助成金

【節約術2022年版】補助金プロが直伝!法人が今すぐ使うべき節約術5選 !経費削減や節税・補助金の活用?

企業が事業を行っていくうえで、「経費削減」や「節約」はとても重要なことであり、頭を悩ませる問題でもあります。

今回は、「法人向けの良い節約術はないものか……」とお悩みの事業主の方に、2022年だからこそできる「いますぐ使うべき節約術」を5つご紹介します。

【節約術2022年版】補助金プロが直伝!個人事業主が今すぐ使うべき節約術4選

個人事業主が事業を行っていくうえで、「経費削減」や「節約」はとても重要なことであり、頭を悩ませる問題でもあります。

今回は、「個人事業主向けの良い節約術はないものか……」とお悩みの個人事業主の方に、2022年だからこそできる「個人事業主がいますぐ使うべき節約術」を4つご紹介します。

【補助金2022】個人事業主の歯科医院が使える補助金は?

今回の記事では、個人事業主の歯科医院が活用できる補助金を3つご紹介します。
たとえば、「事業復活支援金」。
コロナ禍で売上が落ち込んだ歯科医院が利用できます。
歯科医院でも医療法人のみが使えるもの、または個人事業主のみが使えるものがあるので申請の際はご注意ください。

【事業再構築補助金2022】採択後の流れは?必要な書類は?

事業再構築補助金の第5回公募の採択結果は2022年6月上旬から6月中旬に発表される予定となっています。
採択後は、いよいよ補助事業を開始し、補助金を受け取ることができます。
しかし、実は採択後に、補助金の受け取りをするまで、たくさんの手続きがあり、複数の書類を提出する必要があります。
これらに不備や、スケジュールどおりに進めていない場合、補助金の受け取りができなくなる可能性があります。
採択後に必要な手続きや、提出書類などは、しっかりと確認しておきましょう。

【2022年公募ものづくり補助金】運送業も補助対象!補助対象になるツールは?

「ものづくり補助金」というと「製造業向けの補助金」と思われがちですが、実は幅広い業種の方が申請できます。
港湾運送や道路貨物運送等の運送業も「ものづくり補助金」の対象です。
今回のコラムでは「ものづくり補助金」の概要と運送業の活用事例をご紹介します。

2022年公募「ものづくり補助金」歯科医院も補助対象になる?

設備投資等の費用が補助される「ものづくり補助金」。
実は歯科医院も補助対象になります。
クリックにマイクロスコープやインプラントシステム等の導入をご検討中の方は「ものづくり補助金」を活用してみませんか?
「ものづくり補助金」11次締切の申請が2022年5月26日(木)からいよいよ始まります!

【IT導入補助金2022】キャッシュレス対応レジ販売ベンダー要注目!キャッシュレス対応レジが補助金対象に

非接触が求められる昨今、キャッシュレス対応レジの導入を検討する店が増えています。
費用の点で導入をためらっている飲食店等も多いでしょう。
キャッシュレス対応レジ導入費用に補助金が出る「IT導入補助金2022」が今注目されています。
これはキャッシュレス対応レジ販売業者さまにとっても自社商品を販売するチャンスです!
本コラムでは売上を伸ばすための「IT導入補助金2022」の活用方法をご紹介します。

【IT導入補助金2022】不動産ツール販売業者がツール登録する方法は?

不動産ツール導入費用の半分が補助される「IT導入補助金2022」。
活用を検討している不動産会社も多いでしょう。
補助対象となる不動産ツールは、IT導入支援事業者/ベンダーによって「IT導入補助金2022」に登録されたもののみです。
不動産ツール販売会社にとって、IT導入支援事業者/ベンダーになり自社商品を登録することは、新たな顧客を取り込むチャンスです!
本コラムでは、ツールの登録方法や不動産会社が不動産ツールを導入した事例等を紹介します。

【ITツール購入者向け】「IT導入補助金2022」グループウェア導入費用が補助される!

コロナの影響や働き方の多様化によってリモートワークが当たり前になりました。
そんなリモートワークに欠かせないシステムがグループウェアです。
グループウェアとは、会社等の組織内のコンピュータネットワークを活用した情報共有のためのシステムのことです。
ひとつのグループウェアで、メールのやり取りやスケジュールの共有が可能になります。
今回はグループウェア導入経費の一部が負担される「IT導入補助金2022」をご紹介します。

【ITツール購入者向け】「IT導入補助金2022」でオンライン会議(Web会議)導入費用が補助される!

このコロナ禍で身の回りのあらゆるものがオンライン化しました。
対面が当たり前だった社内会議もしかり。
オンライン会議(Web会議)ツールは、遠隔拠点とインターネットを通じて映像・音声のやり取りや、資料の共有などができるコミュニケーションツールです。
本コラムでは、オンライン会議(Web会議)システムの導入の費用や、導入経費の一部が負担される「IT導入補助金2022」についてご紹介します。