海外展開

あなたが興味を持った「分野」から補助金をご提案いたします。 右下の「詳細」から、「募集時期」や「対象地域」「対象者」等がご覧になれます。

専門家
補助金

「海外展開」分野の補助金が19件見つかりました

■通常枠 新型コロナや物価高、インボイス制度等の事業環境変化への対応に加え、GX・DXなどの成長分野への前向き投資や賃上げ、海外展開を促すため、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者の設備投資、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者等の設備投資等の経費の一部を支援する。 ■回復型賃上げ・雇用拡大枠 業況が厳しいながら賃上げ・雇用拡大に取り組む事業者(※)が行う、革新的 な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設 備・システム投資等を支援する。 ※応募締切時点の前年度の事業年度の課税所得がゼロ以下であり、常時使用する従業員がいる事業者に限る。 ■グリーン枠 温室効果ガスの排出削減に資する取組に応じ、温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービス開発又は炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する。 ■グローバル市場開拓枠 海外事業の拡大・強化等を目的とした「製品・サービス開発」又は「生産プロ セス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援する。(1海外直接投資類型、2海外市場開拓(JAPAN ブランド)類型、3インバウンド市場開拓類型、4海外事業者との共同事業類型のいずれかに合致するもの) ■デジタル枠 DX(デジタルトランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開 発又はデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する。

詳細をみる

■成長枠 成長分野への大胆な事業再構築に取り組む中小企業等を支援。 ■グリーン成長枠 研究開発・技術開発又は人材育成を行いながら、グリーン成長戦略「実行計画」14 分野の課題の解決に資する取組を行う中小企業等の事業再構築を支援。 ■卒業促進枠 成長枠・グリーン成長枠の補助事業を通して、中小企業等から中堅企業等 に成長する事業者に対する上乗せ支援。 ■大規模賃金引上促進枠 成長枠・グリーン成長枠の補助事業を通して、大規模な賃上げに取り組む 事業者に対する上乗せ支援。 ■産業構造転換枠 国内市場縮小等の構造的な課題に直面している業種・業態の中小企業等が取り組む事業再構築を支援。 ■最低賃金枠 最低賃金引上げの影響を受け、その原資の確保が困難な特に業況の厳しい中小企業等の事業再構築を支援。 ■物価高騰対策・回復再生応援枠 業況が厳しい事業者や事業再生に取り組む中小企業等、原油価格・物価高騰等の影響を受ける中小企業等の事業再構築を支援。

詳細をみる

日本に初めて進出し、神奈川県内に法人または支店を設立する外国企業に対して、対象経費の2分の1を上限額の範囲内で補助します。

詳細をみる

神奈川県内に立地する企業を対象に、土地・建物・設備への投資額に一定割合を乗じた金額を上限額の範囲内で補助します。

詳細をみる

神奈川県内に立地する事業者を対象に、テナント賃料の一部を上限額の範囲内で補助します。

詳細をみる

長崎県では、外国人材の受入促進と適正な受入れに向けた動きが求められる中、県内監理団体等が実施する技能実習等の在留資格を持つ方々に対する日本語学習への補助を行い、長崎県における魅力的な実習環境の整備を支援することとしています。

詳細をみる

本事業は、我が国の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材やサービス(中小企業が提供するものを含む)を複数取扱う事業者が、海外のライフスタイルやニーズ等に詳しい外国人専門家と連携して、将来に向けたインバウンド対策や、商材・サービスの磨き上げ、PR・プロモーション、 展示及び販売、商流構築等の取組みを行う事業に係る経費に対して、事務局がその費用負担を軽減するため当該費用の一部を助成する事業です。

詳細をみる

我が国企業の海外展開に必要となる現地拠点強化を支援するため、開発途上国の産業人材育成を官民一体で実施することにより、現地の産業技術水準の向上や経済の発展を図ることを目的とします。

