【物価高騰対策に2兆円越】低所得世帯に3万円・5万円給付金決定! - みんなの補助金コンシェルジュ

【物価高騰対策に2兆円越】低所得世帯に3万円・5万円給付金決定!

政府が、2兆円以上の物価高騰対策予算を確保し、低所得者への支援を決定。

公開日:

更新日:

CONTENTS

3月22日(水)の物価・賃金・生活総合対策本部で、追加の「物価高騰対策」が決定しました。

2022年度予算の予備費から新型コロナウイルス対策と合わせ2兆円超が支出されます。

このうち、自治体が使用方法を決定できる地方創生臨時交付金が1兆2000億円、LPガスなどの負担軽減に7000億円が充てられる予定です。

低所得世帯には、一律3万円を給付するために5000億円が用意されます。

ただし、自治体によっては給付額を減らす代わりに、対象世帯を広げることもできます。

また、低所得の子育て世帯には子ども1人あたり5万円が支給。


「低所得世帯」の対象となるのは?

低所得世帯とは、一般的に「住民税非課税世帯」を指します。

昨年2022年でも低所得世帯向けの給付金が支給されてきましたが、「住民税非課税世帯」もしくは家計が急変し「住民税非課税相当となった世帯」が対象でした。

支給日や支給方法など以下の記事で予測しています。

【低所得世帯給付金】現金3万円の給付はいつから?

補助金コンシェルでは事業者さま向けの「補助金」を始め、生活に役立つ「給付金」などの最新情報を日々更新しています。

ぜひ、補助金コンシェルをご活用ください!

会員登録はこちら!