補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

対象の補助金・助成金が 160 件見つかりました!

  • 自家消費型再エネ設備等の普及拡大及び再生可能エネルギーの地産地消を推進するため、福島県内の市町村や事業者等が実施する再エネ設備等の導入に向けた調査費用の一部を補助します。

    上限金額
    300万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 福島県では、令和2年8月に環境省と締結した連携協力協定に基づき、自家消費型再エネ設備等の導入に係る設備導入事業に対し、費用の一部を助成します。

    上限金額
    1.0億円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 香川県内の事業者の脱炭素経営の推進のため、省エネルギー効果の高い設備や太陽光発電設備の更新等に対して、要する経費の一部を補助することにより、事業活動で発生する温室効果ガス排出の削減を図ることを目的としています。

    上限金額
    200万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 養父市で次世代自動車(燃料電池自動車及び電気自動車をいう。)を導入する事業者に対し、その経費の一部を補助することで、自動車からの排出ガスの低減による、地域環境及び地球環境の保全を図ることを目的としています。

    上限金額
    100万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 横浜市が指定する脱炭素・子育て・モビリティの分野の市外企業が、横浜市内に初進出する際に、助成金を交付する制度です。

    上限金額
    500万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 富山県内のスタートアップエコシステムの形成促進のため、T-Startupサポーターが実施する起業家支援・連携の取り組みに要する経費の一部を支援します。

    上限金額
    50万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この補助金は、地熱発電の導入を目的として地熱資源開発をしている又は今後地熱資源開発を予定している地点)において実施する、地熱資源開発への理解促進に資する事業に要する経費を補助することにより、地熱資源開発地点における周辺住民等の地熱資源開発に対する理解を促進し、もって地熱資源開発の推進に資することを目的とします。 温泉影響調査等事業の対象事業は、地熱資源開発が進められた後、地熱資源開発地点の周辺温泉において、万が一何らかの理由により温泉の湧出量等が過度に減少した場合における温泉資源の調査や掘削事業です。

    上限金額
    1.0億円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この補助金は、地熱発電の導入を目的として地熱資源開発をしている又は今後地熱資源開発を予定している地点)において実施する、地熱資源開発への理解促進に資する事業に要する経費を補助することにより、地熱資源開発地点における周辺住民等の地熱資源開発に対する理解を促進し、もって地熱資源開発の推進に資することを目的とします。 勉強会等事業の対象事業は次の通りです。 ・地熱資源開発に関する講習会・勉強会等 ・地熱発電関連施設の視察(原則、国内に限る) ・地熱資源開発地点における関係者の協議会の運営等 ・熱水等利活用事業の事前調査・検討

    上限金額
    1,500万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 燃料電池フォークリフトの購入を東京都が支援します。水素エネルギーが活用された水素社会の早期実現に向けて、燃料電池フォークリフトの普及促進を図るため燃料電池フォークリフトの購入費の一部を助成します。

    上限金額
    700万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 埼玉県では、より成長性の高い分野への事業転換を支援するため、国の「グリーン成長戦略」の14の重点分野への進出に係る経営革新計画を行おうとする中小企業等に対して、計画実行に要する経費について、予算の範囲内において補助金を交付いたします。

    上限金額
    500万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 都内における再生可能エネルギーの普及拡大、エネルギー起源 CO2 の排出削減を図るため、都内区市町村、一部事務組合及び広域連合(以下「区市町村等」という。)による地産地消型再生可能エネルギー発電等設備及び再生可能エネルギー熱利用設備の導入拡大を推進すること等を目的として行う

    上限金額
    1.0億円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 昨今、環境意識の高い企業を中心に、サプライヤーに対して排出量の削減を求める傾向が強まる中、今後、中小企業が大企業等との取引を継続又は新たに開始するには、自社及び自社のサプライチェーンを含めた CO2排出量の把握と削減が求められてきています。 そこで、本事業では都内中小企業のうち、比較的規模が大きい企業又は地域の中核である企業が中心となって、サプライチェーンで CO2排出量の見える化や CO2排出削減等に向けた一体的な取組などを支援することで、中小企業の成長を図ることを目的として実施します。

    上限金額
    3,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この事業(補助金)は、産業廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化、再生資源の利活用その他適正な処理(3R等)の推進を目的として、宮城県内の産業廃棄物の3R等に必要な設備機器を導入する事業及び宮城県内の産業廃棄物の3R等に必要な調査、技術又は製品の研究開発並びに製品の販売促進等の事業に対し、その経費の一部を補助するものです。 研究開発等事業の補助対象事業は以下の通りです。 1.産業廃棄物の3R等事業に関する調査・検討 県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する事業の検討 2.産業廃棄物の3R等事業に関する研究・技術開発 県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する技術又は製品・設備等の研究開発、応用、改良を行う事業 3.産業廃棄物の3R等に関する製品の販売促進活動 県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する商品等の販売促進を行う事業

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この事業(補助金)は、産業廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化、再生資源の利活用その他適正な処理(3R等)の推進を目的として、宮城県内の産業廃棄物の3R等に必要な設備機器を導入する事業及び宮城県内の産業廃棄物の3R等に必要な調査、技術又は製品の研究開発並びに製品の販売促進等の事業に対し、その経費の一部を補助するものです。 設備整備事業の補助対象事業は以下の通りです。 1,産業廃棄物の発生抑制のための設備等の整備 導入設備により製造工程等から発生する産業廃棄物(産業廃棄物処理業に係るものを除く。)の量が削減される事業 2.産業廃棄物の再使用のための設備等の整備 導入設備により産業廃棄物や原材料等の再使用が可能となる事業 3.産業廃棄物の再資源化のための設備等の整備 導入設備により産業廃棄物の再資源化が可能となる事業。産業廃棄物由来の再生資源の利活用のための設備等の整備 4,産業廃棄物を再生した資源を利活用するための設備を導入する事業(再生資源を有価買取する場合を含む。) 5.産業廃棄物の排出抑制のための設備等の整備 事業により発生した産業廃棄物を自ら処理するための設備を導入する事業(1から4に係るものを除く。)

    上限金額
    3,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業では、環境分野のスタートアップ企業、及び起業を目指す個人が、環境保全に資する事業実施のために行う研究開発事業を支援することにより、環境スタートアップ企業のロールモデルを創出し、もって環境分野でのビジネスの創出及びイノベーションの促進を図ることを目的とする。 フェーズ2(R&D)支援事業では、環境保全に資する技術シーズの事業化検討に必要な採算性調査、概念実証等を行う事業を対象とする。

    上限金額
    3,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業では、環境分野のスタートアップ企業、及び起業を目指す個人が、環境保全に資する事業実施のために行う研究開発事業を支援することにより、環境スタートアップ企業のロールモデルを創出し、もって環境分野でのビジネスの創出及びイノベーションの促進を図ることを目的とする。 フェーズ1(F/S・PoC)支援事業では、環境保全に資する技術シーズの事業化検討に必要な採算性調査、概念実証等を行う事業を対象とする。

    上限金額
    400万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本助成金は、都民の暮らしを支えるエネルギー供給拠点である都内のガソリンスタンドに対し、経営力強化に役立つ取組を支援することにより、持続的な経営をサポートするとともに、今後のマルチエネルギーステーションへの移行を円滑に進めることを目的としています。

    上限金額
    100万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、補助事業者が、次に掲げる事業(以下「補助事業」という。)に要する経費の一部を補助することにより、補助事業者における省エネルギー化等に資する標準化戦略活動やそれらを通じた市場創出等の促進を目的とします。 (1)標準開発フィージビリティ・スタディ(FS)調査補助事業 補助事業者が、自身が関係する製品やサービス等に関して具体的なISO又はIEC等のデジュール規格開発に着手できる前の段階にあって、その規格開発への着手に向けて、関係する国内外の市場調査等の標準化活動に必要な事業 (2)ルール形成を用いた社会課題解決型市場形成促進補助事業 補助事業者が、社会課題の解決と事業の持続可能性を両立させる国際的なルールの形成に向けて実施されるフォーラム標準(ISO又はIEC等の公的な標準化プロセスを経ず、特定の利害関係者から構成された組織において、それらの利害関係者によるコンセンサスに基づき制定される基準をいう。)の構築活動に必要な事業

    上限金額
    2,000万円
    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業は、令和4年4月に「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(令和3年法律第60号)及び「プラスチック使用製品設計指針」(令和4年1月19日内閣府、財務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省告示第1号)が施行されたことを受け、プラスチック製の食品容器包装における環境配慮設計による減量化と代替素材への置き換え等を通じ、食品産業におけるプラスチックに係る資源循環を促進するものです。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • この事業は、住宅等への県産材の利用を促進するため、木材の生産から加工、建築に関わる企業グループが行う、県産材の良さや利用の意義などの理解を深める現地見学会の開催に対し助成するものです。

    詳細を見る
    専門家に相談する