詳細をみる

アジア新興国等の外国人材を対象に、1日本企業が有する省エネ技術の海外移転を通じて本事業対象国の産業分野でのエネルギー利用の効率化・CO2 排出削減を進めるととも に、2カーボンニュートラル実現に必要な先進的技術の普及のためのイベント等を通じ て社会実装に向けた現地人材育成・二国間協力強化などの環境整備に取り組むことによ り、アジア新興国等と共にカーボンニュートラルを実現していくことを目的とします。

詳細をみる

他社に先駆けて、開発途上国における社会課題の解決に繋がる製品・サー ビスの開発等に、開発途上国現地の大学・研究機関・NGO・企業等と共同で取り組む日本 企業を事業リスク軽減の観点から支援します。具体的には、現地ニーズに合致した製品・ サービスの開発等に必要な費用の一部を民間機関等が助成し、開発途上国の社会課題解 決及び日本企業の海外展開を促進します。

詳細をみる

我が国企業の海外での事業展開の増加に伴い、中国をはじめ、海外での知的財産侵害を理由とする係争に我が国企業が巻き込まれるリスクが増加傾向にあります。特に中小企業は、係争の対応に要する多額の費用を用意することができず、事業撤退や会社の存続の危機に追い込まれる等のリスクが懸念される状況にあります。 特許庁では、我が国中小企業が海外において知財係争に巻き込まれた場合に対応するため、海外知財訴訟費用保険の掛け金の一部を補助しております。

詳細をみる

本事業では、農林水産物・食品の輸出拡大を図るため、輸出向けHACCP等の認定・認証の取得による輸出先国の規制等への対応(交付率2分の1)に必要となる施設や機器の整備を支援します。

詳細をみる

沖縄県内におけるコンベンションの開催を促進するため予算の範囲内で支援金を支払うものとし、支払い対象となるコンベンションの登録を行う。 ※登録の可否・支援金の額については審査を行う。

詳細をみる

海外で現地企業から産業財産権侵害の警告を受けたり訴訟等の係争に巻き込まれた中小企業等に対して、訴訟費用等の一部を助成します。

詳細をみる

海外で自社の企業ブランドや地域団体商標を現地企業に冒認出願(※)された中小企業等に対し、異議申立や無効審判請求、取消審判請求等の、冒認商標を取り消すためにかかった費用の一部を助成します。(※)悪意の第三者による抜け駆け出願のこと

詳細をみる

外国への事業展開等を計画している中小企業に対して、産業財産権(※1)の国内出願と同内容の外国出願に要する費用の半額を助成します。 (※1)産業財産権:特許権・実用新案権・意匠権・商標権の総称

詳細をみる

海外で産業財産権(※)の侵害を受けている中小企業等に対して、模倣品に関する現地侵害調査や行政摘発等の費用の一部を助成します。 (※)産業財産権:特許権・実用新案権・意匠権・商標権の総称

詳細をみる

外国への事業展開等を計画している中小企業に対して、外国出願における中間手続に要する費用の半額を助成します ■審査請求補助金 海外で特許の権利化を進めるにあたり、出願後に審査を開始するための「審査請求」が必要な国・地域があります。 特許庁では、外国特許庁へ「審査請求」を予定している中小企業者等に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、外国特許庁での審査請求に要する費用の1/2を助成します。 ■中間応答補助金 海外の特許出願について、出願国での審査の結果、拒絶の理由があると判断されると「拒絶理由通知」が出されます。 権利化のためには、これらの拒絶理由を解消するための応答手続き(中間応答)が必要です。 特許庁では、外国へ特許出願を行った案件で、拒絶理由通知を受領し、今後応答を検討している中小企業等に対し、日本貿易振興機構(ジェトロ)を通じて、外国出願の中間応答に要する費用の1/2を助成します。

詳細をみる

外国人労働者は、日本の労働法制や雇用慣行などに関する知識の不足や言語の違いなどから、労働条件・解雇などに関するトラブルが生じやすい傾向にあります。この助成金は、外国人特有の事情に配慮した就労環境の整備を行い、外国人労働者の職場定着に取り組む事業主に対して、その経費の一部を助成するものです。

詳細をみる