【事業再構築補助金】導入事例インタビュー:「小渡ビル」小渡 勝徳様

沖縄県でホットヨガスタジオおよび、メンテナンス業をされている「小渡ビル株式会社」様。

コロナ禍の煽りを受け、売上がゼロになってしまうという状況に遭遇。そこで今回は、「補助金を活用したいと考えた」とのことです。

その中で今回は「事業再構築補助金」が見事採択されました。 ではどのような申請内容で「事業再構築補助金」申請されたのでしょうか。

また、なぜリアリゼイションを選んでいただけたのか。 さっそく「小渡ビル株式会社」小渡 勝徳様にお話を聞いてまいりました。

どのような事業を行われておりますか?

弊社は沖縄県で2015年から創業しており、メンテナンス業、ホットヨガスタジオを運営しております。

ホットヨガは、” 優雅・快適・爽やか” な気持ちになる”素敵な感情と結果 ”を提供することをもっとも大切な使命としております。

お客様に常に、満足・感動して頂く為に最高の設備・環境を維持、向上します。

会社の名前の由来は、「不動産関係」の仕事も行っているため、そのような名前となっております。

リアリゼイションを選んだ理由を教えてください

コロナ禍により、運営が疲弊していき、売り上げがゼロとなり、漠然とした不安を感じたので補助金を活用していきたいと思いました。

その際に「補助金」をインターネットで探し、リアリゼイションを見つけました。ホームページの感じが良さそうだったのでお願いすることにいたしました。

どのような内容で申請されましたか?

AIを使ったフィットネスジムをつくります。

具体的には、本人の体型を採取しマシンに覚えさせ、その人に合ったフィットネスをAIが提案してくれます。

体型は人によってちがいますので、人間が行うマニュアル通りのフィットネスとは異なり、その人にあった最適なプランを提案します。

またAIの特性を活かし、無人店舗でも運営可能となります。

結果、人件費を削減させることが可能となり、また人と接触しないなどコロナ対策のメリットもあります。

リアリゼイションを利用していかがでしたか?

最初の、打ち合わせが、1時間ぐらいだったのですがヒアリングをしてたった数時間で事業計画書をつくりあげていただきました。

本当に、こちらは伝えるだけで書類ができるので、正直驚きました。また、文章力もあってとても素人には真似できません。さすがプロだなと感じました。

今後の展望はいかがでしょうか?

コロナ禍が終わって、何かご案内いただけるのであれば、今後も補助金の獲得にチャレンジしていきたいと思います。

ぜひ他の補助金の紹介もお願いします。 小渡ビル 小渡 勝徳様、お忙しい中インタビューに答えていただきありがとうございました。

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション