【すぐわかる】IT導入補助金2023の「通常枠」A類型とB類型の違いを解説! - みんなの補助金コンシェルジュ

【すぐわかる】IT導入補助金2023の「通常枠」A類型とB類型の違いを解説!

「IT導入補助金2023」の「通常枠」A類型とB類型の違いをわかりやすく解説します!

公開日:

更新日:

CONTENTS

「IT導入補助金2023」とは?

「IT導入補助金2023」は、中小企業や小規模事業者などが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェアやサービスなど)を導入するための経費の一部を補助する制度です。
この補助金の目的は、会社の生産性向上を図るためにITツールの導入を支援することです。
「IT導入補助金2023」では、インボイスの導入を促進するために補助も行われます。また、PCやタブレット、レジや券売機などの導入費用についても補助が行われます。
「IT導入補助金2023」公式サイト
「通常枠」公募要領
「デジタル化基盤導入枠」(デジタル化基盤導入類型)公募要領

【IT導入補助金2023】申請類型

IT導入補助金2023には下記の申請類型が設けられていて、それぞれ要件や補助内容が異なります。

  • 通常枠(A類型・B類型)
  • セキュリティ対策推進枠
  • デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・商流一括インボイス対応類型・複数社連携IT導入類型)

通常枠とは?「A類型」と「B類型」の違いは?

IT導入補助金2023の「通常枠」は、「A類型」と「B類型」の2つの類型に分かれます。
「通常枠」で補助の対象となるのは、どちらも「ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分)・導入関連費」で、デジタル化基盤導入枠で対象となるPCなどのハードウェアは通常枠では対象となりません。
2つの類型を簡単に説明すると、下記の通りです。

  • 150万円未満の小規模なITツールを導入する場合はA類型
  • 大規模なITツールを導入する場合はB類型

具体的な違いについて、解説します。

A類型B類型
補助額5万~150万円未満150万~450万円以下
補助率1/2
プロセス数1以上4以上
賃上げ目標加点必須

A類型

小規模なITツールを導入する場合に向いている(より安価なITツールも対象となる)
・補助額が150万円未満と、B類型より少額
・要件となるプロセス数(※下で説明)は1つ以上で、B類型よりも少ない
・賃上げ目標が必須ではなく加点(B類型は必須)

B類型

大規模なITツールを導入する場合に向いている
・補助額が150万円~450万円と、A類型より高額
・要件となるプロセス数(※下で説明)は4つ以上で、A類型よりも多い
・賃上げ目標が必須ではなく加点(B類型は必須)

■※プロセス数とは

本事業において補助の対象となるITツールは、大分類Ⅰ「ソフトウェア」、大分類Ⅱ「オプション」、大分類Ⅲ「役務」の3つのいずれかに分類されます。
加えて、各大分類内は下表の通りカテゴライズされています。

その中で「大分類Ⅰ ソフトウェア(カテゴリー1)」は、下表のとおり設定されたプロセス“共 P-01~各業種 P-06“(下図参照)を1種類以上含んでいる必要があります。
 

含まなければならないプロセス数は類型により下記の通り異なります。
A類型:1種類以上
B類型:4種類以上

まとめ

「IT導入補助金2023」の「A類型」「B類型」の違いを解説しました。
安価で小規模なITツールの導入を希望する場合は、「A類型」を選択します。一方、大規模なITツールの導入を希望する場合は、「B類型」となります。
さらに、「デジタル化基盤導入枠」では、インボイス対応のためのITツール導入やPC、タブレット、レジ、販売機などの導入費用も補助の対象となりますので、どの枠が良いか、希望にあった申請枠・類型を選択しましょう。

「IT導入補助金2023」への申請は弊社がサポートいたします!

■初めて「IT導入補助金2023」に申請することに不安を感じている方や、忙しくて申請の準備ができない方へ。
補助金のプロである株式会社リアリゼイションが御社の「IT導入補助金2023」の申請をサポートいたします。
「補助金の要件に当てはまるの?」といったささいなご相談も喜んでお受けします!
お問い合わせは、下記「補助金・助成金の無料診断」フォームからお気軽にお申し込みください!