最新記事

【事業再構築補助金】上乗せ補助可能な都道府県別一覧まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業、小規模事業者、個人事業主などが、変化する経済社会に対応できるように創設された事業再構築補助金。

中小企業などの事業再構築の取組みに対して最大1.5億円もの補助が行われます。

事業再構築補助金は補助金の中でも補助額が高額で、創設時から大きく話題となっていました。

そんな補助額が高額な事業再構築補助金に、事業者の自己負担額をおさえるための上乗せ補助を行っている都道府県があります。

今回は、全国の都道府県が行っている「事業再構築補助金の上乗せ制度」についてご紹介していきたいと思います。

【入門編】Twitterのフォロワーを増やすためには?SNSマーケティングで活用できる補助金をご紹介!

若者を筆頭に多くの人に影響を与えているSNS。
SNSは、プライベートや趣味だけではなくビジネスの場でも役立っています。
そんなSNSの中の1つであるTwitter。
ビジネスやお店のお客様を増やすためにもTwitterを始めたい方、または始めたけれど、なかなかフォロワー数が増えず、手ごたえを感じていないという方。
今回は、Twitterのフォロワーを増やすための「これだけはおさえておきたい!」コツと、SNSマーケティングで活用できる補助金をご紹介していきたいと思います。

【補助金2022】個人事業主の歯科医院が使える補助金は?

今回の記事では、個人事業主の歯科医院が活用できる補助金を3つご紹介します。
たとえば、「事業復活支援金」。
コロナ禍で売上が落ち込んだ歯科医院が利用できます。
歯科医院でも医療法人のみが使えるもの、または個人事業主のみが使えるものがあるので申請の際はご注意ください。

【事業再構築補助金2022】採択後の流れは?必要な書類は?

事業再構築補助金の第5回公募の採択結果は2022年6月上旬から6月中旬に発表される予定となっています。
採択後は、いよいよ補助事業を開始し、補助金を受け取ることができます。
しかし、実は採択後に、補助金の受け取りをするまで、たくさんの手続きがあり、複数の書類を提出する必要があります。
これらに不備や、スケジュールどおりに進めていない場合、補助金の受け取りができなくなる可能性があります。
採択後に必要な手続きや、提出書類などは、しっかりと確認しておきましょう。

【2022年公募ものづくり補助金】運送業も補助対象!補助対象になるツールは?

「ものづくり補助金」というと「製造業向けの補助金」と思われがちですが、実は幅広い業種の方が申請できます。
港湾運送や道路貨物運送等の運送業も「ものづくり補助金」の対象です。
今回のコラムでは「ものづくり補助金」の概要と運送業の活用事例をご紹介します。

2022年公募「ものづくり補助金」歯科医院も補助対象になる?

設備投資等の費用が補助される「ものづくり補助金」。
実は歯科医院も補助対象になります。
クリックにマイクロスコープやインプラントシステム等の導入をご検討中の方は「ものづくり補助金」を活用してみませんか?
「ものづくり補助金」11次締切の申請が2022年5月26日(木)からいよいよ始まります!

【11次申請間近!】どうなる?2022年のものづくり補助金の概要を解説

10次締切以降は、「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」を目的とし、コロナ禍によりデジタル化が急速に進んでいる社会の変化の兆しに対応するための枠や、業状が厳しい事業者に対応するための枠など、新たな枠が複数創設されています。

さらに、補助対象事業者の見直し、拡充や通常枠での補助上限額の見直しなどが行われます。

今回は、2022年のものづくり補助金はどのような内容で公募が行われているのか、見直しや拡充が行われた点、新設される申請類型など概要を解説していきます。

【ものづくり補助金2022】ネットショップ(ECサイト)制作も対象!11次公募開始で変更点は?

ものづくり補助金は、『ネットショップの制作(ECサイト制作)』も対象となります。
ものづくり補助金の10次締切の申請受付が2022年5月12日に終了しました。(予定より1日延長)そして、同日に11次締切の公募が開始されました。
11次締切の申請開始は2022年5月26日の予定となっています。
今回は、11次公募で公開された公募要領を見ながらくわしい申請内容をご紹介しながら、
よく耳にする疑問の1つ「ものづくり補助金では、ネットショップの構築(ECサイト制作)も対象となるの?」について実際にネットショップなどのECサイトの構築で申請し、実際に採択された事業計画をご紹介していきたいと思います。