補助金コンシェル編集部

中小企業などに最大250万円「事業復活支援金」とは

新型コロナウイルスの影響で多くの中小企業が大きな打撃を受けました。

「事業復活支援金」は、そんな新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業が、地域・業種を問わず対象となる「配布金」です。事業規模によっては最大250万円が支給されます。

また、個人事業主にも最大50万円が支給される「給付金」です。

昨年話題となった「持続化給付金」の2021年度バージョンと考えるとわかりやすいのかもしれません。

具体的な条件等を今回は紹介していきます。

水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(業務・産業部門) (令和3年度以降の申請)

お気に入りに追加 お気に入り登録済 お気に入りに追加しました × Dismiss alert お気に入りから削除しました × Dismiss alert 省エネ、低炭素化、レジリエンスの向上に資する業務・産業用燃料電池の …

水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(業務・産業部門) (令和3年度以降の申請) もっと読む »

新型コロナウイルス感染症緊急対策に係る雇用環境整備促進奨励金

お気に入りに追加 お気に入り登録済 お気に入りに追加しました × Dismiss alert お気に入りから削除しました × Dismiss alert 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を理由として、国が実施する雇用調 …

新型コロナウイルス感染症緊急対策に係る雇用環境整備促進奨励金 もっと読む »

【2021年版】トライアル雇用助成金 一般トライアルコースとは

「求職者の能力や適性を見極めた上で常用雇用を考えたい」と、お考えの事業主のみなさまも多いでしょう。
「トライアル雇用助成金 一般トライアルコース」は、「お試し期間」を経て常用雇用へと移行できる制度です。
本制度を活用すれば、事業主と求職者の双方のミスマッチを防ぐことができるので、社員定着率の向上が期待できます。

新型コロナウイルスの影響により休業した場合、特例的にトライアル雇用期間を変更できるようになりました。
詳しくはトライアル雇用期間の特例に関するリーフレットをご覧ください。
なお、本コラムは「トライアル雇用助成金 一般トライアルコース」の概要を書いています。