【令和3年度版】「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」が簡単に分かる!申請方法やチェックリストは?

労働者のモチベーション低下は、「離職率が高まる」、「事業の生産性が低下する」等、多くの問題を引き起こす原因になります。
事業主にとって労働者の働く意欲をいかにして高めるかは大きな課題のひとつです。
昇給はモチベーションアップにつながる有効な手段のひとつでしょう。
しかし、費用面の不安から、なかなか賃金の増額に踏み切れない事業主も多いはずです。
そんなとき、ぜひ活用したい制度が「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」です。
「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」は、契約社員やパート等の有期雇用労働者の昇給に対する助成制度です。
本コラムでは、記入例や必要書類のチェックリストをご紹介します。

目次

「キャリアアップ助成金」とは

「キャリアアップ助成金」は、有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度です。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」とは

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」は、全てまたは一部の有期雇用労働者等の基本給の賃金規定等を増額改定し、昇給した場合に助成する制度です。
全てまたは一部の有期雇用労働者等の賃金規定等を2%以上増額改定した場合、対象労働者数に応じた額が事業主に支給されます。

「賃金規定等」について:

賃金規定や賃金一覧表等、労働協約または就業規則において賃金額の定めがあれば支給対象となります。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の助成金がもらえる事業主の条件

次の(1)~(7)は、「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の支援対象となる事業主の主な条件です。

※「事業主」には、民間の事業者の他、民法上の公益法人、特定非営利活動促進法上の特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)、医療法上の医療法人、社会福祉法上の社会福祉法人等も含まれます。

詳細については、「キャリアアップ助成金のご案内」の31ページをご参照ください。

キャリアアップ管理者:

「有期雇用労働者等のキャリアアップに関するガイドライン~キャリアアップ促進のための助成措置の円滑な活用に向けて~」に規定する「キャリアアップ管理者」をいい、有期雇用労働者等のキャリアアップに取り組む者として必要な知識および経験を有していると認められる者を指します。

キャリアアップ計画:

有期雇用労働者等のキャリアアップに向けた取り組みを計画的に進めるため、今後のおおまかな取り組みイメージ(対象者、目標、期間、目標を達成するために事業主が行う取り組み)をあらかじめ記載するものです。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の対象となる労働者

次の(1)~(3)に該当する労働者が「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の主な対象です。

※その他の条件については「キャリアアップ助成金のご案内」の30ページをご参照ください。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の助成額

全てまたは一部の有期雇用労働者等の基本給の賃金規定等を増額改定し、昇給した場合に助成金が支給されます。
1年度1事業所当たり100人まで、申請回数は1年度1回のみです。
増額の対象者が全ての非正規雇用労働者の場合でも、一部(雇用形態別・職種別等)の非正規雇用労働者の場合でも、賃金増額を行った労働者1人当たりの助成額を同額とします。

※< >は生産性の向上が認められる場合の額、( )内は大企業の額です。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の申請のスケジュール

対象労働者の賃金規定等を改定した(賃金規定等の増額を適用した)後6か月分の賃金を、支給した日の翌日から起算して2か月以内に申請します。

(1) キャリアアップ計画の作成・提出(賃金規定等を増額改定する前日までに提出)

雇用保険適用事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、労働組合等の意見を聞いて「キャリアアップ計画」を作成し、管轄労働局長の認定を受けます。

(2) 賃金規定等の増額改定の実施

増額改定後の雇用契約書や労働条件通知書を対象労働者に交付し、当該賃金規定等に属する有期雇用労働者等が昇給している必要があります。
また、賃金規定等を作成・規定し、増額改定実施までに3か月以上運用する必要があります。(新たに賃金規定等を整備する場合は除く)

(3) 増額改定後の賃金に基づき6か月分の賃金を支給・支給申請

増額改定後6か月分の賃金を支給した日の翌日から起算して2か月以内に支給申請してください。

(4) 審査、支給決定

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の必要書類チェックリスト

下記(1)~(12)が「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の主な必要書類です。(令和3年4月1日以降制度を改定した場合)
詳細については「キャリアアップ助成金支給申請(賃金規定等改定コース)チェックリスト」をご参照ください。

「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」の記入例

下記の「キャリアアップ助成金のご案内」の67・70ページより、キャリアアップ助成金支給申請書(様式第3号)と、別添様式3の記入例を確認できます。

まとめ

有期雇用労働者が占める働く人の割合は、昭和60年から令和2年にかけて2倍以上に増えました。
今や労働者の「5人に2人がアルバイトや契約社員」という職場は珍しくありません。
このような有期雇用労働者に焦点を当てた職場環境の改善が求められています。
今回ご紹介した「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」は、昇給という方法で有期雇用労働者のモチベーションアップを目指す事業主を支援する制度です。
労働者の意欲、能力を向上させ、事業の生産性を高め、優秀な人材を確保するために、ぜひ、「キャリアアップ助成金 賃金規定等改定コース」をご活用ください。

出典:厚生労働省

「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション