「情報流出が怖い」「申請が面倒」……マイナンバーカードが普及しない理由は?

総務省は2022年度末までに、ほぼ全ての国民にマイナンバーカードを普及させるとの方針を掲げています。

政府はカード普及のため「マイナポイント第2弾」を実施、来年度からは「自治体マイナポイント」の実施を予定しています。

「マイナポイント第2弾」については「【最大2万円分のポイント!】マイナンバーカードのマイナポイント第2弾開始!申込み方法は?やり方は?」、「自治体マイナポイント」については、「「マイナポイント」導入自治体に補助金、住民はポイントバック受けられる可能性!」をご覧ください。

マイナンバーカードを持っている人はどのくらい?

2022年7月末時点での交付率は45.9%です。

国民の約半分がマイナンバーカードを持っていることになります。

マイナンバーカードを持たない理由は?

以下、デジタル庁が調査したマイナンバーカード未取得の理由です。

マイナンバーカードは身分証明として使える?

マイナンバーカードは身分証明として使うことができますが、カードで本人確認ができない場面は多くあります。

たとえば、「住居の契約更新の際」等、使えないケースがあるようです。

個人番号の取り扱いには注意が必要であり、企業側がそのリスクを回避するためです。

総務省では企業等に改善を要請していますが、まだ周知が徹底されていません。

補助金コンシェルでは補助金や助成金の申請代行を行っています。

お得な情報をニュースレターで配信中。

ニュースレター登録は、サイトの「無料でニュースレター登録」からどうぞ!

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション