【事業再構築補助金】建設業で採択率の高いテーマは?具体事例つきで紹介します! - みんなの補助金コンシェルジュ

【事業再構築補助金】建設業で採択率の高いテーマは?具体事例つきで紹介します!

工務店・リフォーム会社などの建設業者が、新築だけでは事業が厳しい。 中古物件のリノベーションなどの新しい取り組みに事業シフトする場合、「事業再構築補助金」が活用できます! 「事業再構築補助金」を使うと、再構築事業にかかる費用の最大1/2が補助されます。

公開日:

更新日:

CONTENTS

【事業再構築補助金】申請者の約13%が「建設業」!

「事業再構築補助金」の申請者のうち約13%が「建設業」です。
「建設業」は4番目に申請者が多い業種となっています。
応募件数ベース円グラフ:D建設業13.1%

事業再構築補助金 第8回公募の結果について
また、第8回公募「事業再構築補助金」の採択者のうち約13%が「建設業」でした。

採択者数でも4番目に多い業種です。

採択件数ベース円グラフ:D建設業13.0%

事業再構築補助金 第8回公募の結果について
「事業再構築補助金」公式サイト
「事業再構築補助金」第10回公募要領

【事業再構築補助金】+αがある計画書が採択されるポイント!

「事業再構築補助金」で補助金を受給するには、事業再構築に関する事業計画書を提出し、それを専門家が審査をして採択される必要があります。

そのため、他の建設会社と同じような事業計画ではなく、国の補助金を支給するに値する+αがあるものが審査員に評価され、採択されます。

たとえば、モデルハウス設営に関する事業を例にあげます。

「ZEHリノベーション」は、他の建設業も多く申請するテーマなので他社との差別化が図れていません。

「ZEHリノベーション」+「耐震等級3を目指す」、「ZEHリノベーション」+「熱中症予防対策やヒートショック対策などの機能」などの+αを加えると採択されやすくなります。

また、モデルハウスは週末に観覧者が集中しがちですが、平日の稼働率を上げるために、「カフェを併設して地域に開放する」などのオリジナリティを追加するのもよいかもしれません。

採択される事業計画書の書き方については、下記のコラムで解説しているのでご覧ください!
「事業再構築補助金の業種別「医療・福祉業」で採択率の高い新規事業とは?」

【事業再構築補助金】「建設業」におすすめの事業テーマは宿泊・アウトドア事業など

「事業再構築補助金」の事務局は、市場成長が見込まれる「有望度高」または「有望度中」の事業テーマを選ぶこと望ましいとしています。

「有望度」とは、「採択率」と「申請率」で事業テーマを分析したものです。

「有望度高」は、申請率と採択率がともに高い事業テーマで、「有望度中」は申請率が低く、採択率が高い事業テーマです。

■「建設業」の有望度高の事業テーマ

■宿泊・アウトドア事業・地域活性化 アウトドア設備等付加価値を付与した宿泊施設の展開 採択事例:離島でのホテル事業 

 ■産業廃棄物処理・エコリサイクル事業 SDGsに関わる再利用全般での事業展開 採択事例:中間処理場への展開  

■家具のデザイン・制作 家具製造技術を活かしたインテリア生産・オリジナル商品 の製造等への展開 採択事例:コロナ対応特注家具の製造販売
  
■デジタル活用・DX推進 デジタル技術を活用した製造プロセスの合理化、新分野進出 採択事例:IoT体感型モデルハウスを利用したIoT機器設置事業

■「建設業」の有望度中の事業テーマ

■ドローンの活用
ドローンを活用した点検業務の推進、ドローンスクールの運営
採択事例:ドローンを利用して外壁調・屋根調査

■解体事業の展開
空き家解体参入から始まる環境循環型ビジネスモデル構築事業
採択事例:古材再利用による空き家問題解決

■ICT技術の活用
ICT技術の活用による建設や検査プロセスの合理化
採択事例:ICT建機による業務体制の再構築

■木材製品の製造・販売
木材の加工生産体制の拡充、需要が高まっている分野に進出
採択事例:地元の木材を活用した在来型木造建築向け製材事業への展開

■リフォーム事業
中古住宅や空き家のリフォーム・リノベーション事業の展開
採択事例:賃貸マンションの現状回復事業の強みを活かした中古物件リノベーション事業

■DIY事業の展開
DIYキットの製造販売やスクール運営事業の展開
採択事例:DIY家具キットの販売提供

建設業:テーマ別の採択率×テーマ申請率
出典:事業再構築に向けた事業計画書作成ガイドブック
建設業で有望度低(申請率・採択率ともに低い)の事業テーマの一例として、ドライブスルーゴーストキッチンの賃貸・運営事業などの「飲食業への転換」、古民家リノベーション事業への新規参入などの「リノベーション事業」があります。

詳細は「事業再構築に向けた事業計画書作成ガイドブック」のP70・P71をご覧ください。

【事業再構築補助金】賃上げで補助率が最大1/2から2/3に!

「事業再構築補助金」の補助率は「成長枠」、「グリーン枠」ともに1/2ですが、賃上げを行うと補助率が2/3になります!(※中小企業者等の場合)
公募要領で定められている賃上げの条件は「事業終了時点で(1)事業場内最低賃金+45 円、(2)給与支給総額+6%を達成すること」です。
具体的には、「基準年度」から上記の条件で賃上げされていれば、補助率が2/3に引き上げられます。

この「基準年度」とは、報告対象年度の直前の事業年度のことです。

たとえば、以下の3パターンが紹介されています。

申請する建設業者の方は、自社にとって一番有利な年度を「基準年度」として選ぶことができます。
(参考)報告対象年度及び基準年度の考え方(以下のいずれのパターンでも可)
「事業再構築補助金」第10回公募要領

「事業再構築補助金」に申請する建設業者さまにおすすめのコラム

事業再構築補助金の対象経費「建物費」における注意点!「構築物」は対象外?違いは?
【専門家が徹底解説】事業再構築補助金2023・令和5年度版

事業再構築補助金についてのご相談はこちら

「事業再構築補助金」に採択率を上げるには、採択されやすい事業テーマの選択、事業計画書の書き方に気をつけることです。

「この事業テーマでいいのかな?」「事業計画書づくりが難しい」「初めて補助金に申請するので何が正解なのか分からない!」……

などの不安がある方、
プロと二人三脚で「事業再構築補助金」に申請してみませんか?

株式会社リアリゼイションでは補助金対象者の方に万全の体制でバックアップサポートいたします。

中小企業診断士・行政書士が監督を行う認定支援機関の弊社のサポートをぜひともご活用ください!
お問い合わせは、コラム下の「補助金・助成金相談窓口」からどうぞ!