【電気代値上げ】大手電力会社7社の値上げ幅、および値上げ開始日はいつから? - みんなの補助金コンシェルジュ

【電気代値上げ】大手電力会社7社の値上げ幅、および値上げ開始日はいつから?

大手電力7社は国に電気料金の値上げを申請しています。 早くて今年の4月から値上げが始まる予定でしたが、国は値上げ幅を圧縮し、改めて申請し直すよう各社に指示。 値上げはいつからスタートし、値上げ幅はどのくらいになるのでしょうか? ※記事の内容は2023年3月29日現在のものです。

公開日:

更新日:

大手電力会社値上げ

CONTENTS

電気代の値上げ「4月実施」は先送り

東京電力など大手電力会社7社が国に約28~45%の値上げの申請をしています。

しかし、政府はエネルギー価格の下落などで各社の負担は軽くなっているとして、値上げ幅を縮小して改めて申請し直すよう各社に指示しました。

値上げ申請をしていた7社のうち東北、北陸、中国、四国、沖縄電力の5社は、4月から値上げを開始する予定でした。

電力各社が再計算するには一定の時間がかかることから、この5社が申請している4月の値上げは先送りされる予定です。

電気代の値上げ申請については以下の記事をご覧ください。

【2023年】電気代値上げはいつから?大手7社の値上げ時期をチェック!
参考:NHK
参考:日本経済新聞

値上げ幅はどのくらいになる?

電気代見直し後、値上げ幅はどのくらいになるのでしょうか?

現在、政府が値上げ幅の見直しを電力会社に指示した段階で、見直し後の値上げ幅は未発表です。

以下、各社が申請している電気代の値上げ幅なので、この数字以下に抑えられることになります。

2023年4月から値上げ(※延期予定)

  • 東北電力……約32%
  • 北陸電力……約43%
  • 中国電力……約30%
  • 四国電力……約28%

沖縄電力……約40%
2023年6月から値上げ

  • 東京電力……約29%
  • 北海道電力……約31%

 
現在、「顧客情報を不正に閲覧」や「独占禁止法違反」など電力会社の不祥事が続いています。

こうした事態を踏まえ、河野太郎消費者担当相は今回の電気代の値上げについて、「単に料金の問題にとどまることなく、トータルパッケージで議論し、結論を出さなければならない」と発言。

河野氏の発言か分かるように、電力会社には厳しい対応が迫られていると思われます。

こうした点を踏まえると、値上げ幅の大幅な引き下げもあり得るかもしれません。

電気代の値上げはいつから始まる?

早くて4月のスタートが予定されていた電気代の値上げですが、開始時期は発表されていません。(2023年3月29日現在)

4月に値上げ予定だった東北電力の当初のスケジュールは次のとおりでした。

■2022年11月24日…… 電気代の値上げを経済産業省に申請
■2023年4月1日…… 値上げ開始予定

経産省の認可なども含めて申請から開始までは、およそ5か月程度かかるようです。

この点を踏まえると今回、再計算して4月中に申請した場合、実際の値上げ開始は9月くらいになる可能性もあります。
5月から開始されるとは考えにくいです。

光熱費に関する人気コラムはこちら!

【光熱費高騰】光熱費が高騰して支払いができない場合の国の支援制度は?1月から光熱費補助金も!
【全世帯対象】光熱費補助金!5万円給付は1月末まで!?全世帯への光熱費補助金も開始!値下げ価格や給付の方法は?
【光熱費高騰対策】国が4万5千円補助!あなたの家の光熱費はいくら値引きされる??
【LPガス補助金】LPガス(プロパンガス)料金が安くなる!値引きはいつから?