働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

内容

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。
このコースでは、勤務間インターバル制度の導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。

対象者

支給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する中小企業事業主です。
(1)労働者災害補償保険の適用事業主であること
(2)次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること
 ア 勤務間インターバルを導入していない事業場
 イ 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が
   当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業場
 ウ 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業場
(3)全ての対象事業場において、交付申請時点及び支給申請時点で、36協定が締結・届出されていること。
(4)全ての対象事業場において、原則として、過去2年間に月45時間を超える時間外労働の実態があること。
(5)全ての対象事業場において、交付申請時点で、年5日の年次有給休暇の取得に向けて就業規則等を整備して
 いること。

対象地域
全国
公募期間
補助金額

50万円〜120万円

補助率

3/4

上限金額
対象経費
  • その他
利用・申請方法

お問い合わせ先までご確認ください。

詳細参照先

厚生労働省ウェブサイト「働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)」

実施組織・支援機関

厚生労働省

お問い合わせ先

お問い合わせ先一覧

この補助金を専門家に相談する
戻る