【大学無償化を深堀!】3人全員対象?専門学校は対象?2025年で在学中の場合は? - みんなの補助金コンシェルジュ

【大学無償化を深堀!】3人全員対象?専門学校は対象?2025年で在学中の場合は?

本コラムでは「第3子以上 大学無償化」について、3人全員無償化なのか、専門学校は対象なのか、2025年度以前に入学していても対象となるのか、など気になる部分を深堀していきます!

公開日:

更新日:

どうなる大学無償化

CONTENTS

政府が2023年12月に公表した少子化対策案の1つ、「子どもが3人以上いる世帯が大学無償化」が話題となっています。この案は、所得制限なしで大学等の学費、入学費用を無償化するというもの。

今回は、この大学無償化について深堀していきます。

子ども3人以上で大学無償化とは?


政府は少子化対策の一環として、3人以上の子どもがいる世帯に対して、子どもの大学授業料などを無償化する方針を発表しました。
2025年度から実施する予定で、所得制限は設けません。

具体的な内容は以下の記事をご覧ください!


「大学」だけが無償化?専門学校や短大は?

大学だけでなく、短期大学、高等専門学校などの学生が対象になる予定です。

子ども3人共全員無料なの?3人目以降から無料?

こども未来戦略案「大学無償化」出典:2023年12月11日公開「こども未来戦略」案

→(2023年12月12日追記)11日に公表された「こども未来戦略」案によると、第1子、第2子、第3子が3人共大学等に在学する場合、3人全員が無償化の対象となります。
ただ、第1子が卒業後に扶養を外れると、扶養する子どもが2人となるため、第2子と第3子は対象外となる仕組みです。

2025年度以降入学が無償化の対象?すでに在学中の場合は?

大学無償化は「2025年度から開始予定」で調整しています。2025年度以降入学の場合は対象となりますが、それ以前に入学し、すでに在学中の場合は対象となるのでしょうか。
これについては、くわしい情報は公表されていません。

参考までに、同様の少子化対策である「保育料無償化」が開始した際には、既に入園していて、子どもが年中または年長である場合、無償化が開始した時点から適用されました。
したがって、2025年度以前に入学しており、すでに在学中であっても、その時点から無償化の対象となる可能性も考えられます。
ただし、具体的な適用条件については、まだ詳細が明らかにされていません。

世間の意見

この「子ども3人以上で大学無償化」の案は、「本当は3人目を希望しているけれど、将来の学費等を考えて諦める」という世帯を後押しするための政策です。
ただ、この案に「ありがたい」という声もありますが、第2子までの世帯と「支援に差がありすぎる」「少子化対策というより、子育て支援だ」「今3人目を出産し、18年後までこの対策は持つのか」などと批判の声も多くあがっています。
今後、「こども未来戦略」に盛り込まれる具体的な内容に注目していきます。

あわせて読みたい

その他の少子化対策や、物価高騰の給付金などのコラムもおすすめです。


個人事業主で資金調達にお悩みの方はご相談ください!

本コラムをお読みの個人事業主や小規模事業者の皆様!
「設備投資」や「資金調達」にお悩みはありませんか?
あなたのビジネスのその課題、補助金の活用で解決するかもしれません!
たとえば、こんな補助金が活用できる可能性があります。
(以下補助金名をタップで、各補助金のページに飛びます)

IT導入補助金
最大450万円
ものづくり補助金
最大4,000万円
事業再構築補助金
最大7,000万円~3億円
小規模事業者持続化補助金
最大200万円

あなたのビジネスにぴったりな補助金・助成金は以下のフォームから無料で診断できます!