3ページ 福岡県の補助金・助成金・給付金を探す - みんなの補助金コンシェルジュ

3ページ 福岡県の補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。 様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

137件 見つかりました

健康保持増進計画を作成し、計画に基づき健康保持増進措置を実施した事業場に対して、「健康測定」、「健康指導」及び「研修等」のいずれかの健康保持増進助成対象措置の実施費用を助成します。

詳細をみる

■公募期間 令和5年4月1日 から随時受付 ■助成率 一般枠:対象経費の合計額の15%以内の額(上限額:400万円) 特別枠:対象経費の合計額の25%以内の額(上限額:600万円)

詳細をみる

複数の中小企業等が連携し、連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性向上を図るプロジェクト、新分野、業態転換、革新的な製品・サービス開発、生産プロセス等の改善に取り組むプロジェクトについて、その経費の一部を支援することを通じて、中小企業等の経済構造転換及び生産性向上を実現することを目的とし、令和4年度「ものづくり等高度連携・事業再構築促進事業」で採択を受けた事業者の内、2年間にわたる事業計画を策定し、継続して本プロジェクトに取り組む事業者に対して、補助金を交付し支援するものです。

詳細をみる

地域の共通課題である若者人材の流出防止・流入促進のため、民間事業者等が複数の地域企業を束ね、業界団体、経営支援機関、自治体等とも連携し、地域ぐるみで若者人材に向けた仕事やキャリアステップを作り、求人・採用、人材育成、キャリア支援等を行う総合的な取組を支援します。

詳細をみる

県又は市町村が計画主体となって、地域の課題を解決するため、活性化計画を策定します。この活性化計画の目標を達成するために実施する事業に対し、国から農山漁村振興交付金を交付し、支援します。

詳細をみる

農業現場の課題に対応しつつ、農業支援サービス事業体の新規参入、既存事業者による新たなサービス事業の育成・普及を加速化するため、新規事業の立上げ当初のビジネス確立等を支援します。

詳細をみる

1.加工食品等の輸出拡大に向け、輸出先国等の求める基準・条件等の規制に対応するため、製造・加工、流通等の施設の新設(かかり増し経費)及び改修、機器の整備に係る経費を支援します。  ① 輸出先国等の政府機関が定める、HACCP等の要件に適合する施設の認定取得に必要な施設・設備  ② ISO、FSSC、JFS-C、有機JAS等の認証取得に必要な施設・設備  ③ 検疫や添加物等の規制に対応した製品の製造に必要な施設・設備  2.施設整備と一体的に行い、その効果を高めるために必要なコンサルティング費用等の経費(効果促進事業)を支援します。

詳細をみる

**①EVトラック・バス、HVトラックバス導入支援事業** EVトラック・バスや、一定の燃費性能を満たすHVトラック・バスの購入に対して、標準的な車両との差額分を支援するとともに、セットで充電インフラ整備への補助を行う。 **②天然ガストラック導入支援事業** 将来カーボンニュートラルな燃料への代替が期待される長距離配送用天然ガストラックに対して、標準的な車両との差額分を支援する。 **③EVトラック・バスにおける性能評価実証事業** ユースケース分析結果を踏まえ、EVトラックおよびバスにおける性能評価実証事業を実施、電動車両市場拡大を図る。 補助対象の充電設備:事業者の敷地等に設置された、普通・急速充電設備 補助額:標準的燃費水準車両との差額の2分の1(HV・PHV・NGV)または3分の2(EV)     電気自動車用充電設備の導入費用の2分の1 ■申請受付期間 令和5年6月20日(火)~ 令和6年1月31日(水)

詳細をみる

再就職援助計画などの対象者を離職後3か月以内に期間の定めのない労働者として雇い入れ、継続して雇用することが確実である事業主に対して助成します。

詳細をみる

本補助事業における主なポイントは以下の通りです。 ・補助事業(補助率 2/3)として実施する。 ・間接経費の上限を30%とする。 ・補助事業により取得した財産は補助事業者に帰属する。 ・共同体に必須となる医療機器製造販売業は補助期間中の業許可取得でも可とするが、市場置き換えを狙うクラスⅢ、Ⅳの医療機器を開発する場合は、初年度目の中間評価(令和5年12月頃)までに代表機関が取得すること。市場置き換えを狙うクラスⅡの医療機器を開発する場合は、2年度目の中間評価(令和6年12月頃)までに取得すること。また、提案書にその計画を記載すること。 ・応募時に製品開発ステージにあり、事業終了時には「許認可申請の目処」がついていること。具体的には、治験が必要な製品開発では、事業終了時に少なくとも(国際共同治験を含む)治験届がPMDAに受理されていること。治験が不要な製品開発では、事業終了時に少なくともPMDAと合意した非臨床試験が充足していること。認証品の製品開発では、事業終了時に認証機関と申請内容についての合意ができ、認証の準備が完了していること。 ■公募期間 令和4年12月26日(月) ~ 令和5年1月26日(木) 正午【厳守】 ※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。

