助成金

【事業復活支援金】申請の必要書類は?

「事業復活支援金」は、新型コロナの影響で売上が減少した中堅・中小・小規模事業者と個人事業者を対象とした制度です。
2021年2月に申請が終了した「持続化給付金」の後継として設けられました。
本コラムでは、申請の際に必要な書類を紹介しています。

【令和3年度の補正予算案発表】「ものづくり補助金」のスケジュールは?

経済産業省より発表された令和3年補正予算案は、計3兆8,594億円。
「ものづくり補助金」を含む生産性革命補助金に対する予算案は2,001億円です。
グリーン・デジタルなど成長投資の加速化に対応する特別枠(「中小企業グリーン・デジタル投資加速化パッケージ」)や賃上げ等の事業環境変化に対応するための特別枠を設け、補助率や上限額の引上げがなされます。

【2021年版】人材確保等支援助成金 テレワークコースとは

コロナ禍を期にテレワークはすっかり身近なものになりました。
政府が2021年11月19日に改定した新型コロナに関する基本的対処方針では、「テレワークの推進は引き続き求める」としています。
感染症対策としてはもちろん、場所を問わずに働くことができるテレワークは、多様な働き方のひとつとして定着しつつあります。
テレワークの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか?
今回は、良質なテレワークを新規導入・実施により、労働者の人材確保や雇用管理改善等の観点から効果をあげた事業主に助成金を支給する「人材確保等支援助成金 テレワークコース」をご紹介します!

【2021年版】65歳超雇用推進助成金 高年齢者評価制度等雇用管理改善コースとは

令和3年4月1日より、70歳までの就業機会の確保が努力義務となりました。
また、政府は定年を70歳まで引き上げるだけでなく、高年齢者の再就職の実現や起業支援も促しています。
このような高年齢者の働き方の変化に対して、企業にも柔軟な対応が求められます。
今回ご紹介する「65歳超雇用推進助成金 高年齢者評価制度等雇用管理改善コース」は、高年齢者の雇用促進を後押しする制度です。

【2021年版】人材確保等支援助成金  雇用管理制度助成コースとは

労働者の離職率を下げることは、企業にとって大きな課題ですよね。
働きやすい環境の整備は、その有効な手段のひとつと言えます。
たとえば、充実した研修制度やがん検診の導入等が挙げられます。
「人材確保等支援助成金  雇用管理制度助成コース」は、このような雇用管理改善を積極的に行い離職率の低下に取り組んだ事業主対して助成金が支給される制度です。

【2021年版】トライアル雇用助成金 一般トライアルコースとは

「求職者の能力や適性を見極めた上で常用雇用を考えたい」と、お考えの事業主のみなさまも多いでしょう。
「トライアル雇用助成金 一般トライアルコース」は、「お試し期間」を経て常用雇用へと移行できる制度です。
本制度を活用すれば、事業主と求職者の双方のミスマッチを防ぐことができるので、社員定着率の向上が期待できます。

新型コロナウイルスの影響により休業した場合、特例的にトライアル雇用期間を変更できるようになりました。
詳しくはトライアル雇用期間の特例に関するリーフレットをご覧ください。
なお、本コラムは「トライアル雇用助成金 一般トライアルコース」の概要を書いています。

【どうなる?】財源の確保が課題とされる雇用調整助成金の『特例措置』とは

「雇用調整助成金」は、国が雇用の維持を図るために事業主に支給する助成金です。雇用調整助成金のコロナによる「特例措置」は現在の段階で、令和4年3月まで延長となっており、不足している財源の確保が課題となっているのとことです。
今回は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者や労働者のための雇用調整助成金の「特例措置」について解説していきます。