厚生労働省職員が「IT導入補助金」で200万円の不正受給の疑いで書類送検

20日に厚生労働省幹部の男性職員(55)が「IT導入補助金」で、200万円の不正受給を行ったとし、大阪府警捜査2課は、厚生労働省の男性職員を詐欺の疑いで書類送検したとのこと。

幹部の親族が代表を務める複数の会社を悪用し、国への虚偽申請に関与した疑いがあるとのことです。

男性は、不動産管理会社4社がITツールを導入したとする虚偽の申請を繰り返し、国から補助金200万円をだまし取った疑いがあります。

IT導入補助金とは

IT導入補助金2022は、中小企業・小規模事業者などが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入するための事業費などにかかる経費の一部を最大450万円補助してもらえます。 

それにより、中小企業・小規模事業者などの生産性向上を図る目的があります。 

2022年のIT導入補助金は”企業間取引のデジタル化への支援を強化する”方針とし、従来の「通常枠(A類型・B類型)」に加え、インボイス制度への対応も見据えたITツールの導入補助、パソコンなどのハード購入補助、クラウド利用料を2年分まとめて補助などが行われる「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)」の2つの枠で公募されています。 

また、あらたに中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を目的とした「セキュリティ対策推進枠」の公募が開始し、申請は2022年8月開始予定とされています。

IT導入補助金は2021年の公募まで、パソコンの購入は経費の対象外でしたが、(レンタルは一部可)、現在公募中の「デジタル化基盤導入枠」では、ITツールにはパソコンなどハードウェアの購入をあわせて購入することで、経費の対象となります。

補助金コンシェルでは、補助金に関するお役立ち情報やお役立ちツールを豊富に取り揃えているサイトです。

●補助金コンシェルでできることは?
・あなたにぴったりの補助金を簡単に検索できる「補助金検索」
・補助金の最新情報・企業事例紹介
・お気に入りの補助金の管理機能
・補助金相談・専門家とのマッチング

ぜひ、この機会に補助金コンシェルをご活用ください!

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション