2ページ 秋田県の補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

対象の補助金・助成金が 201 件見つかりました!

  • 貿易プラットフォーム(以下、「貿易PF」という。)の利用拡大による貿易円滑化と貿易コストの削減を目指し、貿易PF と利用企業の社内システムとの連携構築に係る費用の一部、貿易PF 間の連携構築に係る費用の一部、及び貿易PF を活用した貿易手続のデジタル化実証に係る費用の一部を補助する事業です。 類型2は、国内外の貿易PFサービスを利用し、貿易手続デジタル化・貿易コスト削減の効果を検証する場合に補助します。

    上限金額
    1,500万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 貿易プラットフォーム(以下、「貿易PF」という。)の利用拡大による貿易円滑化と貿易コストの削減を目指し、貿易PF と利用企業の社内システムとの連携構築に係る費用の一部、貿易PF 間の連携構築に係る費用の一部、及び貿易PF を活用した貿易手続のデジタル化実証に係る費用の一部を補助する事業です。 類型1は、国内外の貿易PFと自社のシステムの接続を図る場合に補助します。

    上限金額
    5,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • パシフィックコンサルタンツ株式会社及びパシフィックリプロサービス株式会社では、経済産業省からの補助事業の委託を受けて、『運輸部門エネルギー使用合理化・非化石エネルギー転換推進事業費補助金(トラック輸送省エネ化推進事業及び新技術活用サプライチェーン全体輸送効率化・非化石エネルギー転換推進事業)』の実施を行います。 新技術活用サプライチェーン全体輸送効率化・非化石エネルギー転換推進事業では、サプライチェーン上の複数の事業者が連携して取り組む①高度なデジタル技術を活用したサプライチェーン全体の効率化や、②輸送計画と連携したEVトラックへの充電タイミング等の最適化実現に対する補助支援を行うことにより、2050年カーボンニュートラル及びそれに向けた2030年度における省エネ目標の達成に向けた陸上運輸部門における省エネルギー化や非化石エネルギー転換を推進するとともに、補助事業を好事例として横展開することで、内外の経済的社会的環境に応じた安定的かつ適切なエネルギーの需給構造の構築を図ることを目的としています。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • パシフィックコンサルタンツ株式会社及びパシフィックリプロサービス株式会社では、経済産業省からの補助事業の委託を受けて、『運輸部門エネルギー使用合理化・非化石エネルギー転換推進事業費補助金(トラック輸送省エネ化推進事業及び新技術活用サプライチェーン全体輸送効率化・非化石エネルギー転換推進事業)』の実施を行います。 トラック輸送省エネ化推進事業では、トラック事業者と荷主等とが連携して取り組むことを要件として、①⾞両動態管理システム、予約受付システム等、配⾞計画システム及びAI・IoTによるシステム連系ツールの導⼊、②ダブル連結トラック及びスワップボディコンテナ⾞両の導⼊に要する経費の⼀部を支援することにより、輸送効率化を通じた消費エネルギーの削減効果を実証することを目的とします。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、補助事業者が、次に掲げる事業(以下「補助事業」という。)に要する経費の一部を補助することにより、補助事業者における省エネルギー化等に資する標準化戦略活動やそれらを通じた市場創出等の促進を目的とします。 (1)標準開発フィージビリティ・スタディ(FS)調査補助事業 補助事業者が、自身が関係する製品やサービス等に関して具体的なISO又はIEC等のデジュール規格開発に着手できる前の段階にあって、その規格開発への着手に向けて、関係する国内外の市場調査等の標準化活動に必要な事業 (2)ルール形成を用いた社会課題解決型市場形成促進補助事業 補助事業者が、社会課題の解決と事業の持続可能性を両立させる国際的なルールの形成に向けて実施されるフォーラム標準(ISO又はIEC等の公的な標準化プロセスを経ず、特定の利害関係者から構成された組織において、それらの利害関係者によるコンセンサスに基づき制定される基準をいう。)の構築活動に必要な事業

    上限金額
    2,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、令和4年4月に「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(令和3年法律第60号)及び「プラスチック使用製品設計指針」(令和4年1月19日内閣府、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省告示第1号)が施行されたことを受け、プラスチック製の食品容器包装における環境配慮設計による減量化と代替素材への置き換え等を通じ、食品産業におけるプラスチックに係る資源循環を促進するものです。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、災害時に警察や消防等の緊急車両への優先給油の役割を担う中核SSの機能をより強化するために、中核SSの自家発電設備の入換を補助するものです。

    上限金額
    250万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、地域の燃料供給拠点としての役割を果たす揮発油販売業者等が災害対応能力を強化することによって、石油製品の安定供給体制を確保するため、ベーパー(ガソリン蒸気)回収設備を導入する際の設備購入費用の一部を補助する事業です。

    上限金額
    125万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 「災害時に備えた地域におけるエネルギー供給拠点の整備事業」とは、災害時における石油製品の安定供給体制の確保を目指すために、揮発油販売業者等が行う工事にかかる費用の一部を補助する事業です。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 一般財団法人環境優良車普及機構(LEVO)では、環境省からの令和6年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業)を活用し、中小トラック運送業者について燃費性能の高い低炭素型ディーゼルトラックの導入を支援し、低炭素社会の創出を促進する事業を実施します。

