高級旅館がコロナ関連の助成金を不正受給!ウソの申告で 2,000万円受給

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、休業を実施する事業主に対して、休業手当等を助成する「雇用調整助成金」。

締め切りの2022年6月30日が近づく中、石川県の高級旅館が「雇用調整助成金」の不正受給を行ったというニュースが報道されました。

「売上げが下がり、従業員を休業させる必要があった」、「従業員を計画的に休業させた」等が「雇用調整助成金」の受給要件ですが、この旅館は新型コロナウイルス感染症の影響で経営する2つの旅館を休館させた際、「雇用調整助成金」を申請していたにもかかわらず、実際には従業員を出勤させていました。

石川労働局は、およそ2,000万円を不正受給したとして旅館に対し返還を求めています。

「雇用調整助成金」のような助成金に申請する場合は、制度の内容を正しく理解し、専門家と連携を図った上で申請しましょう。

株式会社リアリゼイションは、経済産業省が認める認定支援機関です。

補助金の申請代行はぜひ弊社にお任せください!

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション