事業復活支援金

「持続化給付金」で詐欺事件多発!「事業復活支援金」で詐欺にならない方法は?

2021年2月に申請受付が終了した「持続化給付金」。
「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響を受けている事業者を救済する目的で作られた制度です。
最近、「持続化給付金」を利用した詐欺事件のニュースをよく耳にしますね。
「故意にウソの申告をする」以外にも詐欺につながるケースはあります。
今回のコラムでは、「持続化給付金」の後継である「事業復活支援金」の申請の際に、詐欺にならない方法をお伝えします。

【まだ間に合う!?】事業復活支援金の申請期限を延長!都道府県での上乗せ給付も必見

2022年5月20日(金)に事業復活支援金の公式サイトにて、事業復活支援金の申請期限を
2022年5月末から2022年6月17日(金)まで延長するという発表がありました。
なお、「申請IDの発行」は2022年5月31日(火)まで、「登録確認機関による事前確認」は2022年6月14日(火)までとなっています。
申請をあきらめていたが、この申請期限の延長を期に申請を検討されている方は、なるべくお早めに申請手続きを行いましょう。
また、都道府県独自で、あらたに事業復活支援金の給付対象者に「上乗せ」給付、給付内容の拡充を発表しています。
対象の都道府県にお住まいの方は、あわせてご確認ください。

【事業復活支援金】申請サポート会場はどこ?「東北・北海道(北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)」

1月から経済産業省によって始まった支援金「事業復活支援金」。

最大で250万円支援される、企業から個人事業主まで幅広く支援される「支援金」です。

また、本支援金は、コロナウイルスによって影響を受けた企業にむけたものです。

昨年話題となった「持続化給付金」の2022年度バージョンとしての位置づけとしても認識されております。

そんな「事業復活支援金」ですが、基本、Web申請となります。しかし、Webでの作業が困難な場合、サポート会場が用意されます。

今回はそのサポート会場「九州・沖縄(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)」について紹介します。

【事業復活支援金】申請サポート会場はどこ?「九州・沖縄(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)」

1月から経済産業省によって始まった支援金「事業復活支援金」。

最大で250万円支援される、企業から個人事業主まで幅広く支援される「支援金」です。

また、本支援金は、コロナウイルスによって影響を受けた企業にむけたものです。

昨年話題となった「持続化給付金」の2022年度バージョンとしての位置づけとしても認識されております。

そんな「事業復活支援金」ですが、基本、Web申請となります。しかし、Webでの作業が困難な場合、サポート会場が用意されます。

今回はそのサポート会場「九州・沖縄(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県)」について紹介します。

【徳島県】最大40万円給付!「徳島県事業継続応援金」とは?

「徳島県事業継続応援金」は、徳島県独自の支援金制度であり、「事業復活支援金」との併用が可能です。
本コラムでは、「徳島県事業継続応援金」の申請期間や給付額の算出方法について紹介します。

全国の自治体で「徳島県事業継続応援金」のような事業復活支援金に関連した制度が設けられています。

【三重県】事業復活支援金と併用可能!「地域経済復活支援金」とは?

各地で事業復活支援金の上乗せ給付が検討されています。
本コラムでは、三重県独自の中小法人・個人事業者等に対する支援金である「地域経済復活支援金」について解説します。
「地域経済復活支援金」は、事業復活支援金の上乗せではなく併用ができる制度です。
この支援金は補正予算が県議会で可決された場合に実施されます。

【仙台市】最大25万円上乗せ給付!中小企業等事業復活支援給付金とは?

1月末、コロナの影響を受ける事業主に対する事業復活支援金がスタートしました。
しかし、コロナ収束の兆しが見えない中、事業主にはいまだに厳しい状況が強いられています。
そこで、各地では自治体独自の救済措置が検討されています。
仙台市は、コロナの影響で売り上げが大きく減少した市内の中小企業と個人事業主に「中小企業等事業復活支援給付金」を支給する方針を固めました。
本コラムでは「中小企業等事業復活支援給付金」について解説します。

【石川県事業復活支援金】事業復活支援金の受給者に最大50万円上乗せ給付!

新型コロナウイルスの影響を受けた事業主に支援金を給付する事業復活支援金。
事業復活支援金の受給者に対して給付金を上乗せする制度があることをご存知でしょうか?
このような取り組みが各自治体で予定されています。
今回は、石川県が行う「石川県事業復活支援金」をご紹介します!

【事業復活支援金】申請サポート会場はどこ?「近畿(大阪・京都・奈良・兵庫・和歌山・三重)」

新型コロナウイルスの影響で売上が減少した中堅・中小・小規模事業者と個人事業者を対象とした支援金「事業復活支援金」。

最大で250万円の支援がされる、多くの企業や個人事業主が注目している支援金です。

そんな「事業復活支援金」ですが、おもにWeb申請となります。しかし、Webでの作業が困難な場合、サポート会場が用意されます。

今回はそのサポート会場(大阪・京都・奈良・兵庫・和歌山・三重)が設置された場合の事例を紹介します。