【ITツール導入補助金2022】CRM ツール・MAツール販売でIT導入支援事業者/ベンダーは補助金適応可能?

「ITツール導入補助金2022」の申請が始まりました!
MAツールやCRMツールも「IT導入補助金2022」のITツール対象です。
これらの商品を扱う会社もIT導入支援事業者/ベンダーになれます!
IT導入支援事業者/ベンダーになって自社の商品の売上を伸ばしませんか?
本コラムでは、MAツールやCRMツールでIT導入補助金/ベンダー登録をする方法や人気のCRMツールHubSpotをご紹介します。

「IT導入補助金2022」の概要については「【すぐわかる】IT導入補助金2022とは?わかりやすく解説します」をご覧ください。

IT導入補助金の申請またはIT導入支援事業者の登録申請のご相談は、以下のフォームよりご送信ください!

目次

MAツールとは

収益向上を目的としてマーケティング活動を自動化するものをMAツールと言います。
顧客ひとりひとりの興味関心に合わせたコミュニケーションを可能にできる点がMAツールの特長です。
たとえば、顧客ごとのコミュニケーション履歴にもとづき点数を付け、その点数によって配信するメールの文面を変えることができます。
単なるメール配信システムよりもより効果的なマーケティングがかなえられます。

CRMツールとは

CRMツールとは顧客情報の管理をするツールのことです。
「顧客管理」「顧客関係管理」と訳されます。
顧客の連絡先や購入履歴の確認、メールやソーシャルメディアを通じたやりとり、業務管理、商談状況のチェック等を1つの業務アプリケーションの中で行います。
SFA(営業支援システム)やMAツールと連携して使われることも多いです。

CRMツールの導入でできること

CRMツールを使用する際、ひとつひとつの顧客情報はユーザーが自分で入力する必要がありますが、顧客管理をより簡単・便利に行える機能を備えています。
たとえば、顧客情報入力の手間を楽にしてくれる機能、指定した条件に合った顧客情報だけを取り出す機能、メールを自動的に配信する機能等が挙げられます。
CRMツールの導入でできることをご紹介します。

単なる顧客管理だけではなく、メール配信機能やアンケート機能等によってプロモーション業務も行えることがCRMツールの特長と言えます。

HubSpot はMAとCRM両方の性質を持つツール!

CRMツールは顧客情報の最適な管理するためのもの。
MAツールは顧客情報を活かした効果的なマーケティングをするものです。
顧客との関係が正しく記録されていなければMAツールを活用したマーケティングの自動化は難しいですよね。
マーケティングのためには顧客管理が必要となるので、この2つをセットで活用することも多いです。
CRMとMA両方の性質を持つツールのひとつとしてHubSpotがあります。

HubSpotでできること

HubSpotは、世界120カ国以上で13万社以上の企業が利用するツールです。
マーケティングから営業、コンテンツ管理、カスタマーサービス、オペレーションに至るまで、さまざまな業務に欠かせないツールや連携機能を備えています。
エンジニアがいなくてもwebサイトの制作から記事の作成ができる等、コンテンツマーケティングに強みを持っています。

HubSpotの特長(1)インバウンドマーケティングを重視している

インバウンドマーケティングとは、ターゲットとする顧客が自発的に行動した結果、商品・サービスに興味を持ち、購入する仕組みを作るマーケティング手法のことです。
従来では電話やDM等、顧客に積極的にアピールして商品やサービスを買ってもらうスタイルが主でした。
これをプッシュ型マーケティングと言います。
ネットが普及した今、流通する情報量が多すぎるため、顧客に届けたい情報を届けにくくなり、このプッシュ型マーケティングが難しくなってきました。
そんな背景からインバウンドマーケティングが生まれました。

HubSpotは、このインバウンドマーケティングを重視したソフトウェアです。
アクセス解析やメール配信、自社コンテンツの管理・運用等を一元管理し、新規の顧客を呼び込みからカスタマーサービスまでも全て行えます。

HubSpotの特長(2)CRM機能が無料

HubSpotではCRM機能が無料で使えます。
無料CRMに登録するとSFAツールやMAツール、カスタマーサービスツールの一部も無料で利用できます。
たとえば、メールの一括送信やトラッキング、見込み顧客情報の蓄積等が無料で行えます。

HubSpotの特長(3)CRM・MA・SFAの3つの機能をあわせて使える

HubSpot はCRM・MA・SFAの3つのツールをまとめて使えます。
もちろん単体でも大きなメリットがありますが、これらを効果的に組み合わせることで何倍もの効果を発揮します。

「IT導入補助金2022」でCRMツールの販売を促進しよう!

HubSpot 等のCRMツールの売上を促進するためには、「IT導入補助金2022」の活用がおすすめです。
「IT導入補助金2022」は中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア、サービスなど)を導入するための事業費等にかかる経費の一部が補助される補助金です。
この補助金では、中小企業・小規模事業者等であるITツール購入者と、IT導入支援事業者/ベンダーと呼ばれる業者が協力関係を結んで申請を行います。(MAツールやCRMツールを販売している業者がIT導入支援事業者/ベンダーです。)
「IT導入補助金2022」では、ITツール購入者は最大経費の3/4が補助されます。
最大450万円の補助が受けられるので、ITツールの導入を考える購入者にとってはぜひ活用したい補助金です。

IT導入支援事業者/ベンダーになると次のような効果が期待できます。

IT導入支援事業者/ベンダーのメリットについては「【IT導入補助金2022】IT導入支援事業者/ベンダーに登録をする2つのメリット」でも紹介しています。

「IT補助金2022」のIT導入支援事業者/ベンダーになってHubSpot 等の人気のCRMツールの販売を伸ばしてみませんか?

「IT導入補助金2022」でツール登録できるものは?

IT導入支援事業者/ベンダーになるには、ベンダー登録と取り扱うITツール登録をする必要があります。
登録は全て「IT導入補助金2022」サイト上で行います。
登録できるITツールは決められているのでご注意ください。

「顧客対応・販売支援」という分類でMAツールとCRMツールも登録可能です。
その他のソフトウェアではSFA等も登録できます。
以下、「IT導入補助金2022」のMAツールとCRMツールの定義です。

【IT導入補助金2022】MAツールの定義

トラッキング機能(潜在顧客属性情報・行動履歴収集・分析)、リード管理(潜在顧客育成・潜在顧客選別)
注意点:AIトラッキング機能、AI顧客分析、消費者行動解析、フィールドトラッキング等の、カメラ等から得た情報から人の目線や性別・年齢などの情報を収集し(アイトラッキング・フィールドトラッキング)そのデータをマーケティングに利用するというものも対象となる。
ただし、あくまでソフトウェアのみが対象となる。
ハードウェア部分やソフトウェアとハードウェアが一体となっていて切り分けが困難な場合は対象外。

【IT導入補助金2022】CRMツールの定義

顧客購買履歴・対応履歴全社共有・顧客分析・販促・アフターケア機能
注意点:マーケティング活動のために顧客情報を利用し顧客を醸成・育成(リードナーチャリング)することを目的としたITツールが対象であり、単なる顧客情報を保有・表示するだけの機能では対象外。

「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者/ベンダーになる方法は?

「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者/ベンダーは、IT導入補助金に申請する補助事業者のパートナーです。
ITツールの提供・補助事業遂行のサポート・申請サポートを行います。

誰でも自由に「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者/ITベンダーになれるわけではありません。
「IT導入補助金2022」の事務局が提供するポータルサイトでの登録申請を行い、事務局および外部審査委員会による審査に通過する必要があります。

詳しくは「【IT導入補助金2022】ECサイト制作でITベンダーが補助金申請するには?代行は可能?」をご覧ください。

まとめ

顧客情報を全社で一元管理し、営業活動の効率化や顧客満足度向上につなげられるCRMツール。
HubSpotについてご紹介しました。
「満足度の高いCRMツール」としてランキング2位になったほどHubSpotは人気のツールです。
「自社で扱うCRMツールやMAツールの販売を促進したい」とお考えの事業主さま、「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者/ITベンダーの登録を検討してみませんか?

IT導入補助金2022のIT導入支援事業者/ベンダー向け、ITツール登録・申請相談はこちら

「IT導入支援事業者/ベンダーになって売上を伸ばしたい。でも登録手続きが大変そう……」
そんな方に朗報です!
株式会社リアリゼイションでは、お客様に代わってITツール登録からITツール購入者の補助金申請サポートまで一括で対応いたします。
400社以上の補助金申請サポート実績がある弊社にお任せください。
ささいなご相談から、申請代行まで、IT導入補助金についてのお問い合わせは、以下のフォームよりご送信ください!

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション