2025年から大学無償化の方針。3人以上の子どもがいる世帯が対象に - みんなの補助金コンシェルジュ

2025年から大学無償化の方針。3人以上の子どもがいる世帯が対象に

政府の少子化対策により、3人以上の子供がいる多子世帯は、大学の授業料負担が大幅に軽減されそうです。 3人とも対象となるのか、いつから開始されるのかなど紹介いたします。

公開日:

更新日:

大学の授業料軽減

CONTENTS

3人以上の子どもがいる世帯に大学無償化の方針

政府は少子化対策の一環として、3人以上の子どもがいる世帯に対して、子どもの大学授業料などを無償化する方針を発表しました。
2025年度から実施する予定で、所得制限は設けません。
この方針は、月内に決定する「こども未来戦略」に盛り込まれる見通しです。

一緒に読まれている記事【大学無償化を深堀!】3人全員対象?専門学校は対象?2025年で在学中の場合は?


出典:時事通信社|「多子世帯の大学授業料無償化 所得制限なし、25年度から―政府」はこちら

無償化の対象は?

無償化の対象となるのは、大学や短期大学、高等専門学校などの高等教育機関で、国立や私立、医学部も含まれます。
3人以上の子どもがいる世帯は、3人とも無償化の恩恵を受けることができると見られています。
ただし、無償化の限度額は設ける可能性があるということです。

(2023年12月12日追記)
対象となる家庭:扶養する子どもが3人以上いる世帯の子
※第1子と第2子が大学に在籍していれば、2人とも対象。しかし、第1子が卒業後に扶養を外れると、扶養する子どもが2人となるため、第2子と第3子は対象外となる。

授業料支援上限:国公立大学…約54万円、私立大学…約70万円
※大学以外も校種・設置者ごとに設定される


無償化の背景は?

政府は、現在、年収380万円未満の世帯に対して、授業料を減免したり給付型奨学金を支給したりする制度を運用しています。
2024年度からは、年収600万円までの中間層の多子世帯にも対象を拡大することを決めていました。

しかし、教育費の負担が高まる中、さらに強力な支援策が必要だと判断し、2025年から所得制限なしで、大学の授業料を無償化する方針となりました。

まとめ

この措置により、子どもの教育にかかる費用の負担を軽減し、子育て世帯の経済的な安心感を高めることができると期待されています。

総務省によると、大学の費用(入学金や授業料など)は1年間で、国立文系がおよそ84万円、私立理系がおよそ145万円かかるそうです。
この授業料の負担が軽減することで、経済的な理由で進学を諦めていた家庭が減るかもしれません。

子育て支援の関連記事はコチラ

【2023年12月最新】「扶養控除縮小」とは?手取りが増えるって本当?
【東京都】高校授業料の無償化を拡充へ。2024年度から所得制限撤廃の方針

「設備投資」や「資金調達」のお悩みはありませんか?

本コラムをお読みの個人事業主や小規模事業者の皆様!
「設備投資」や「資金調達」にお悩みはありませんか?
あなたのビジネスのその課題、補助金の活用で解決するかもしれません!
たとえば、こんな補助金が活用できる可能性があります。

・IT導入補助金
・ものづくり補助金
・事業再構築補助金
・小規模事業者持続化補助金

あなたのビジネスにぴったりな補助金・助成金は以下のフォームから無料で診断できます!