ITスキルアップも給付金「教育訓練給付制度」で最大56万円の給付

人材育成・雇用、経営改善・経営強化における「キャリアアップ」に関する「給付金」を受けられます。

ITなどの「デジタル関係の講座」をはじめ、「大学院・大学などの課程」も対象となります。最大で受講費用の70%が受けられます。

1.「教育訓練給付制度」の概要

労働者の主体的なスキルアップを支援するため、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練を受講・修了した方に対し、その費用の一部が支給される制度です。

対象となる教育訓練は、そのレベルなどに応じて3種類があり、それぞれ給付率が異なります。

専門実践教育訓練最大で受講費用の70% [年間上限56万円・最長4年]
特定一般教育訓練受講費用の40% [上限20万円]
一般教育訓練受講費用の20% [上限10万円]
給付条件雇用保険の加入期間などあり。
※ パート・アルバイトや派遣労働者の方も対象

以下、「専門実践教育訓練」の対象講座例です。

■専門実践教育訓練
業務独占資格などの取得を目標とする講座 ・介護福祉士、社会福祉士、看護師、美容師、歯科衛生士、 保育士、調理師 など。

■デジタル関係の講座
ITSSレベル3以上のIT関係資格取得講座 (応用情報技術者試験)・第四次産業革命スキル習得講座(経済産業大臣認定)など。

■大学院・大学などの課程 ・専門職大学院の課程
MBA、法科大学院、教職大学院 など。

■職業実践力育成プログラム(文部科学大臣認定) など 専門学校の課程 および職業実践専門課程(文部科学大臣認定)
キャリア形成促進プログラム(文部科学大臣認定)となっております。

すべて「ハローワークで支給要件照会の手続」にて受け付けております。

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション