シニア世代のスマホ購入を支援。自治体ごとの補助金制度を紹介 - みんなの補助金コンシェルジュ

シニア世代のスマホ購入を支援。自治体ごとの補助金制度を紹介

シニアの方々がスマートフォンを購入し、活用しやすくするため、各自治体は補助金制度を提供しています。 対象者や補助額などを確認しましょう。

公開日:

更新日:

シニア世代のスマホ購入補助金

CONTENTS

シニア世代のためのスマホ購入補助金があります

シニアの方々がスマートフォンを利用することは、生活や健康管理に役立つだけでなく、デジタル社会への参加や孤立感の軽減にも繋がります。
しかし、スマートフォンの購入や利用にはコストや技術的な壁があり、シニア層の普及率はまだ低い状況です。
そのため、各自治体ではシニアの方々がスマートフォンを手に入れやすくするための支援策を検討しています。
この記事では、スマートフォン購入を促進するための補助金制度をご紹介します。

茨城県常陸太田市:はじめてのスマホを応援します

スマートフォン(スマホ)を初めて購入する65歳以上の方を対象に、市指定のスマホ講座受講後、購入費用等を助成します。

対象者

下記のすべてに該当する方

  • 市税等を滞納されていない方
  • 常陸太田市に住民票がある昭和34年4月1日以前に生まれた方
  • 市が指定する店舗にて,NFC認証機能を搭載したスマホを購入した方
  • 令和5年4月1日以降に,初めてスマホを購入し,市指定のスマホ講座を受講された方

※令和4年度中に65歳以上で初めてスマホを購入し(指定店舗に限る)、助成金の申請をされていない方も対象です。
※申請は1人1回までです。

助成金額

1人につき3万円
※スマホの購入費用や購入後費用を助成します。

申請受付期間

令和6年3月31日(日)まで  

申請方法

下記の指定店舗でスマホ講座を受講し、講座の最終日にオンラインで申請します。

  • ドコモショップ常陸太田店(馬場町89 電話:0120-766-830)
  • ソフトバンク那珂(那珂市菅谷2233ー2 電話:029-352-1131)
  • ソフトバンク東海(東海村舟石川607ー42 電話:029-270-5161)
  • auショップ那珂(那珂市竹ノ内1-5-14 電話:0800-700-1235)
  • au Style フォレストモール常陸太田(フォレストモール常陸太田内 電話:0800-700-1238)

茨城県常陸太田市の公式ホームページはこちら

山口県光市:スマホ購入支援

満65歳以上となる光市民を対象に、スマホの購入費用を補助します。

対象者

以下の要件をすべて満たす人が対象となります。

  • 光市に住民登録があること
  • 昭和34年4月1日以前の生まれであること
  • 市の指定するスマホ教室を受講していること
  • 市の指定する店舗でスマホの購入・契約を行っていること
  • 令和4年4月1日以降、マイナンバーカード対応スマホを初めて購入していること(マイナンバーカード対応スマホからの買い替えは対象外となります)

補助の対象となるスマートフォンの一覧はこちら
山口県光市の指定する店舗・スマホ教室はこちら

補助対象経費

  • スマホの充電機器
  • 機種変更の手数料
  • スマホ本体の購入費用
  • 音声通話、ネット接続を行うための契約に関する事務手数料

※いずれも1台分の消費税等の税込費用が対象となります。

助成金額

最大1万円

申請受付期間

令和6年3月31日(日)まで

申請時の提出物

  • 申請書
  • マイナンバーカード
  • 通帳などスマホを契約した人の口座情報が分かるもの
  • 契約書またはそれに準ずるもの(契約日、購入店舗、契約に要した費用の内訳が分かるもの)
  • スマホ教室の受講およびマイナンバーカード対応スマホからの買い替えではないことを証明するもの

山口県光市の公式ホームページはこちら

長崎県平戸市:平戸市高齢者スマートフォン購入支援事業

シニア世代の皆さんがデジタル化の流れに乗り遅れることがないよう、スマートフォン(以下、スマホ)の購入を支援し、デジタル格差の解消を図ります。

対象者

以下のすべてに該当している人

  • 市税などの滞納がない人
  • 平戸市内に住所を有する人
  • はじめてスマホを購入する人
  • 昭和34年4月1日以前生まれの人
  • マイナンバーカードを取得または申請中の人

