研究開発型スタートアップ支援事業 - みんなの補助金コンシェルジュ

研究開発型スタートアップ支援事業

成長の可能性を秘めた研究開発型スタートアップ企業に対して、実用化開発、共同研究費等を支援します。

内容

成長の可能性を秘めた研究開発型スタートアップ企業に対して、ベンチャーキャピタル(以下「VC」という。)等の協力を得ることを条件に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)を通じて実用化開発、共同研究費等を支援します。支援内容は、スタートアップ企業の事業ステージごとに、①SBIR制度に基づく支援、②シード期成長支援(STS) 、③事業化支援(PCA) の3種類です。

■SBIR制度に基づく支援
・SBIR(Small Business Innovation Research) 制度とは研究開発型スタートアップ企業・中?企業等によるイノベーションの創出を促進する制度のこと。
・民間有識者等(プログラムマネジャー) の知見も活用しつつ、政策課題から研究開発型スタートアップ企業に適した研究開発テーマを設定し、研究開発計画の実現可能性調査を支援。
・本事業において研究開発計画の実現可能性調査を支援した事業者が、研究開発や事業化を行うに際しては、本事業のみならず、各省庁が行う関連事業と連携するなど、関係する府省庁間において横断的・一体的な支援を実施。

■シード期成長支援(STS)
・シード期の研究開発型スタートアップ企業が、シーズ技術の強化と次の資金調達に繋げるために行う実用化開発、試作品制作等を支援。

■事業化支援(PCA)
・研究開発型スタートアップ企業が、技術シーズを事業化に結びつけるために行う事業化開発、共同研究、実証研究開発等を支援。

対象者

■SBIR制度に基づく支援
研究開発型スタートアップ企業および事業を営んでいない個人(大学等の研究者等)

■シード期成長支援(STS)
NEDO認定VCから出資を受ける研究開発型スタートアップ企業

■事業化支援(PCA)
数年以内の製品実用化・事業化を目指す研究開発型スタートアップ企業

対象地域
全国
公募期間
補助金額

1,500万円〜2億5,000万円

補助率

3分の2以内

対象経費
  • 機械設備導入費
  • 外注費
  • 旅費
  • 製品開発費
  • 人件費
  • その他
利用・申請方法

提案書様式を用いて下記の助成金交付申請に係る提案書(以下「提案書」とい う。)一式を NEDO に提出してください。

<提出先>
提出先:Web 入力フォーム
https://app23.infoc.nedo.go.jp/koubo/qa/enquetes/0c25xjvpctfz
提出先の Web 入力フォームに必須事項を入力いただき、提出書類をアップロードしてください。

詳細参照先

NEDOスタートアップ企業・中小企業向けポータルサイト
研究開発型スタートアップ支援事業 公募要領

実施組織・支援機関

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

お問い合わせ先

・国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) イノベーション推進部
電話:(044)520-5173
・経済産業省
産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課
電話:(03)3501-1778

戻る