2ページ 岩手県の補助金・助成金・給付金を探す - みんなの補助金コンシェルジュ

2ページ 岩手県の補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。 様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

137件 見つかりました

東日本大震災で事業用の施設などに被害を受けた複数の中小企業者等から構成されるグループが復興事業計画を作成し、認定を受けた場合に、施設・設備の復旧・ 整備について、中小企業庁が補助するものです。

詳細をみる

■助成額 中小企業:60万円(短時間労働者は40万円) 大企業:50万円(短時間労働者は30万円) また、この助成金の対象労働者を10人以上雇い入れ、1年以上継続して雇用した場合、1事業主につき1回、助成金の上乗せとして60万円(大企業は50万円)の支給を行います。 ※短時間労働者とは、一週間の所定労働時間が、20時間以上30時間未満である方をいいます。雇入れ後、6か月ごとに2回に分けて支給します。

詳細をみる

・被災三県求職者の雇入れ1人当たり120万円(短時間労働者は60万円)を助成。 ・1事業所につき2,000万円(3年)を上限。 ※期間の定めのない雇用等に限る。 ※福島県の被災15市町村の事業所については、1人当たり225万円(短時間労働者は110万円)とする。 ※助成額は3年間の合計とし、1年ごとに支給する。 ※1年ごとの支給額は段階的に減らす仕組みとし、各自治体が独自に設定する。

詳細をみる

この助成金は、中小企業事業主による受動喫煙防止のための施設設備の整備に対し助成することにより、事業場における受動喫煙防止対策を推進することを目的としています。

詳細をみる

### (1)環境整備コース 治療と仕事を両立できる制度(※)の導入等を行った場合、20万円を助成(1企業1回限り) ### (2)制度活用コース 病気を抱える労働者に治療と仕事を両立できる制度(※)の適用等を行った場合、以下のとおり助成。ただし、1企業あたり有期契約労働者1名、雇用期間に定めのない労働者1名の計2名まで。 * 対象労働者が有期契約の場合:20万円 * 対象労働者が雇用期間に定めのない場合:20万円 ※治療と仕事を両立できる制度とは、通院等に配慮した休暇制度、傷病特性に配慮した短時間勤務、身体の負担に配慮した時差出勤制度等を指す。

詳細をみる

詳細をみる

景気の変動等経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整を実施することによって、労働者の雇用の維持を図る場合に休業手当等の一部を助成する制度があります。

詳細をみる

■受給額 ①中小企業事業主の場合は、1回目の支給において下記の支給額の1.5倍が支給されます。 ②中小企業事業主の場合であって、かつ創業と認められる場合は、1回目の支給において下記の支給額の2倍が支給されます。 〇設置・整備費用が300万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:50万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:80万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:150万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:300万円 〇設置・整備費用が1,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:60万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:100万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:200万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:400万円 〇設置・整備費用が3,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:90万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:150万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:300万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:600万円 〇設置・整備費用が5,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:120万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:200万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:400万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:800万円

詳細をみる

■支給額(1人あたり) 〇短期間労働者以外の者 ・中小企業:120万円 ・中小企業以外:50万円 〇短期間労働者 ・中小企業:80万円 ・中小企業以外:30万円

詳細をみる

男性労働者が育児休業を取得しやすい労働環境整備や業務体制整備を行った上で、男性労働者が子の出生後8週間以内に開始する育児休業を取得した場合、男性の育児休業取得率が上昇した場合に助成するものです。

詳細をみる

障害者を継続雇用へ移行することを目的として、原則3か月間(テレワーク勤務を行う者は原則3か月以上6か月以内、精神障害者は原則6か月以上12か月以内)のトライアル雇用を実施した事業主に対して助成します。労働者の適性や能力を見極め、それらを確認した上で継続雇用へ移行することができるため、障害者雇用への不安を解消することができます。

詳細をみる

障害者を労働者として雇い入れるか継続して雇用する事業主が、その障害者が障害を克服し作業を容易に行うことができるよう配慮された施設、または改造等がなされた設備(以下「作業施設等」)の設置・整備を行う場合に、その費用の一部を助成するものです。 この助成金は、作業施設等の設置または整備の方法により次の2種類の助成金があります。 第1種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を建築等や購入により行う場合の助成金 第2種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を賃借により行う場合の助成金

詳細をみる

障害者を労働者として現に雇用する事業主または当該事業主の加入している事業主の団体が、その障害者である労働者の福祉の増進を図るため、保健施設、給食施設等の設置・整備をする場合に、その費用の一部を助成するものです。

詳細をみる

障害者を労働者として雇用する事業主が、その雇用を継続するために、障害の種類または程度に応 じた助成対象となる措置(支給対象障害者が主体的に業務を実施するために必要な介助または適切な 雇用管理等をいいます。)を実施する場合に、その費用の一部を、期間を定め助成するものです。

詳細をみる

■助成率 3/4 ■支給限度額 世帯用 : 月 10 万円 単身者用 :月 6 万円

詳細をみる

高水準の安全性を有する機械等の普及を目的とし、近年の技術の進展に伴い開発されている安全機能を有する車両系建設機械を導入する中小企業等に対し、当該機械等への改修、買い替えにより要する費用の一部に対する補助金を交付します。

詳細をみる

■公募期間 次回未定   ■助成額 10,000円/1人 (上限:100,000円/1事業場あたり)

詳細をみる

■申請期間 申請年度の前年度の4月1日から翌年の3月31日まで * 100人超事業主 ⇒申請年度の4月1日から5月15日までの間 * 100人以下事業主 ⇒申請年度の4月1日から7月31日までの間 ■支給額 100人超の企業:7,000円/人月 100人以下の企業:5,000円/人月 ※支給上限人数 週20時間以上の雇用障害者数(人月)

詳細をみる

■公募期間 次回未定   ■助成率 <雇用創出措置助成分> ・起業者が高年齢者(60歳以上)の場合:3分の2(上限200万円) ・起業者が上記以外の者(40歳~59歳)の者の場合:2分の1(上限150万円) <生産性向上助成分> ・「雇用創出措置助成分」により支給された助成額の1/4の額を別途支給

詳細をみる

特定化学物質障害予防規則(以下「特化則」という。)第36条の3の2第4項等において新たに設けられたフィットテストについて、自ら実施する事業者若しくは事業者等の委託を受けてフィットテストを実施する作業環境測定機関又は特殊健康診断実施機関がフィットテスト測定機器等を購入する場合、機器等の購入に要する費用の一部に対して補助を受けることができます。

詳細をみる