    上限金額
    75万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 宅配便の再配達率が高止まり(12%程度)し、物流事業者の負担が増えており、その改善が必要です。今般、物流負荷の低い選択を消費者に促す仕組みの社会実装を目指し、消費者が荷物の受取方法(コンビニ・営業所受取、置き配など)や日時を自ら「選択」できる仕組みを構築し、物流負荷軽減に協力的な消費者にインセンティブを付与する実証事業(「再配達率削減緊急対策事業」(補助事業))の募集を開始します。 物流負荷軽減アプリ実証事業では、アプリケーションを利用した物流負荷軽減のための実証事業を補助対象とします。

    上限金額
    4,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 宅配便の再配達率が高止まり(12%程度)し、物流事業者の負担が増えており、その改善が必要です。今般、物流負荷の低い選択を消費者に促す仕組みの社会実装を目指し、消費者が荷物の受取方法(コンビニ・営業所受取、置き配など)や日時を自ら「選択」できる仕組みを構築し、物流負荷軽減に協力的な消費者にインセンティブを付与する実証事業(「再配達率削減緊急対策事業」(補助事業))の募集を開始します。 再配達率削減ポイント付与実証事業では、再配達率削減を目的とする消費者へのインセンティブ(ポイント)付与実証事業を補助対象とします。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 宅配便の再配達率が高止まり(12%程度)し、物流事業者の負担が増えており、その改善が必要です。今般、物流負荷の低い選択を消費者に促す仕組みの社会実装を目指し、消費者が荷物の受取方法(コンビニ・営業所受取、置き配など)や日時を自ら「選択」できる仕組みを構築し、物流負荷軽減に協力的な消費者にインセンティブを付与する実証事業(「再配達率削減緊急対策事業」(補助事業))の募集を開始します。 再配達率削減システム改修事業では、再配達率削減を目的としたECサイトや物流事業者のシステム改修及びシステム連携を実施する事業を補助対象とします。

    上限金額
    1.5億円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、地域経済を支える中小企業・小規模事業者等(以下「参画事業者」という。)が、今後複数年にわたり相次いで直面する働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等の制度変更等に対応するため、互いに足らざる経営資源を補いながら共同・協業して商品やサービスを展開していく取組を地域振興等機関(以下「申請者」という。申請者は採択後に「採択者」、交付決定後に「補助事業者」となる。)による支援を受けながら実施することで、地域の雇用や産業を支える参画事業者の中長期的な商品展開力・販売力の向上を図ることを目的とする。 本事業は、地域振興等機関が実施する参画事業者への持続的な支援に要する経費の一部を補助するものであり、地域振興等機関自身の販路開拓や利益の追求に対し補助するものではないことに留意する。

    上限金額
    5,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 一般財団法人日本国際協力システム(以下「JICS」)は、⺠間団体による国際協力活動の一層の発展に寄与する事を目的として、開発途上国への援助活動を行う日本の中小規模NGO・NPOに対し、支援金による助成(JICS NGO 支援)を行っています。 多文化共生とは、「国籍や⺠族などの異なる人々が、互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと」(総務省:文化共生の推進に関する研究会報告書より)であり、総務省「地域における多文化共生推進プラン」では、外国人住⺠の増加・多国籍化、在留資格「特定技能」の創設、多様性・包摂性のある社会実現の動き、デジタル化の進展、気象災害の激甚化といった社会経済情勢の変化に対応する取組を進めています。

    上限金額
    50万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 一般財団法人日本国際協力システム(以下「JICS」)は、⺠間団体による国際協力活動の一層の発展に寄与する事を目的として、開発途上国への援助活動を行う日本の中小規模NGO・NPOに対し、支援金による助成(JICS NGO 支援)を行っています。

    上限金額
    100万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 介護者の病気・各種行事や介護休養等の際に、在宅で療養生活を送る自動車事故により重度後遺障害を負われた方が安心して短期入所を利用することができるよう、平成25年度より国土交通省において、積極的に短期入所の受入れを行う障害者支援施設等を「協力施設」として指定し、短期入所の受入体制の整備・強化に係る経費を補助する制度。

    上限金額
    800万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本補助事業は、在宅で療養生活を送る自動車事故による重度後遺障害者の介護者が、様々な理由により介護が難しくなる場合(いわゆる「介護者なき後」)に備え、障害者支援施設及びグループホームに対し、設備導入や介護人材確保等に係る経費を補助することにより、受入環境の整備を推進することで、自動車事故による重度後遺障害者及びそのご家族が安心して生活を送れるよう環境整備を進めることを目的としています。

    上限金額
    1,500万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この補助事業は、在宅で療養生活を送っている自動車事故による在宅重度後遺障害者の介護を担う方々が病気・ケガ・その他さまざまな理由で介護が難しくなる場合にそなえ、重度訪問介護を行っている事業者に対して補助金を交付することにより、在宅療養の環境の整備をより進めることで自動車事故による在宅重度後遺障害者やその家族の方々が安心して生活を送れるよう環境整備を図ることが目的です。

    上限金額
    300万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 介護者の病気・冠婚葬祭や介護休養等の際に、在宅で療養生活を送る自動車事故により重度後遺障害を負われた方が安心して短期入院を利用することができるよう、平成13年度より、国土交通省において、積極的に短期入院の受入れを行う一般病院を指定し、当該指定を受けた協力病院に対し、短期入院の受入体制の整備・強化に係る経費を補助する事業。

    上限金額
    800万円
    詳細を見る
    専門家に相談する