企業再生・事業継承

あなたが興味を持った「分野」から補助金をご提案いたします。 右下の「詳細」から、「募集時期」や「対象地域」「対象者」等がご覧になれます。

専門家
補助金

「企業再生・事業継承」分野の補助金が7件見つかりました

■通常枠 新型コロナや物価高、インボイス制度等の事業環境変化への対応に加え、GX・DXなどの成長分野への前向き投資や賃上げ、海外展開を促すため、生産性向上に取り組む中小企業・小規模事業者の設備投資、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者等の設備投資等の経費の一部を支援する。 ■回復型賃上げ・雇用拡大枠 業況が厳しいながら賃上げ・雇用拡大に取り組む事業者(※)が行う、革新的 な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設 備・システム投資等を支援する。 ※応募締切時点の前年度の事業年度の課税所得がゼロ以下であり、常時使用する従業員がいる事業者に限る。 ■グリーン枠 温室効果ガスの排出削減に資する取組に応じ、温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービス開発又は炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する。 ■グローバル市場開拓枠 海外事業の拡大・強化等を目的とした「製品・サービス開発」又は「生産プロ セス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援する。(1海外直接投資類型、2海外市場開拓(JAPAN ブランド)類型、3インバウンド市場開拓類型、4海外事業者との共同事業類型のいずれかに合致するもの) ■デジタル枠 DX(デジタルトランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開 発又はデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上に必要な設備・システム投資等を支援する。

詳細をみる

県内中小企業等への人材還流を図り、UIJターンを促すために、県内の中小企業等が経営強化につながるような人材(「プロフェッショナル人材(※1)」)を受け入れた場合、受入企業等が負担した経費の一部を助成します。 【※1「プロフェッショナル人材」とは?】新たな商品・サービス開発及びその販路の開拓、個々のサービスの生産性の向上など、具体的な取組をとおして企業の成長戦略を具現化していくような人材をいいます。

詳細をみる

■成長枠 成長分野への大胆な事業再構築に取り組む中小企業等を支援。 ■グリーン成長枠 研究開発・技術開発又は人材育成を行いながら、グリーン成長戦略「実行計画」14 分野の課題の解決に資する取組を行う中小企業等の事業再構築を支援。 ■卒業促進枠 成長枠・グリーン成長枠の補助事業を通して、中小企業等から中堅企業等 に成長する事業者に対する上乗せ支援。 ■大規模賃金引上促進枠 成長枠・グリーン成長枠の補助事業を通して、大規模な賃上げに取り組む 事業者に対する上乗せ支援。 ■産業構造転換枠 国内市場縮小等の構造的な課題に直面している業種・業態の中小企業等が取り組む事業再構築を支援。 ■最低賃金枠 最低賃金引上げの影響を受け、その原資の確保が困難な特に業況の厳しい中小企業等の事業再構築を支援。 ■物価高騰対策・回復再生応援枠 業況が厳しい事業者や事業再生に取り組む中小企業等、原油価格・物価高騰等の影響を受ける中小企業等の事業再構築を支援。

詳細をみる

栃木県へのオフィス移転を促進する

詳細をみる

■経営革新事業 事業再編、事業統合を含む経営者の交代を契機として経営革新等を行う事業者に対して、その取組に要する経費の一部を補助します。 ■専門家活用事業 譲渡側・譲受側双方の始業専門家の活用にかかる費用を補助します。 ■廃業・再チャレンジ事業 M&Aによって事業を譲り渡せなかった中小企業者等の 株主や個人事業主が、地域の新たな需要の創造や雇用の創出にも資する新たなチャレ ンジをするために、既存事業を廃業する場合にかかる経費の一部を補助します。

詳細をみる

外国人労働者は、日本の労働法制や雇用慣行などに関する知識の不足や言語の違いなどから、労働条件・解雇などに関するトラブルが生じやすい傾向にあります。この助成金は、外国人特有の事情に配慮した就労環境の整備を行い、外国人労働者の職場定着に取り組む事業主に対して、その経費の一部を助成するものです。

詳細をみる

■通常枠 小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)が今後複 数年にわたり相次いで直面する制度変更(物価高騰、賃上げ、インボイス制度の導入等)等に対応するため、 小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を 支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とする。 ■賃金引上げ枠 最低賃金の引き上げが行われる中、それに加えて更なる賃上げを行い、従業員に成 長の果実を分配する意欲的な小規模事業者に対し政策支援をするため、補助事業実 施期間に事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30円以上とした事業者に対して支援する。
加えて、賃金引上げ枠に申請する事業者のうち業績が赤字の事業者については、 補助上限引き上げに加えて、補助率が2/3から3/4へ引き上がる(インボイス特例対象事業者は、インボイス特例による上乗せ部分も含む)と共に、加点を希望した場 合は優先採択を実施する。 ■卒業枠 事業規模拡大に意欲的な小規模事業者に対し政策支援をするため、補助事業実施期 間中に常時使用する従業員を増やし、小規模事業者として定義する従業員の枠を超え 事業規模を拡大する事業者に対して支援する。 ■後継者支援枠 将来的に事業承継を行う予定があり、新たな取組を行う後継者候補として、「アトツギ 甲子園」のファイナリスト等になった事業者を対象に政策支援をするため、以下の要件を満たす事業者に対して支援する。 ■創業枠 創業した事業者を重点的に政策支援するため、産業競争力強化法に基づく「認定市 区町村」または「認定市区町村」と連携した「認定連携創業支援等事業者」が実施した 「特定創業支援等事業」による支援を公募締切時から起算して過去3か年の間に受 け、かつ、過去3か年の間に開業した事業者に対して支援する。

詳細をみる