助成金額と内容

2万円分のポイント
※キャッシュレス決済サービス「dポイント」で1人1回のみ進呈

助成条件

対象者のうち、以下の条件を満たす人

  • 令和5年4月1日以降にドコモショップ平戸店で対象のスマホを購入してデータ通信契約をする。
  • 購入後にドコモショップ平戸店でスマホ講座を受講し、平戸市防災アプリを取得または平戸市公式LINEを登録する。

申請受付期間

令和6年3月31日(日)まで
※先着250人に達し次第終了

申請方法

  1. 自分が対象者となるか確認し、ドコモショップ平戸店で対象のスマホを購入。
  2. 購入後にスマホ講座を受講し、平戸市防災アプリを取得または平戸市公式LINEを登録する。
  3. ポイント付与申請書を提出する。(ドコモショップ平戸店で申請)

※ポイントを進呈は申請から約2週間後
長崎県平戸市の公式ホームページはこちら

東京都文京区:文京区シニア世代スマホデビュー応援補助金

スマートフォン(スマホ)を初めて購入する65歳以上の方を対象に補助金を交付します。

対象者

  • 文京区に住所を有する、65歳以上の方(令和5年度に65歳になる方を含みます。) 
  • スマートフォンを初めて所持、購入された方(新規契約でも過去に所持、購入している場合は対象外) 

補助要件

  • スマホ端末を新たに購入した方
  • 指定協力店舗にて、詐欺被害防止対策の説明を受けた方
  • 指定協力店舗で購入された方(令和5年4月1日以降の購入に限る)
  • 「文京区LINE公式アカウント」・「文京区防災アプリ」を原則として登録した方
  • 指定協力店舗にて、スマホの所持等に係る年間費用の説明や、初期設定に関するアドバイスを受けた方

指定協力店

  • auショップ白山
  • auショップ茗荷谷
  • auショップ本郷三丁目


  • ソフトバンク茗荷谷
  • ソフトバンク本郷三丁目


  • ドコモショップ白山店
  • ドコモショップ茗荷谷店
  • ドコモショップ本郷三丁目店


  • ワイモバイル本郷三丁目

補助対象経費

  • 充電器購入費
  • 契約事務手数料
  • データ移行手数料+アカウント設定料
  • スマートフォン本体購入費(NFC認証機能搭載のもの)

助成金額

最大2万円

申請受付期間

令和6年3月29日まで(必要書類必着)
※予算上限に達し次第終了

申請方法

  1. 必要書類を用意
  2. 必要事項を記入
  3. 高齢福祉課の窓口もしくは郵送で申し込み

※必要書類は下記のとおりです

  • スマートフォン購入確認書
  • 申請者名義の通帳又はキャッシュカードの写し
  • 契約書、領収書その他のこれに準ずる書類一式の写し
  • 文京区スマートフォン購入費補助金交付申請書兼請求書(押印必要)

 
東京都文京区の公式ホームページはこちら

東京都江戸川区:スマホ及び携帯電話不所持世帯スマホ購入助成金

デジタルデバイド(情報格差)解消を目的に、要件を全て満たした世帯にスマホ購入費用の一部を助成します。

対象者

以下の要件を全て満たす方

  • スマホ購入時および申請時に江戸川区に住民登録がある方
  • スマホをお持ちでない世帯の方(携帯電話のみ所持の世帯の方は可)
  • 令和5年3月31日時点で満18歳以上の方(平成17年4月1日以前に生まれた方)
  • 購入店舗で実施するスマホ教室を受講し、江戸川区防災アプリをインストールした方
  • 非営利かつ自ら使用する目的で、令和5年12月1日以降に区指定協力店舗でスマホの購入・通信契約を同時に行った方

対象経費

  • 契約事務手数料
  • アカウント設定料
  • データ移行手数料
  • スマホ本体購入費用(NFC認証機能搭載のもの)
  • 充電器購入費(本体に付属されていない場合、本体と同時購入の1台のみ)

助成金額

最大1万円
※1世帯につき1回限り1台分のみ

申請受付期限

令和6年3月31日(日)まで

申請方法


  1. スマホを区指定協力店舗で購入し、通信契約を行う。
  2. 購入店舗でスマホ教室を受講し、江戸川区防災アプリをインストールする。
  3. スマホで助成金の電子申請を行う。(購入店舗が支援します。)
  4. 助成決定後、江戸川区から申請者の指定口座に助成金を振り込みます。(申請後一か月程度)


東京都江戸川区の公式ホームページおよび指定協力店一覧はこちら

福島県川俣町:川俣町高齢者スマホデビュー応援助成金事業(町民向け)

一定の要件に該当する70歳以上の方が、初めてスマホを購入する際の費用を一部助成します。

対象者

次の全てに該当する方

  • 満70歳以上である
  • 町税の滞納が無い
  • 自身が使うために初めてスマホを購入する
  • 自身のマイナンバーカードを取得している
  • 町が指定する事業協力店でスマホを購入する
  • 令和5年6月1日以降に、自身の名義で契約して代金の支払いをする
  • 川俣町の「Ka-LINE(かりん)サービス」(町公式LINE)を友達登録する
  • 川俣町の住民基本台帳に登録されており、申請した日まで継続して3ヶ月以上町内に居住している

対象経費

  • 事務手数料
  • 対象経費に係る消費税
  • スマホ本体用の充電器
  • 使える状態にするために必要なデータ移行やアカウント設定等の手数料
  • マイナンバーカードを本体で読み取る機能を有しており、かつ、インターネットが利用できる状態になっているスマホ本体の購入費

助成金額

最大1万円​

申請受付期間

令和6年3月31日(日)まで​

申請方法

  1. 事業協力店に備えてあるQRコードから川俣町の助成金申請サイトに入る
  2. 必要事項を入力
  3. 助成金の申請情報として送信
  4. 審査後に「Ka-LINE(かりん)サービス」を通じて交付に関するお知らせを受け取る
  5. 指定された口座に助成金が入金される

福島県川俣町の公式ホームページおよび事業協力店一覧はこちら

埼玉県秩父市:シニア世代スマホ購入応援補助金

スマートフォン(スマホ)を購入するシニア世代の方を対象に「シニア世代スマホ購入応援補助金」を交付します。

対象者

  • 次の要件をすべて満たす方
  • 本市に住民登録のある方
  • 令和6年3月31日までに60歳以上となる方
  • 市税等の滞納がない方(本人および同一世帯の方)
  • 非営利かつ自ら使用するために、マイナンバーカードの読み取り機能(NFC認証機能搭載)があるスマホを購入した方
  • 購入したスマホに、秩父市公式LINEアカウントへの登録(友だち追加)と「ちちぶ安心・安全メール」の配信登録をしている方

「シニア世代スマホ購入応援補助金」フローチャートはこちら

補助対象となるスマホ

令和5年4月1日から令和6年3月29日までの間に、市内の販売店舗において購入したスマホ(NFC認証機能搭載)

助成金額

最大3万円​

申請受付期間

令和6年3月29日(金)まで​
※予算の上限に達し次第、終了

申請方法

必要書類を用意し、改革推進課または吉田・大滝・荒川総合支所市民福祉課へ申請
令和5年度秩父市シニア世代スマホ購入応援補助金交付申請書兼請求書
埼玉県秩父市の公式ホームページはこちら

👉あなたにおすすめのコラム

【東京都】私立高校授業料無償化を3分で読む!
【2023年11月最新】子育て世帯に給付金支給!+7万円給付金で10万超も
マイナ保険証で医療費が安くなるって本当?開始はいつから?

🏠快適な住まい応援特集

新築購入に補助が出る!最大限に活用するコツは?
窓リノベで寒さ対策!工事費に補助金が出ます!
えっ!給湯器の買換え費用に補助金が使えるの!?

個人事業主の方注目!その費用、補助金が使えます!

本コラムをお読みの個人事業主の皆様!
あなたの事業のその課題、補助金を使えばコストダウンしながら解決できる可能性があります!
たとえば、設備投資や宣伝広告費にも国の補助金が使える場合があります。

個人事業主も使える国の補助金の一例

■IT導入補助金
・業務効率化のために会計ソフトを導入したい
・ソフトと一緒にPCやタブレットを購入したい
■ものづくり補助金
・新商品や新サービスを開発したい
■事業再構築補助金
・他業種に転換したい
・新規事業にチャレンジしたい
■小規模事業者持続化補助金
・新市場へ参入を目指すために販売戦略を立てたい
・新たな顧客層を獲得するために商品の改良・開発を行いたい


「自社はどんな補助金が使える?」
「設備投資に使える補助金が知りたい!」……等
少しでも気になることがあれば弊社にご相談ください!
ささいな疑問・ご相談でも無料でお受けします。
👉補助金で課題解決したい個人事業主様はこちら!

あなたの使える補助金を10秒でチェック!

事業の課題解決も新たな挑戦も、補助金を使えば断然お得!
どんな補助金が使えるか気になりませんか?
そんな方のためにリアリゼイションがあなたに最適な補助金が分かる「補助金診断」ツールをご用意しました!
5つの質問に回答するだけで使える補助金が分かります!
👇今すぐこちらをクリック👇