導入事例インタビュー:株式会社Urashima 浦嶋甲二郎様

「やきとり 嶋家 南麻布」および「食鶏 しまや 恵比寿」を経営する株式会社Urashimaの「浦嶋甲二郎」様。 

 兄弟での経営をされており「やきとり 嶋家 南麻布」の店主は浦嶋勇木也氏で、実のお兄様です。 

 実家が三重県ということもあり、地元のブランド「熊野地鶏」を活用した鶏料理の提供をされています。 

 しかし、コロナ禍となり、何か行動をしなければならないと考え、補助金を活用することにしたとのことです。 

 今回申請した内容は、EC販売サイト構築、店舗の改装工事に伴う冷蔵冷凍庫などの設備装置の導入 

 そして、テイクアウトやデリバリー販売に向け、既存・新商品の開発販売を行うため「事業再構築補助金」を申請し、見事採択されました。 

 そんな株式会社Urashimaの「浦嶋甲二郎」さんにお話を伺いました。

現在のお仕事はどのような内容でしょうか?

鶏料理にこだわった飲食店・居酒屋を営業しております。三重県では「熊野地鶏」が有名で、地元三重の食材を使った飲食店を始めたいと思いました。 

麻布のお店(やきとり 嶋家 南麻布)は、兄と一緒に経営しております。実は、実家の父親が三重県で焼鳥屋を経営しており、いつか一緒に店をやろうという話をしており、タイミングも合いそれが実現しました。 

補助金を活用しようと思った理由は何でしょうか? 

コロナ禍となり、当店にも相当ダメージがありました。 

「協力金」なども活用したのですが、なかなか経営していくには厳しい状況でした。 

そこで、ECサイト(オンライン販売)やデリバリー販売に対応していくため、「補助金」を活用しようと思いました。 

しかし「小規模事業者補助金」等、補助金を調べたのですが、補助額が少額で実現したいことが出来ず断念していました。 

色々考え、自分たちの武器やノウハウを因数分解し、ビジネスを再構築していたときに「事業再構築」の補助金を知り、「これだ」と思いチャレンジしようと思いました。 

その際に「リアリゼイション」さんに、たどりつきました。 

今回申請した具体的内容はどのようなものでしょうか?

自力で第6波、7波を乗り切れるように、オンラインで販売するECサイトの構築、及びテイクアウトへの対応を申請しました。 

そのためにも、ECサイトの構築だけでなく、各地への配送・デリバリーを行うための「冷蔵庫」など設備・機械の購入。それらを設置するため、店内の改装なども必要となり、かなり大掛かりな計画となっております。 

ECサイトはもうオープンしましたか?

まだ本格的にはオープンしていません、通販用の冷蔵庫などを置くための、改装工事は終わっております。今後は設備を入れて、準備している段階です。 

だいたい来年(2022年)の1月ぐらいには購入できます。 

今、緊急事態宣言が開けて忙しいのでは?

僕らの感覚より、お客さんのほうが戻っていますね(笑)。当然ながら、深夜までやっているという感覚です正直、僕らの気持ちはまだまだ戻っていないのですが 

なぜリアリゼイションにお願いしようと思いましたか?

最初の問い合わせの電話から非常に親切に対応してもらいました。自分の実現したいことが「事業再構築」にひっかかるのかどうか、非常に丁寧に説明をしてくれました。 

その後申請する際も、専門的な用語も多かったので都度質問したのですが、しっかりお答えいただき、おかげさまで採択されたのだと思います。 

リアリゼイションにお願いしてどうでしたか?

すごく親切・丁寧に説明してくれてよかったと思います。 

申請代行業者の、残念な形式として、雛形を丸投げして、動画を見せられ、あとはやってください、というパターンがあります。 

リアリゼイションさんはそんなことはなく、最後までしっかり丁寧に対応してくれました。 

お願いしてよかったと思います。

最後、今後の事業展開や他補助金活用の予定は?

今回の件を知って、今後もチャレンジしていきたいと思います。色々あるならそれを活用していきたいとおもいますその際にはぜひとも「リアリゼイション」さんに、お願いしたいと思います。 

「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション