ChatGPT、開発元がAPIを公開、活用の場が広がる - みんなの補助金コンシェルジュ

ChatGPT、開発元がAPIを公開、活用の場が広がる

人工知能(AI)開発を行っている「米オープンAI」がチャットボット「ChatGPT(チャットGPT)」のAPIを公開しました。

公開日:

更新日:

CONTENTS

チャットGPTは、まるで人間が書いたようなテキストを生成するツールです。
自然言語を理解し生成できることから、コンテンツ制作から対話システムまで、現在幅広い用途で利用されています。
また「API」は、特定の機能を呼び出す機能をまとめたもので、外部の開発者などが利用可能となります。
これにより、ChatGPTを利用したアプリケーション開発が進み、より一層ChatGPTの活躍の場がひろがっていきそうです。
例えば、「チャットボット」をはじめ、「ブログを投稿する」「SNSを投稿する」「メールを打ち返す」などの作業も可能。
今後ChatGPTを使った、より高性能なサービスが登場しそうです。
参照:日本経済新聞社

「ChatGPT」は補助金・助成金に活用可能!?

ChatGPTは「補助金・助成金」に活用可能なのでしょうか。
答えとしては「可能」です。実はChatGPTだけでなく、以前からチャットボットプログラムは「IT導入補助金」で活用されております。
【ベンダー向け】「IT導入補助金2022」を活用してAIチャットボットを販売する方法
それを踏まえると「IT導入補助金」でのツール登録がされる可能性は高く、また「ものづくり補助金」や「事業再構築」といった補助金を使って、ChatGPTの開発をすることは可能です。
詳しくはこちらの記事も確認ください。

補助金の申請代行相談は「リアリゼイション」まで

株式会社リアリゼイションでは、これまで400社以上の補助金申請サポートを行ってきました。
初めて補助金に申請する方も安心です!
申請代行のお申し込みやご相談など、どんなささいなご質問でもOK!
以下のフォームよりご送信ください。

「補助金コンシェル」は戦略的な補助金活用をサポートする補助金活用プラットフォームです。
補助金コンシェルは 「補助金の相談がしたいけど誰にすればいいかわからない…」 「もっと補助金を使って経営をラクにしてあげられるのに…」
そんな補助金の相談をしたい方と、補助金のプロを繋げるマッチングプラットフォームです。
●「補助金コンシェル」でできることは?
・あなたにぴったりの補助金を簡単に検索できる「補助金検索」
・補助金の最新情報・企業事例紹介
・お気に入りの補助金の管理機能
・補助金相談・専門家とのマッチング
ぜひ、この機会に「補助金コンシェル」をご活用ください。