【期間は?】政府ガソリン補助金2023年9月以降も継続の方針を示す - みんなの補助金コンシェルジュ

【期間は?】政府ガソリン補助金2023年9月以降も継続の方針を示す

政府は、9月末までを予定していた「燃料価格激変緩和補助金」(通称:ガソリン補助金)の延長する意向を示しています。

公開日:

更新日:

CONTENTS

政府は、2023年8月22日9月末までを予定していた「燃料価格激変緩和補助金」(通称:ガソリン補助金)の延長する意向を示しました。
補助金の段階的な縮小から過去最大水準である「185円」に近付きつつある大幅な値上がりが続くガソリン等の激変緩和措置の第1弾とし、緊急に対応する意向です。

ガソリン補助金10月以降も継続!

ロシア・・ウクライナ情勢などの影響による原油価格・物価高騰の支援策として、政府は、ガソリンの平均価格を168円程度に抑えるため、石油元売り会社に「燃料価格激変緩和補助金」(通称:ガソリン補助金)を支給しています。
このガソリン補助金は2023年9月末で終了を目途に、6月から段階的に補助の縮小がされてきました。
それにより、レギュラーガソリンの店頭価格の全国平均は、13週連続の値上がりを記録。すでに多くの消費者や事業者からの苦しい状況にあるという声が多く上がっています。
この状況を受け、政府は”ガソリン補助金”を3度目の延長をする方向で調整に入りました。
参考:「毎日新聞

ガソリン補助金の期間は?

岸田首相は、2023年8月22日に行われた記者会見で、「具体的な金額・期間については2023年8月今月中に検討し取りまとめる予定である」と発言しています。
また、「9月の上旬には国民の皆さんが効果を実感できるよう、与党と連携をし今月内に成案を練る」と発言しています。
【原油価格・物価高騰対策】燃料価格激変緩和補助金とは

物価高騰等に対応する事業再構築補助金

事業再構築補助金は、アフターコロナに加えて、半導体の不足やロシア・ウクライナの情勢による原油価格・物価の高騰など、たび重なる要因で業状の厳しい事業者を支援します。
事業再構築補助金では、「原油価格・物価の高騰」に影響を受け業状が厳しい事業者を支援する「物価高騰対策・回復再生応援枠」が設けられています。
「原油価格・物価の高騰」などの影響を受け、業状が厳しい事業者が対象となります。
補助率は、中小企業等2/3、中堅企業1/2。
事業規模に応じて最大3,000万円が補助されます。
事業再構築補助金の概要は以下のコラムをご覧ください。
【専門家が徹底解説】事業再構築補助金2023・令和5年度版
事業再構築補助金公式サイト

補助金についての問い合わせはこちら!

株式会社リアリゼイションでは、国の補助金「事業再構築補助金」「小規模事業者持続化補助金」「ものづくり補助金」「IT導入補助金」のほか助成金などの申請サポートを行っています!
事業者さまに合わせたカスタマイズサポートで、ささいなご相談から受給後まで、安心してお任せください。
お困りごとはありませんか?

  • どの補助金を選べばいいかわからない
  • 時間がない
  • 事業計画書の作成に自信がない
  • そもそも要件に当てはまるのかわからない

など、「補助金・助成金」についてのお困りごとがある方はお気軽にご相談ください!
お問い合わせは、以下の「補助金・助成金相談窓口」からどうぞ!