詳細をみる

■公募期間 次回未定   ■補助率 ・消費動向等分析・テナントミックス構築事業(ソフト事業):4/5以内(上限額400万円) ・商店街等新機能導入促進事業(ハード事業):2/3以内(上限額4,000万円)

詳細をみる

海外で現地企業から産業財産権侵害の警告を受けたり訴訟等の係争に巻き込まれた中小企業等に対して、訴訟費用等の一部を助成します。

詳細をみる

海外で自社の企業ブランドや地域団体商標を現地企業に冒認出願(※)された中小企業等に対し、異議申立や無効審判請求、取消審判請求等の、冒認商標を取り消すためにかかった費用の一部を助成します。(※)悪意の第三者による抜け駆け出願のこと

詳細をみる

■公募期間 次回未定 ※令和5年の募集は終了 ■補助率 2分の1(上限額:300万円) 案件毎の上限額 ・特許出願:150万円 ・実用新案・意匠・商標出願:それぞれ60万円 ・冒認対策商標出願:30万円

詳細をみる

■公募期間 次回未定 ■補助率 3分の2(上限額:400万円)

詳細をみる

■公募期間 次回未定 ■補助率 原則3分の2以内 ※課税所得15億円以上の中小企業等は2分の1以内 ■補助上限額 <通常枠> ・単年度:4,500万円以下 ・2年間総額:7,500万円以下 ・3年間総額:9,750万円以下 <出資獲得枠> ・単年度:1億円以下 ・3年間総額:3億円以下  ※但し、ファンド等の出資者が出資を予定している金額の2倍を上限とする)

詳細をみる

事業規模の縮小等により離職を余儀なくされる労働者等に対する再就職支援を職業紹介事業者に委託したり、求職活動のための休暇の付与や再就職のための訓練を教育訓練施設等に委託して実施した事業主に、助成金が支給されます。 * 再就職援助計画対象者等に対する再就職のための支援を職業紹介事業者に委託して実施した場合(【 】は45歳以上の者の助成割合) ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/9d255690-fa0c-48d5-8e7e-464685588f6a) ※委託総額から職業訓練実施にかかる委託費用とグループワーク加算の額を差し引いた額 <BR> * 再就職援助計画対象者等に対する再就職のための訓練を教育訓練施設等に委託して実施した場合 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/ae849c9e-3863-4855-8a3b-9e70ae219686) <BR> * 再就職援助計画対象者等に対して求職活動のための休暇を与える場合 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/3b9c4921-d0eb-489a-bffa-817663bbd258) ※対象者が離職後1か月以内に再就職を実現した場合

詳細をみる

高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。 対象労動者別の支給額は次の表のとおり。助成対象期間を6か月ごとに区分した期間を支給対象期(第1期、第2期、第3期、第4期、第5期、第6期)といい、支給対象期に分けて支給します。 ### 特定就職困難者コース ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/04540140-0245-49c4-8804-d2fd6a9ccf43) ( )内は大企業に対する支援額

詳細をみる

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。 ■支給対象期間 ①本助成金は、支給対象者のトライアル雇用に係る雇入れの日から1か月単位で最長3か月間(以下「支給対象期間」という)を対象として助成が行われます。 ②本助成金は、この支給対象期間中の各月の月額の合計額がまとめて1回で支給されます。

詳細をみる

訓練に要した経費と訓練期間中の賃金の一部等を助成します。助成内容は、以下の表のとおりです。 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/3bdd4e9b-268b-4e24-abec-66afdca6c2b0) ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/3a652f15-42e1-49eb-beb6-c2c0a1c601bc) ※1 ()括弧内は中小企業事業主以外 ※2 「建設事業主等に対する助成金」の他のコースについてはP112に記載 ※3 〈〉括弧内は建設キャリアアップシステム技能者情報登録者の場合の支給額

詳細をみる