【最大補助額380万円】PCも補助対象になる!「IT導入補助金2023」の「デジタル化基盤導入枠」とは? - みんなの補助金コンシェルジュ

【最大補助額380万円】PCも補助対象になる!「IT導入補助金2023」の「デジタル化基盤導入枠」とは?

最大補助額380万円の「IT導入補助金2023」の「デジタル化基盤導入枠」では、PCなどのハードウェアも補助対象になります。 本コラムでは、「デジタル化基盤導入枠」の気になる補助対象経費や補助額についてご紹介! 複雑な補助額の計算方法も具体的な数字を使ってわかりやすく解説します。

公開日:

更新日:

CONTENTS

「デジタル化基盤導入枠」はインボイス対応に取り組む中小企業をサポートするもの!

「デジタル化基盤導入枠」は、インボイス対応を見据えた企業間取引のデジタル化を推進する目的で作られた枠。
つまり、「インボイス対応に取り組む中小企業を支援する枠」です。
 
インボイス制度が始まると、インボイスナンバーを記載した請求書の発行が必要になるので、それに対応したシステムの導入が必須になります。
そのシステムの導入費用に「IT導入補助金2023」の「デジタル化基盤導入枠」が使えます!
「IT導入補助金2023」公式サイト

「デジタル化基盤導入枠」の主な特長


出典:「IT導入補助金2023」公式サイト

出典:「IT導入補助金2023」公式サイト
「デジタル化基盤導入枠」はPCなどのハードウェアも補助対象になりますが、ハードウェア単体での申請はできません。
クラウド会計+PC、ECサイト制作費+PCなど、ソフトウェアとセットで申請します。

「デジタル化基盤導入枠」には2種類ある!

デジタル化基盤導入枠には、「デジタル化基盤導入類型」「複数社連携IT導入類型」の2種類があります。
2つの主な違いは、「申請に必要な事業者の数」です。
デジタル化基盤類型は、中小企業や小規模事業者が単独で申請しますが、複数社連携IT導入類型は、10者以上が連携して申請をする必要があります。
申請するハードルが低いのは、「デジタル化基盤導入類型」と言えるでしょう。
本コラムでは、「デジタル化基盤導入類型」について解説していきます。
「デジタル化基盤導入枠」(デジタル化基盤導入類型)公募要領

「デジタル化基盤導入類型」の審査方法は審査項目と加点項目の2つ

「デジタル化基盤導入類型」の審査は、以下2つの項目に基づいて審査されます。

出典:「IT導入補助金2023」公式サイト
「デジタル化基盤導入類型」の審査項目には、任意の加点項目というものもあります。
「IT導入補助金2023」の加点項目には8項目で、項目に該当すると加点される仕組みです。
中には満たすのは難しい項目、優しい項目があります。
採択率を上げるためには、できるだけ多くの加点項目を満たしましょう!

「デジタル化基盤導入類型」の補助対象になるITツール

「デジタル化基盤導入類型」の補助対象となるITツールは、次のとおりです。

  • 会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフト
  • クラウド利用料(最大2年分)
  • PC・タブレット、レジ・券売機等のハードウェアの導入費用

詳しくはデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)の公募要領をご確認ください。

「デジタル化基盤導入類型」ソフトウェアとハードウェアで補助額・補助率が違う!

「デジタル化基盤導入類型」では、導入するITツールの種類によって補助上限額、補助率が異なります。
また、ソフトウェアの補助率ですが、対象経費50万円までは3/4と高いですが、それを超えた部分は2/3と低い補助率になります。
■会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトのうち2つ以上の機能を搭載
対象経費50万円以下部分の補助率:3/4以内
対象経費50万円超~350万円部分の補助率:2/3以内
■会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトのうち1つのみの機能を搭載
補助上限額:50万円
補助率:3/4以内

出典:「IT導入補助金2023」公式サイト
■PC・タブレット・プリンター・スキャナー・複合機器
補助上限額:10万円(補助率1/2)
レジ・券売機等補助上限額:20万円(補助率1/2)

【デジタル化基盤導入類型】具体的な補助額の計算方法

ソフトウェア

「デジタル化基盤導入枠」で、ソフトウェア購入の対象経費が50万円を超えている場合、補助金額の計算方法に注意が必要です。
対象経費50万円までは2/3、50万円を超える部分は3/4の補助率が適用されます。
少し複雑ですが、「対象経費の約66万円までは補助率が3/4で、それ以降の費用は補助率が2/3になる」と考えると簡単です。
この点を踏まえて、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトのうち2つ以上の機能を搭載した100万円のソフトを導入する場合、以下のようになります。
(1)50万円までの部分……補助対象経費666,667 円×補助率 3/4 = 500,000円
(2)50万円を超える部分……補助対象経費33,3333円 ×補助率 2/3 = 222,222円
(1)+(2)=722,222円
「デジタル化基盤導入類型」に申請できる金額は、約72万円です。

ハードウェア

50万円のレジを導入する場合は、以下のようになります。
レジ・券売機等の補助上限額は20万円、補助率1/2なので、
50万×1/2=25万円
補助上限額の20万円を超えているので、20万円まで申請できます。
「デジタル化基盤導入類型」に申請できる金額は20万円です。

まとめ

インボイス対応のシステムを導入しようとお考えの事業主様は、ぜひ「IT導入補助金2023」の「デジタル化基盤導入枠」を活用しましょう!
補助率の計算が複雑ですが、「IT導入補助金2023」の公式サイトでは、簡単に補助金の算定ができるツールが掲載されているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。
 
補助金の算定をする

「IT導入補助金2023」に関する人気コラム

IT導入補助金2023のセキュリティ対策推進枠とは
【すぐわかる】IT導入補助金2023の「通常枠」A類型とB類型の違いを解説!
「IT導入補助金2023」の変更点をざっくり解説します!

「IT導入補助金2023」への申請は弊社がサポートいたします!

「初めて「IT導入補助金2023」に申請するので採択されるか不安。」
「忙しくて申請の準備ができない!」
という事業者さまは、弊社にご連絡ください!
補助金のプロである株式会社リアリゼイションが御社の「IT導入補助金2023」の申請をサポートします。
「補助金の要件にあてはまるのか?」など、ささいなご相談も喜んでお受けいたします。
お問い合わせは、コラム下の「補助金・助成金の無料診断」のフォームからどうぞ!