最新記事

【第3回公募結果発表!】事業再構築補助金の採択率は?

事業再構築補助金の第4回公募開始が近くなってきましたね!

事業再構築補助金の第4回公募は、公式サイトによると、10月中にと発表されいています。

現在10月も下旬に差し掛かり、いよいよ開始されるのではないかということで、「事業再構築補助金の採択率はどのくらいなの?」という疑問に改めてお答えしていきます!

【どうなる?】財源の確保が課題とされる雇用調整助成金の『特例措置』とは

「雇用調整助成金」は、国が雇用の維持を図るために事業主に支給する助成金です。雇用調整助成金のコロナによる「特例措置」は現在の段階で、令和4年3月まで延長となっており、不足している財源の確保が課題となっているのとことです。
今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者や労働者のための雇用調整助成金の「特例措置」について解説していきます。

【事業再構築補助金】概算払いとは

補助金は原則、後払いとなっていますが、一部『概算払い』が認められる補助金もあります。
事業再構築補助金も、これに当てはまります。概算払いとはなんなのか、事業再構築補助金で、概算払いを受けるにはどうすればいいのか?解説しています!

そもそも助成金ってなに?

「助成金、助成金ってよく耳にするけど、そもそも助成金ってなんのことを言っているの?」という疑問をお持ちの方、
新型コロナウイルスの影響もあり、特に昨年ごろから、助成金や補助金という言葉を聞くことが増えましたね。
助成金は、簡単にいうと国や地方自治体から事業者を支援する目的で交付されるお金のことです。
助成金は大きく2つにわけて、厚生労働省が出している雇用関係の助成金と、経済産業省が出している研究開発関係の助成金などがありますが、今回は雇用関係の助成金についてわかりやすく解説していきます。

そもそも補助金ってなに?

補助金と助成金、名称がわかれていますが、補助金も助成金も、なんとなく同じようなものだと思っている人は少なくないのでは?
補助金も助成金も国や地方公共団体から企業を支援する目的で、返済不要で支給されるものだという点では同じです。
ですが、補助金と助成金は別物で取り扱っている団体や、特徴など、それぞれで違う点も多々あります。
今回は補助金と助成金の違いや、それぞれと比較した特徴などわかりやすく解説していきます。

【第4回公募開始!】事業再構築補助金の第4回公募要領の変更点は?

10月28日に、第4回公募が開始され、公募要領も新たに公開されました。
(申請受付は11月中に開始予定とのこと)
第4回公募では、前回よりも大きな変更点が少ない印象です。
その中で、今回注目した点は以下の3つ。
公募要領の変更点や追加された項目について解説します。

【2021年版】労働移動支援助成金 再就職支援コースとは

経済状況等により業績不振に陥り事業規模を縮小せざるを得ない場合があります。
「労働移動支援助成金 再就職支援コース」は、このようなときに離職を余儀なくされる労働者の早期再就職を支援する目的で作られた制度です。
企業は離職する労働者の再就職先を見つけるために有効な支援を行うことで助成を受けられます。

65歳超雇用推進助成金 65歳超継続雇用促進コースとは?

今や定年を過ぎて働き続ける高年齢者は珍しくありません。
2021年4月より70歳までの就業機会の確保に努めなければならず、今後働く高年齢者の数はますます増加すると予想されます。
事業主は高年齢者が働きやすい職場づくりに注力していかなければなりません。
「65歳超雇用推進助成金 65歳超継続雇用促進コース」は、65歳以上の労働者が安定して働き続けられるように作られた制度です。