ものづくり補助金

【節約術2022年版】補助金プロが直伝!法人が今すぐ使うべき節約術5選 !経費削減や節税・補助金の活用?

企業が事業を行っていくうえで、「経費削減」や「節約」はとても重要なことであり、頭を悩ませる問題でもあります。

今回は、「法人向けの良い節約術はないものか……」とお悩みの事業主の方に、2022年だからこそできる「いますぐ使うべき節約術」を5つご紹介します。

【10次】ものづくり補助金の採択率は?

2022年7月15日(金)にものづくり補助金の第10回公募の採択発表が行われました。
今回発表があった10次締切回は、令和4年度の初回の公募となり、9次締切回より大幅に要件や支援内容の見直しが行われています。
改新されたものづくり補助金10次締切回の採択結果はどのようになっているのか、くわしい結果や採択率、過去の採択結果についても解説します!

【補助金2022】個人事業主の歯科医院が使える補助金は?

今回の記事では、個人事業主の歯科医院が活用できる補助金を3つご紹介します。
たとえば、「事業復活支援金」。
コロナ禍で売上が落ち込んだ歯科医院が利用できます。
歯科医院でも医療法人のみが使えるもの、または個人事業主のみが使えるものがあるので申請の際はご注意ください。

【2022年公募ものづくり補助金】運送業も補助対象!補助対象になるツールは?

「ものづくり補助金」というと「製造業向けの補助金」と思われがちですが、実は幅広い業種の方が申請できます。
港湾運送や道路貨物運送等の運送業も「ものづくり補助金」の対象です。
今回のコラムでは「ものづくり補助金」の概要と運送業の活用事例をご紹介します。

2022年公募「ものづくり補助金」歯科医院も補助対象になる?

設備投資等の費用が補助される「ものづくり補助金」。
実は歯科医院も補助対象になります。
クリックにマイクロスコープやインプラントシステム等の導入をご検討中の方は「ものづくり補助金」を活用してみませんか?
「ものづくり補助金」11次締切の申請が2022年5月26日(木)からいよいよ始まります!

【11次申請間近!】どうなる?2022年のものづくり補助金の概要を解説

10次締切以降は、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」を目的とし、コロナ禍によりデジタル化が急速に進んでいる社会の変化の兆しに対応するための枠や、業状が厳しい事業者に対応するための枠など、新たな枠が複数創設されています。

さらに、補助対象事業者の見直し、拡充や通常枠での補助上限額の見直しなどが行われます。

今回は、2022年のものづくり補助金はどのような内容で公募が行われているのか、見直しや拡充が行われた点、新設される申請類型など概要を解説していきます。

【ものづくり補助金2022】ネットショップ(ECサイト)制作も対象!11次公募開始で変更点は?

ものづくり補助金は、『ネットショップの制作(ECサイト制作)』も対象となります。
ものづくり補助金の10次締切の申請受付が2022年5月12日に終了しました。(予定より1日延長)そして、同日に11次締切の公募が開始されました。
11次締切の申請開始は2022年5月26日の予定となっています。
今回は、11次公募で公開された公募要領を見ながらくわしい申請内容をご紹介しながら、
よく耳にする疑問の1つ「ものづくり補助金では、ネットショップの構築(ECサイト制作)も対象となるの?」について実際にネットショップなどのECサイトの構築で申請し、実際に採択された事業計画をご紹介していきたいと思います。

【2022年版】 オンラインショップ・ネットショップ(ECサイト)構築に使える補助金まとめ!採択事例もご紹介

オンラインショップやネットショップなどのECサイトの構築を考えているときに、補助金を活用して、少しでも費用の負担を軽減したいとお考えではないでしょうか。
今回は、そんな方のために、オンラインショップ(ECサイト)構築が経費の対象となる4つの補助金をご紹介いたします!

【2022年】ものづくり補助金の採択率は高い?低い?1次から9次までの採択結果をまとめました

ものづくり補助金は、最大  万円の補助額がもらえる補助金ですが、補助額が高額なだけに、倍率が高いんでしょ?と思われている方もいらっしゃると思います。
これまで、ものづくり補助金は9次までの採択結果が発表済みですが、採択率はいったいどのくらいなのでしょう。

今回はものづくり補助金の過去すべての採択結果と採択率をまとめていきます。