9ページ 佐賀県の補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

対象の補助金・助成金が 200 件見つかりました!

  • 障害者を労働者として現に雇用する事業主または当該事業主の加入している事業主の団体が、その障害者である労働者の福祉の増進を図るため、保健施設、給食施設等の設置・整備をする場合に、その費用の一部を助成するものです。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 本事業では、農林水産物・食品の輸出拡大を図るため、輸出向けHACCP等の認定・認証の取得による輸出先国の規制等への対応(交付率2分の1)に必要となる施設や機器の整備を支援します。 1.加工食品等の輸出拡大に向け、輸出先国等の求める基準・条件等の規制に対応するため、製造・加工、流通等の施設の新設(かかり増し経費)及び改修、機器の整備に係る経費を支援します。  ① 輸出先国等の政府機関が定める、HACCP等の要件に適合する施設の認定取得に必要な施設・設備  ② ISO、FSSC、JFS-C、有機JAS等の認証取得に必要な施設・設備  ③ 検疫や添加物等の規制に対応した製品の製造に必要な施設・設備  2.施設整備と一体的に行い、その効果を高めるために必要なコンサルティング費用等の経費(効果促進事業)を支援します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 運輸部門CO2排出量の約4割を占めるトラック・バス由来のCO2排出量を削減するため、環境配慮型のトラック・バス(電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、ハイブリッド自動車、天然ガス自動車)の導入に要する経費の一部を補助します。 ①EVトラック・バス、HVトラックバス導入支援事業 EVトラック・バスや、一定の燃費性能を満たすHVトラック・バスの購入に対して、標準的な車両との差額分を支援するとともに、セットで充電インフラ整備への補助を行う。 ②天然ガストラック導入支援事業 将来カーボンニュートラルな燃料への代替が期待される長距離配送用天然ガストラックに対して、標準的な車両との差額分を支援する。 ③EVトラック・バスにおける性能評価実証事業 ユースケース分析結果を踏まえ、EVトラックおよびバスにおける性能評価実証事業を実施、電動車両市場拡大を図る。 補助対象の充電設備:事業者の敷地等に設置された、普通・急速充電設備

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 県又は市町村が計画主体となって、地域の課題を解決するため、活性化計画を策定します。この活性化計画の目標を達成するために実施する事業に対し、国から農山漁村振興交付金を交付し、支援します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 海外で現地企業から産業財産権侵害の警告を受けたり訴訟等の係争に巻き込まれた中小企業等に対して、訴訟費用等の一部を助成します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 外国への事業展開等を計画している中小企業に対して、産業財産権(※1)の国内出願と同内容の外国出願に要する費用の半額を助成します。 (※1)産業財産権:特許権・実用新案権・意匠権・商標権の総称

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。 対象労動者別の支給額は次の表のとおり。助成対象期間を6か月ごとに区分した期間を支給対象期(第1期、第2期、第3期、第4期、第5期、第6期)といい、支給対象期に分けて支給します。 ### 特定就職困難者コース ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/04540140-0245-49c4-8804-d2fd6a9ccf43) ( )内は大企業に対する支援額

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 訓練に要した経費と訓練期間中の賃金の一部等を助成します。助成内容は、以下の表のとおりです。 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/3bdd4e9b-268b-4e24-abec-66afdca6c2b0) ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/3a652f15-42e1-49eb-beb6-c2c0a1c601bc) ※1 ()括弧内は中小企業事業主以外 ※2 「建設事業主等に対する助成金」の他のコースについてはP112に記載 ※3 〈〉括弧内は建設キャリアアップシステム技能者情報登録者の場合の支給額

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 脱炭素機器のリース料低減を通じて、ESG要素を考慮した取組を促進し、サプライチェーン全体での脱炭素化に貢献する中小企業等を支援致します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 県では、AI・IoT・ロボット等の情報関連産業分野において、県内企業による「情報産業連携体」を組成することで、事業拡大や県外需要獲得につながる新技術開発や新サービス創出等を図る取組を支援する制度を令和3年度に新設しました。 本制度に係る「長崎県情報産業連携体組成事業計画」について、令和5年度募集を実施します。 【認定を受けた企業に対する支援】 「長崎県情報産業連携体組成促進補助金」制度により支援します。 ・対象事業:認定された「長崎県情報産業連携体組成事業計画」に基づき実施する事業 ・対象経費:認定された事業に要する経費(労務費、物品費、外注費、その他経費)

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 副業・兼業を行う40歳未満の労働者に対して一般健康診断の実施による健康確保に取り組む事業場に対して、その要した費用を助成します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 中小企業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、特定ものづくり基盤技術及びIoT、AI等の先端技術を活用した高度なサービスに関する研究開発や試作品開発等の取組を支援します。 ■補助対象事業 中小企業者等が、ものづくり基盤技術及びサービスの高度化に向けて、大学・公設試等と連携して行う研究開発等が支援対象となります。具体的には、「中小企業の特定ものづくり基盤技術及びサービスの高度化等に関する指針」(以下、「高度化指針」という。)を踏まえた研究開発等が支援対象になります。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。 ■支給対象期間 ①本助成金は、支給対象者のトライアル雇用に係る雇入れの日から1か月単位で最長3か月間(以下「支給対象期間」という)を対象として助成が行われます。 ②本助成金は、この支給対象期間中の各月の月額の合計額がまとめて1回で支給されます。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 中小企業事業主等が認定職業訓練を行う場合、補助要件を満たせば都道府県からその訓練経費等の一部について補助を受けることができます。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた中小企業事業主等が行う、事業再構築(※)に必要な新たな人材の円滑な受け入れ(労働移動)を支援します。 ※事業再構築補助金(中小企業庁)の採択をうけたもの。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 経済産業省では、令和6年度技術協力活用型・新興国市場開拓事業(制度・事業環境整備事業)を実施する委託先を、以下の要領で広く募集します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 民間団体等が、中小企業・小規模事業者の次世代自動車への対応などを指導する人材(以下、「サプライヤー応援隊」)を育成し、現場へ派遣する事業を行う場合に、必要経費の2分の1を補助します。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 我が国企業の海外展開に必要となる現地拠点強化を支援するため、開発途上国の産業人材育成を官民一体で実施することにより、現地の産業技術水準の向上や経済の発展を図ることを目的とします。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • アジア新興国等の外国人材を対象に、1日本企業が有する省エネ技術の海外移転を通じて本事業対象国の産業分野でのエネルギー利用の効率化・CO2 排出削減を進めるととも に、2カーボンニュートラル実現に必要な先進的技術の普及のためのイベント等を通じ て社会実装に向けた現地人材育成・二国間協力強化などの環境整備に取り組むことによ り、アジア新興国等と共にカーボンニュートラルを実現していくことを目的とします。

    詳細を見る
    専門家に相談する
  • 事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継を契機として新しい取り組み等を行う中小企業等及び、事業再編、事業統合に伴う経営資源の引継ぎを行う中小企業等を支援する制度です。 ■経営革新事業 事業再編、事業統合を含む経営者の交代を契機として経営革新等を行う事業者に対して、その取組に要する経費の一部を補助します。 ■専門家活用事業 譲渡側・譲受側双方の始業専門家の活用にかかる費用を補助します。 ■廃業・再チャレンジ事業 M&Aによって事業を譲り渡せなかった中小企業者等の 株主や個人事業主が、地域の新たな需要の創造や雇用の創出にも資する新たなチャレ ンジをするために、既存事業を廃業する場合にかかる経費の一部を補助します。

    詳細を見る
    専門家に相談する