【事業復活支援金】申請サポート会場はどこ?「関東(東京都以外)」

新型コロナウイルスの影響で売上が減少した中堅・中小・小規模事業者と個人事業者を対象とした支援金「事業復活支援金」。

最大で250万円の支援がされる、多くの企業や個人事業主が注目している支援金です。

そんな「事業復活支援金」ですが、おもにWeb申請となります。しかし、Webでの作業が困難な場合、サポート会場が用意される可能性があります。

今回はそのサポート会場(関東:神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬等、東京都以外)が設置された場合の事例を紹介します。

目次

「事業復活支援金」とは

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症により大きな影響を受ける中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主に対して、支援金を給付する制度です。

2022年3月までの見通しを立てられるよう、対象となる事業主に地域・業種問わず、固定費負担の支援として5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括給付します。事業復活支援金の給付額は、売上高に応じ3段階に設けられる予定です。

「事業復活支援金」の対象者

「事業復活支援金」の対象者は、新型コロナの影響で2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上落ち込んだ事業者(中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)です。

関東(東京以外)のサポート会場は?

事業復活支援金の申請は公式サイトで電子申請(Webを利用した申請)となります。

しかし、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のため、申請サポート会場にて補助員が電子申請の手続きをサポートする可能性があります。

月次支援金の例では、以下のサポート会場が用意されております。

今回の「事業復活支援金」でも同様にサポート会場が用意される可能性があります。

茨城県

群馬県

栃木県

千葉県

神奈川県

東京都のサポート会場(予測)はこちらをご覧ください。

まとめ

事業復活支援金」は他の補助金同様、Web上での作業が中心となります。

そのため、WebやPCの作業に慣れていない方多く、人対人のサポートが必要となってくるかと思います。

そんな方は、直接サポート会場に向かう、もしくは弊社リアリゼイションの代行を頼んでいただければと思います。

ぜひともお声がけください。

「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション