【15回】小規模事業者持続化補助金!開始はいつから?締切日はいつ? - みんなの補助金コンシェルジュ

【15回】小規模事業者持続化補助金!開始はいつから?締切日はいつ?

小規模事業者を支援するために実施されている「小規模事業者持続化補助金」。 現在15回受付締切回の公募開始を控えています。 本コラムでは、15回締切回の公募開始時期はいつなのか他スケジュールについて、過去の傾向やスケジュールから予想をしていきます!

公開日:

更新日:

15回 いつ

CONTENTS

予想した15回受付締切回の公募開始時期
2024年1月中に開始

※過去の傾向を分析しました!くわしくは以下コラムの内容をご覧ください!

小規模事業者持続化補助金とは

「小規模事業者持続化補助金」とは、小規模事業者が持続的な経営を図るため、政府や地方自治体により実施される支援策です。

この補助金制度は、小規模事業者が自ら作成した経営計画に基づき、販路開拓や商品改良・開発などに取り組む際に支援を行います。

「販路開拓のための」という要件はありますが、個人事業主や小規模事業者にとっては、比較的使いやすく、はじめて補助金を使うという方にもオススメの補助金です。

具体的には、新たな市場への参入を目指すために販売戦略を工夫したり、新たな顧客層を獲得するために商品の改良や開発を行ったりすることが支援の対象となります。

補助金は、補助事業に必要となる経費を一部補助する形で支給されます。

「小規模事業者持続化補助金」の具体的な内容は、以下のコラムでご紹介しています!

小規模事業者持続化補助金の公式サイトはこちら!

15回受付締切分の開始はいつ?過去のスケジュールから予想!

前回14回受付締切分の受付は、2023年12月12日(火)に終了し、公式ホームページでは、15回の公募受付は準備中とされています。(2024年1月4日現在)

「小規模事業者持続化補助金」は、通常、前回の公募回の締切後、数日後に次の公募が開始されるスケジュールが組まれています。

たとえば、12回の受付締切回は2023年6月1日で、その後、13回の受付締切の公募が2023年6月14日に開始されました。

また、基本予算が更新される場合(例:令和3年度補正予算から令和4年度補正予算への変更など)、その変更期間には約1か月前後の時間がかかることがあります。
小規模事業者持続化補助金のスケジュール予定(パンフレットより)出典:令和5年度補正予算 「⼩規模事業者持続化補助⾦」パンフレットより

令和5年12月には、「小規模事業者持続化補助金」の新しい予算に関する概要が更新され、公募の開始は準備が整い次第速やかに行われることが明記されています。

15回の公募においては、前回14回と同様の内容であれば、数日から数週間以内に開始される可能性が高いです。
しかし、新たな内容となる場合は、12月時点での更新を考慮し、1か月から1か月半後に開始される可能性があります。

参考に過去の締切から次の公募が開始される日程を見ていきます。

直近のスケジュール
2023年9月7日
第13回受付締切分の締切

2023年9月12日
第14回受付締切分以降の公募要領を公開

2023年6月1日
第12回受付締切分の締切

2023年6月14日
第13回受付締切分の公募要領を公開


予算が切り替わった際のスケジュール
2023年2月20日
第11回受付締切分の締切(令和元年度補正予算・令和 3 年度補正予算)

2023年3月3日
第12回受付締切分以降の公募要領を公開(令和4年度補正予算)

2022年 2月 4日(金)
第7回受付締切(令和元年度補正予算 )

2022年3月22日(火)
第8回公募要領公開(令和元年度補正予算・令和3年度補正予算)

直近では、前回の受付が閉め切られてから、5日~2週間未満で次の公募が開始されています。
予算が切り替わった際のスケジュールを見てみると、約1週間と数日の回もあれば、約1か月半かかっていることもあります。
今回の15回の予想でいうと、すでに前回締切の2023年12月12日(火)から3週間以上経過しています。
これまでのスケジュールでいうと、1か月半後ごろには公募が開始されていますので、15回は、1か月後の範囲である1月中には開始するのではないかと予想できます!

15回受付締切分の申請開始と締切は?

「小規模事業者持続化補助金」の申請は基本的に公募要領開始と共に開始(郵送のみ)、電子申請の準備が整い次第数日後に電子申請の受付も開始します。
基本予算が更新された初回の場合は、公募要領が公開し、数日後に申請も受け付けが行われます。

締切については、申請受付が開始されてから通常3か月後に終了する傾向があります。

参考に、以下の前回14回のスケジュール、基本予算が更新された12回締切分のスケジュールをご覧ください。

14回受付締切分のスケジュール
公募要領公開:2023年9月12日(火)
申請受付開始:2023年9月12日(火)
申請受付締切:2023年12 月12 日(火)


12回受付締切分のスケジュール
公募要領公開:2023年 3 月3 日(金)
申請受付開始:2023年3月10日(金)
申請受付締切:2023年6月1日(木)


具体的な日程の予測として、前回14回締切分のスケジュールや基本予算が更新された12回締切分のスケジュールを参考にすると、15回受付締切分の予測は、1月中に公募要領の開始、申請受付の開始、および4月に申請受付の締切が行われる可能性が高いと考えられます。

ただし、年度をまたいでしまうことから、3月下旬に締切がある可能性も考慮されます。

あわせて読みたい

■小規模事業者持続化補助金のコラム


「15回」小規模事業者持続化補助金に申請したい!という方はお早めにご相談ください!


小規模事業者持続化補助金「第15回」の申請をお考えの方、補助金申請は想像以上に複雑で、準備にかかる時間の確保も必要となります。

さらに採択されるための「精度の高い事業計画書」を作成する必要があり、自信も時間もなく申請自体あきらめてしまう事業者さまが多いのが現状です。

株式会社リアリゼイションでは、補助金申請サポート1,000件以上の実績がある補助金のプロが、申請のご相談から丸投げまで、あなたの補助金申請に徹底的に寄り添い、サポートいたします。

ありがたいことに、たくさんのお問い合わせ、お申し込みをいただいております。公募開始後はさらにお問い合わせが込み合う可能性がありますので、申請をお考えの方は、おはやめにご相談ください

「申請の要件に当てはまっているのか?」などのささいなご相談から、申込まで、お問い合わせは以下のフォームよりご送信ください!

小規模事業者持続化補助金の相談をする!


自社で申請できる補助金を知りたい!という方はこちら!

いろんな補助金があるけど、「どの補助金が自社で使えるのかわからない!」という方は、5問のカンタンな質問に答えるだけで自社で申請できる補助金・助成金を見つかる「補助金診断」をぜひご活用ください!

「補助金診断」は、以下の「御社にあった補助金・助成金が見つかる!」のボタンからぜひご活用ください!