人気記事TOP5

IT導入補助金2022とは?ホームページ制作やWEBページ制作も対象?

中小企業や小規模事業者などが業務の効率化を図るためのITツールの導入をする際に、活用できるのが「IT導入補助金」ですが、対象者や、対象となるツールなど具体的にどのような補助金なのかご存知ですか?

IT導入補助金は、勤怠管理、請求業務、販売管理、宿泊業などの予約管理など各事業者が課題としている業務上の課題やニーズに対し、生産性向上に役立つITツールの導入にかかる経費の一部を補助してもらえる補助金です。

この補助金は2021年度も公募が行われ、コロナ対策に必要なITツールの導入に対して補助する特別枠も創設されました。

令和3年度補正予算成立にともない、このIT導入補助金にも予算が計上され、「IT導入補助金2022」の募集内容についても公表されています。

今回は、今さら聞けない……と思っている方に、2022年のIT導入補助金の募集内容、対象者や補助額、などの内容と、よく聞く「ホームページ制作やWEBページ制作は対象となるの?」という点もわかりやすく解説していきたいと思います!

【事業復活支援金】事前確認を登録確認機関(認定支援機関)で実施する方法!

1月31日(月)から事業復活支援金の申請の受付が始まります!
事業復活支援金では、通常申請の前に事前確認を行う必要があることをご存知でしょうか。
事前確認は登録確認機関が行います。
この登録確認機関は認定支援機関でなければいけません。
本コラムでは、お近くの登録確認機関の確認方法や認定支援機関について解説します。

事業復活支援金の申請サポート相談は、以下のフォームよりお問い合わせください。
申請をお考えの方はもちろん、「事業復活支援金に申請できる?」というご相談も大歓迎です!

事業復活支援金のID登録の方法は?ID仮登録のメールが来ないときの原因と対処法は?

事業復活支援金の申請がいよいよ「2022年1月31日」より開始します。
それに伴い、準備中だった「申請に必要なID登録の申請」や、「事前確認を行う登録機関の検索」などが可能となりました。
今回は、この申請に必要なIDの登録方法と、その際によくあるトラブルである「ID仮登録完了メールが来ない!」という原因と対処法についてご説明していきます。

2022年度のIT導入補助金はパソコンの購入が対象に

勤怠管理、請求業務、販売管理、宿泊業などの予約管理などなど……
業務の効率をアップさせるためのITツールの導入をする際に、その経費の一部を補助してもらえるIT導入補助金。

パソコンの購入は対象となる?という疑問を持っている方も多いのではないかと思います。

IT導入補助金は2021年の公募まで、パソコンの購入は補助の対象外で、特別枠のみレンタルの場合は対象というものでした。

しかし、2021年の年末に令和3年度補正予算が成立し、IT導入補助金の予算も計上されました。
そこで2022年度はITツールの他、パソコン、タブレット、レジなどのハードウェアの『購入』も対象となることが発表されています。

【2022年受付開始!】事業復活支援金の申請書類の書き方は?

2021年12月24日、事業復活支援金の給付額の算出式が明らかになりました。
いよいよ今年2022年には申請の受付開始がスタートします!
前回の持続化給付金では、申請書類の提出から約2週間で給付金が支給されました。
事業復活支援金も同じようなスピード感での支給が想定されます。
本コラムでは事業復活支援金の概要と申請書類の書き方をご紹介します。
受付開始とともにスムーズに申請できるように今から準備を始めましょう!