「マイナポイント第二弾」受付開始!「第一弾」との違いは何?20,000円分もらえる条件とは?

最大20,000円分のポイントが付与される「マイナポイント第二弾」の受付けが始まり、各地の市役所の申請支援窓口には多くの人が訪れています。

前回の「第一弾」との違いや、20,000円分のポイントがもらえる条件について解説します!

「マイナポイント第二弾」とは

「マイナポイント第2弾」では、マイナンバーカードを新規取得された方(マイナンバーカードを取得済みで「マイナポイント第1弾」でマイナポイントの申込みをしていない方を含む)に対するポイントに加え、マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込みや、公金受取口座の登録を行った方が、マイナポイントを受け取ることができます。

 

すでに第1弾でマイナポイントをもらった方も、まだもらっていない方も第2弾の対象になります。

「マイナポイント第一弾」との違いは?

2020年9月1日~2021年12月31日には「マイナポイント第一弾」が実施されました。

「第一弾」との相違点を整理してみましょう。

「第二弾」で変わった点:ポイント付与の条件が増え、もらえるポイントが最大15,000円分増えた

「マイナポイント第一弾」

ポイント付与の条件

・マイナンバーカードの作成

・キャッシュレス決済の登録

付与されるポイント

最大5,000ポイント

「マイナポイント第二弾」

ポイント付与の条件

・マイナンバーカードの作成→最大5,000円分

・キャッシュレス決済の登録

・保険証登録→7,500円分

・公金受取口座登録→7,500円分

付与されるポイント

最大20,000ポイント

補助金コンシェルでは補助金や助成金の申請代行を行っています。

お得な情報をニュースレターで配信中。

ニュースレター登録は、サイトの「無料でニュースレター登録」からどうぞ!

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション