無料】リアリゼイションに相談する!👍

「IT導入補助金」の申請はベンダーと二人三脚

「IT導入補助金」は「IT導入支援事業者」(ITツールを販売するソフトウェア会社など事業者のこと。「ITベンダー」とも言う)と協力して申請する必要があります。

IT導入補助金2024
出典:IT導入補助金2024パンフレット
申請者はまず導入したいITツールを「IT導入補助金」の公式サイトで検索し、該当ツールを扱う「IT導入支援事業者」(ITベンダー)に連絡を取るところから始めます。
公式サイトでは、業種別ツールや申請するコースなどの条件でもツールが検索可能です。
導入したいツールが決まってなくても自社に合ったツールを探せます!

「IT導入支援事業者」(ITベンダー)選びのコツは?

申請のパートナーである「IT導入支援事業者」(ITベンダー)の選定は採択を左右する重要なポイント。
少しでも採択率を上げたい方は、以下の点を抑えて選定しましょう!

・申請・採択の実績件数が多い
・電話・オンラインで打ち合わせができる
・自社が導入したいタイプのITツールを扱っている、または幅広い種類のITツールを扱っている

株式会社リアリゼイションはこれらのすべての条件をクリア!
安心してお任せいただけます。
株式会社リアリゼイションの特長

・人気・幅広いITツールの取扱い
・補助金の総申請件数1,300件、申請総額50億円以上
・オンライン・電話で北海道から沖縄まで全国対応可能​

➤リアリゼイションにツールの相談をする!

補助の対象・対象外となる事業者は?

「IT導入補助金2024」の補助対象者

「IT導入補助金2024」の補助対象者は、個人事業主、中小企業・小規模事業者等の他に、新たに大企業等も含まれます。
ただし、大企業等が申請できるコースは「インボイス枠」の「電子取引類型」のみです。
大企業の業種については未発表です。

「IT導入補助金2024」の補助対象となる中小企業・小規模事業者等
中小企業

飲食/宿泊/卸・小売/運輸/医療/介護/保育等のサービス業/製造業や建設業等


小規模事業者

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)/サービス業のうち宿泊業・娯楽業/製造業その他


【IT導入補助金2024】個人事業主が必要な書類は?
個人事業主が使える人気補助金をチェック!

「IT導入補助金2024」の補助対象となる個人事業主

IT導入補助金2024」に申請できる個人事業主は以下の通りです。

中小企業等

製造業、建設業、運輸業/卸売業/サービス業(ソフトウェア業または情報処理サービス業、旅館業を除く)/小売業/ゴム製品製造業(自動車または航空機用タイヤおよびチューブ製造業並びに工場用ベルト製造業を除く)/ソフトウェア業または情報処理サービス業/旅館業/その他業種(上記以外)

小規模事業者

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)/サービス業のうち宿泊業・娯楽業/製造業その他

「IT導入補助金2024」の補助対象者外となる事業者

・発行済株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を大企業が所有している中小企業・小規模事業者等
・大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている中小企業・小規模事業者等
・発行済株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所有している中小企業・小規模事業者等
・発行済株式の総数又は出資価格の総額を①~③に該当する中小企業・小規模事業者等が所有している中小企業・小規模事業者等
・上記に該当する中小企業・小規模事業者等の役員又は職員を兼ねている者が役員総数の全てを占めている中小企業・小規模事業者等
・確定している(申告済みの)直近過去3年分の各年又は各事業年度の課税所得の年平均額が15億円を超える中小企業・小規模事業者等 など


個人事業主が申請する際の注意点をチェック!
【IT導入補助金2024】実は副業にも使える!?

事前に準備が必要なものは?

GビズIDプライム

「GビズID」とはIT導入補助金の申請以外にも、複数の行政サービスをひとつのアカウントで管理が行えるシステムです。
「gBizIDプライム」と「gBizIDエントリー」の2種類がありますが、「IT導入補助金」の申請には「gBizIDプライム」が必要です。
個人事業主に限り「GビズID」がオンラインで取得できるようになりました!

個人事業主の特権!「GビズID」はオンラインで簡単取得!

SECURITY ACTION

「SECURITY ACTION」とは中小企業が自ら「情報セキュリティ対策」に取組むと自己宣言を行う制度のことです
「★一つ星」と「★★二つ星」の2種類がありますが、「IT導入補助金」の申請には「★一つ星」から対象となっています。

「みらデジ経営」で経営チェックをする

「みらデジ」ポータルサイト内にgBizIDで登録し、「経営チェック」の実施が必要です。
「みらデジ」は、中小企業庁が実施する中小企業・小規模事業者等の経営課題をデジタル化により解決することをサポートする制度です。
「みらデジ」での経営チェックは無料で利用できます。

その他必要書類

【法人の場合】

・履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・税務署で発行された直近分の法人税の納税証明書(「その1」若しくは「その2」)


PC・スマホで「履歴事項全部証明書」を取得する!

【個人事業主の場合】

・税務署が受領した直近分の確定申告書の控え
・税務署で発行された直近分の法人税の納税証明書(「その1」若しくは「その2」)
・運転免許証(有効期限内のもの)、運転経歴証明書若しくは住民票(発行から3ヶ月以内のもの)

「IT導入補助金2024」前年度との変更点は?

「IT導入補助金2024」の前年度との変更点は以下の5つです。

(1)大企業等も申請可能になる
(2)小規模事業者の補助率が上がる
(3)「ECソフト」が補助対象外になる
(4)「商流一括インボイス対応類型」がなくなる
(5)「インボイス枠」と「複数社連携IT導入枠」新設

変更点(1):大企業等も申請可能に!

「IT導入補助金」の申請対象者は中小企業・小規模事業者等でしたが、「インボイス枠」の「電子取引類型」で大企業等も申請対象になります。

変更点(2):小規模事業者の補助率が上がる

「インボイス枠」の「インボイス対応類型」では、小規模事業者の補助率が引き上げられます。
IT導入補助金2024出典:IT導入補助金2024パンフレット

変更点(3):「ECソフト」が補助対象外になる

これまでの「IT導入補助金」の「デジタル化基盤導入枠」では「中小企業・小規模事業者等が導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの経費の一部を補助する」としていました。
しかし、後継枠である「インボイス枠」を含むすべての枠で「ECソフト」の文言がないため「ECソフト」は補助対象外になります。
IT導入補助金2024出典:IT導入補助金2024パンフレット
ECサイト作成費用が補助対象になるのは「IT導入補助金2023」の17回締切までです。
申請のチャンスはあと1回!

「IT導入補助金2023」スケジュール

17回締切……2024年1月29日申請のチャンスはあと1回!ECサイト構築をご検討の方は申請準備をお急ぎください。
➤ラストチャンス💨お得にECサイト作成する!

【IT導入補助金2024】ECサイトが対象外に…!?

ECサイト構築費用が補助対象になる補助金は?

「IT導入補助金2024」ではECサイト構築の費用が補助対象外になりますが、代わりに使える補助金があります!
■ECサイト構築費用が対象となる補助金

ものづくり補助金
事業再構築補助金
・各自治体による補助金
小規模事業者持続化補助金

「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」は、令和6年度も実施されます。
どちらも法人だけでなく個人事業主も申請可能です。
ビジネスの可能性を広げたい個人事業主様は以下のコラムで概要をチェック!

【2024年度版】「ものづくり補助金」大幅拡充!変更点は?
【2024年度版】「小規模事業者持続化補助金」のスケジュールは?

変更点(5):「インボイス枠」と「複数社連携IT導入枠」が新設

「インボイス枠」と「複数社連携IT導入枠」が新設されます。
「インボイス枠」

・「デジタル化基盤導入枠」の後継。
・インボイス対応のツールに特化した枠で、「電子取引類型」と「インボイス対応類型」の2つの類型がある。

「複数社連携IT導入枠」

・補助上限額や補助率などの変更はなし。
・「デジタル化基盤導入枠」の「複数社連携IT導入類型」が、「複数社連携IT導入枠」に。

「IT導入補助金2024」のスケジュールは?

2024年度の「IT導入補助金」のスケジュールは未発表です。
2024年度の第1回締切分は、2023年の最終回である10次締切分(2024年3月8日)の採択発表後に始まるので、以下のようなスケジュールが想定されます。
第1回締切分は2024年2月中旬に申請受付が開始されます。
下記、現在決定されている各枠のスケジュールです。

「通常枠」のスケジュール予想

第1回締切分
締切日:2024年3月15日【決定】
採択発表:2024年4月下旬

第2回締切分
締切日:2024年4月15日【決定】
採択発表:2024年5月下旬

第3回締切分
締切日:2024年5月20日【決定】
採択発表:2024年7月上旬


「インボイス枠」(電子取引類型)のスケジュール予想

第1回締切分
締切日:2024年3月15日【決定】
採択発表:2024年4月下旬

第2回締切分
締切日:2024年4月15日【決定】
採択発表:2024年5月下旬

第3回締切分
締切日:2024年5月20日【決定】
採択発表:2024年7月上旬


「インボイス枠」(インボイス対応類型)のスケジュール予想


第1回締切分
締切日:2024年3月15日【決定】
採択発表:2024年4月下旬

第2回締切分
締切日:2024年3月29日【決定】
採択発表:2024年5月中旬

第3回締切分
締切日:2024年4月15日【決定】
採択発表:2024年5月下旬

第4回公募:
締切日:2024年4月30日【決定】
採択発表:2024年6月上旬

第5回公募:
締切日:2024年5月20日【決定】
採択発表:2024年7月上旬


「セキュリティ対策推進枠」のスケジュール予想予想

第1回締切分
締切日:2024年3月15日【決定】
採択発表:2024年4月下旬

第2回締切分
締切日:2024年4月15日【決定】
採択発表:2024年5月下旬

第3回締切分
締切日:2024年5月20日【決定】
採択発表:2024年7月上旬

2023年度と同様であれば、次のようなスケジュール感になる可能性が高いです。

・申請締切日から採択発表日まで……約1か月
・「IT導入補助金2024」実施回数……10回くらい
・締切日から次回締切日までの期間……1~2か月


補助金サイトが「IT導入補助金2024」のスケジュールを予想してみた!

「IT導入補助金2024」の申請の流れは?

「IT導入補助金2024」申請の大まかな流れは、「申請→採択→ITツール導入・代金支払い→補助金受給→事業実績報告提出」です。

※事前準備

(1) 「IT導入補助金2024」の公式サイトや公募要領を読み、補助事業について理解する
(2) 「gBizIDプライム」アカウントの取得、「SECURITY ACTION」の実施する
(3) 「みらデジ経営チェック」の実施
(4) 「IT導入支援事業者」(ITベンダー)の選定し導入するITツールを決める


(5) 「IT導入支援事業者」(ITベンダー)と共同で交付申請書を作り提出する
(6) 事務局から「交付決定」(採択)を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行う
(7) 補助事業の完了後、実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証憑を提出する
(8) 補助金を受給する
(9) 「IT導入支援事業者」(ITベンダー)の確認を経て、事業実施効果報告を提出する


IT導入補助金2024出典:IT導入補助金2024パンフレット
事前準備として「gBizIDプライム」アカウントの取得が必須ですが、個人事業主に限りオンライン申請が可能となり、即時発行できるようになりました。
「gBizIDプライム」の概要やオンライン申請の手順は以下のコラムでチェック!

【個人事業主必見】「gBizIDプライム」のオンライン申請のやり方は?

「IT導入補助金」の採択結果

「IT導入補助金」の採択率は枠によって異なります。
「セキュリティ対策推進枠」の採択率が最も高く、平均採択率は85.1%です。
申請者全てが採択された回もあります。
※「商流一括インボイス対応類型」の直近2回の申請者数がいなかったため割愛します。

最新!「IT導入補助金2023」採択結果

■通常枠
A類型……75.5%(7次締切分まで)
B類型……58.7%(7次締切分まで)


■デジタル化基盤導入枠
デジタル化基盤導入類型……76.4%(11次締切分まで)


■セキュリティ対策推進枠
85.1%(7次締切分まで)

「IT導入補助金2023」の最新の採択採択率をチェック!

「IT導入補助金2023」採択率ってどのくらい?


「IT導⼊補助⾦」公式サイトはこちら!
「IT導⼊補助⾦2024」のチラシを見る

「楽して採択率アップ」を狙うなら……?

補助金申請の一番のお悩みと言えば、手間と採択の不安。
申請サポートを活用すれば一気に解決します!
弊社株式会社リアリゼイションは、補助金の申請総額50億円以上、総申請件数1,300件を超える「補助金のプロ」。
弊社が申請から受給までワンストップであなたをサポートいたします。
「IT導入補助金2024」で採択を目指す事業者様は、株式会社リアリゼイションにおまかせください。

「「IT導入補助金2024」でどんなツールを導入すれば社内の課題を解決できるか知りたい」
「うちの会社も「IT導入補助金2024」に申請できるかな?」
など、「IT導入補助金2024」に関する疑問がある方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
➤【無料】リアリゼイションに質問する!👍

個人事業主の方注目!その費用、補助金が使えます!

知ってる人だけが得をする補助金や給付金。
活用しない手はありませんよね!
国の補助金の中にも個人事業主が使えるものもたくさんあります!
たとえば、広告費や設備投資にも補助金が使える場合も。
あなたの事業のその課題、補助金でコストを抑えながら解決できるかも!
\\簡単10秒⏱あなたが使える補助金をチェック!//