補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

対象の補助金・助成金が 26 件見つかりました!

  • 革新的なIT製品・サービス開発及びそれに伴う研究や実証を支援し、本県の未来を見据えた産業の活性化とビジネス創出を図ることを目的に補助金を交付する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 栃木県内で活動する中小企業者等の皆様が実施する気候変動対策に資する取組や製品開発を支援する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 文化芸術の普及振興に資することを主たる目的とし、愛知県内に活動の本拠を置き、満1年以上継続して活動の実績を有する文化団体が行う文化活動事業に対して助成する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 海外への事業展開を計画している北海道内中小企業者等が、特許・実用新案・意匠・商標(冒認対策商標を含む)を海外へ出願する際に要する費用の一部を助成する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 秋田県内中小企業者の支援機関が行う県内企業の輸出を促進する事業に対し、その経費の一部を補助

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 県内企業の海外取引拡大を後押しすることを目的に、海外展開に積極的な中小企業者等が行う活動に対して、その経費の一部を補助する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 新潟県産品の輸出拡大に取り組む中小企業が海外展開を行う経費の一部を助成する

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 近年、GXやDX、原油・原材料価格の高騰などへの対応といった石川県内企業が抱える経営課題が高度化・複雑化していることを踏まえ、より高いスキルや豊富な知見を有する「高度アドバイザー」の活用に対し助成することで、ニッチトップや海外展開を目指すなど、本県産業を牽引する企業の更なる成長促進および競争力強化を図る

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 民間事業者等が複数の地域企業を束ね、 地方公共団体、金融機関、教育機関、 業界団体、経営支援機関等と連携し、地域の企業群を一体として、 将来の経営戦略実現を担う人材等の確保及び域内でのキャリアステップの構築等を行う「地域の人事部」の 取組を支援することで、地域において当該取組が自立・継続し、地域企業群にとって必要な人材の獲得・育成・定着を促進することを目的とする。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 民間事業者等(以下「補助事業者」という。)が、次に掲げるいずれかの事業を行う際に要する経費の一部を補助することにより、補助事業者における標準化戦略活動やそれらを通じた市場創出等の促進を目的とする。 <標準開発フィージビリティ・スタディ(FS)調査補助事業> 補助事業者が、⾃⾝が関係する製品やサービス等に関して具体的なISO⼜はIEC等のデジュール規格開発に着⼿できる前の段階にあって、その規格開発への着⼿に向けて、関係する国内外の市場調査等の標準化活動に必要な事業 <ルール形成を用いた社会課題解決型市場形成促進補助事業> 補助事業者が、社会課題の解決と事業の持続可能性を両⽴させる国際的なルールの形成に向けて実施されるフォーラム標準(ISO⼜はIEC等の公的な標準化プロセスを経ず、特定の利害関係者から構成された組織において、それらの利害関係者によるコンセンサスに基づき制定される基準をいう。)の構築活動に必要な事業

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • <通常類型> 今なおコロナの影響を受け、コロナで抱えた債務の借り換えを行っている事業者や、事業再生に取り組む事業者の事業再構築を支援。 <最低賃金類型> コロナ禍が終息した今、最低賃金引上げの影響を大きく受ける事業者の事業再構築を支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • <通常類型> ポストコロナに対応した、成長分野への大胆な事業再構築にこれから取り組む事業者や、国内市場縮小等の構造的な課題に直面している業種・業態の事業者が取り組む事業再構築を支援。 <GX進出類型> ポストコロナに対応した、グリーン成長戦略「実行計画」14分野の課題の解決に資する取組をこれから行う事業者の事業再構築を支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • ポストコロナの経済社会において、海外で製造等する製品の国内回帰や地域のサプライチェーンにおいて必要不可欠な製品の生産により、国内サプライチェーンの強靱化及び地域産業の活性化に資する取組を行う中小企業等に対する支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 中小企業等への支援施策を充実させる取組または知的財産支援の先導的な取組に対する経費を補助し、知的財産の保護・活用を促進することを目的としています。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 成長分野進出枠・コロナ回復加速化枠の補助事業を通して、大規模な賃上げに取り組む 事業者に対する上乗せ支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 成長分野進出枠・コロナ回復加速化枠の補助事業を通して、中小企業等から中堅企業等 に成長する事業者に対する上乗せ支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 研究開発・技術開発又は人材育成を行いながら、グリーン成長戦略「実行計画」14 分野の課題の解決に資する取組を行う中小企業等の事業再構築を支援。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 外国人労働者は、日本の労働法制や雇用慣行などに関する知識の不足や言語の違いなどから、労働条件・解雇などに関するトラブルが生じやすい傾向にあります。この助成金は、外国人特有の事情に配慮した就労環境の整備を行い、外国人労働者の職場定着に取り組む事業主に対して、その経費の一部を助成するものです。 ■支給対象経費 計画期間内に、事業主から外部の機関又は専門家等(以下「外部機関等」という)に対して支払いが完了した以下の経費を対象とします。 ①通訳費(外部機関等に委託をするものに限る) ②翻訳機器導入費(事業主が購入した雇用労務責任者と外国人労働者の面談に必要な翻訳機器の導入に限り、10万円を上限とする) ③翻訳料(外部機関等に委託をするものに限り、社内マニュアル・標識類等を多言語で整備するのに要する経費を含む) ④弁護士、社会保険労務士等への委託料(外国人労働者の就労環境整備措置に要する委託料に限り、顧問料等は含まない) ⑤社内標識類の設置・改修費(外部機関等に委託をする多言語の標識類に限る)

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 外国への事業展開等を計画している中小企業に対して、外国出願における中間手続に要する費用の半額を助成します。 ■審査請求補助金 海外で特許の権利化を進めるにあたり、出願後に審査を開始するための「審査請求」が必要な国・地域があります。 特許庁では、外国特許庁へ「審査請求」を予定している中小企業者等に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、外国特許庁での審査請求に要する費用の1/2を助成します。 ■中間応答補助金 海外の特許出願について、出願国での審査の結果、拒絶の理由があると判断されると「拒絶理由通知」が出されます。 権利化のためには、これらの拒絶理由を解消するための応答手続き(中間応答)が必要です。 特許庁では、外国へ特許出願を行った案件で、拒絶理由通知を受領し、今後応答を検討している中小企業等に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、外国出願の中間応答に要する費用の1/2を助成します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 中小企業の海外での適時適切な権利行使を促進するため、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、海外で取得した特許・商標等の侵害を受けている中小企業の方々に対し、模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査及び調査結果に基づく模倣品業者への警告文作成、行政摘発、税関差止申請、模倣品が販売されているウェブページの削除等を実施し、その費用の一部を助成しています。 ■補助対象経費 1.模倣品の製造元や流通経路等を把握するための侵害調査 2.調査結果に基づく模倣品業者に対する警告文作成、行政摘発、取り締り(※なお行政摘発、取り締りについて、特許権・実用新案権・意匠権は中国のみが対象国となります。) 3.調査結果に基づく税関登録、関税差止請求等、模倣品が販売されているウェブサイトの削除申請 4.代理人費用(調査会社等) ※1から3について、国・地域によっては実施できない可能性もございますので事前にジェトロにご相談ください。

    詳細を見る
    専門家に相談する