水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(業務・産業部門) (令和3年度以降の申請)

省エネ、低炭素化、レジリエンスの向上に資する業務・産業用燃料電池の導入に対して助成
対象地域
東京都
公募期間
令和3年6月28日~令和4年3月31日まで
利用目的
環境・省エネ
対象者
都内の事務所等において、業務・産業用燃料電池を設置する以下の者
・民間事業者 都内に事業所又は事務所を有する法人
(※)又は個人の事業者
※国、地方公共団体、独立行政法人並びに国の出資及び費用負担の比率が
50%を超える法人を除く
・都内の区市町村
対象要件
上限金額
業務・産業用燃料電池
(定格発電出力が5kWを超えるもの)
3億3,300万円
業務・産業用燃料電池
(定格発電出力が1.5 kWを超え5kW以下のもの)
1億3,000万円
補助率
業務・産業用燃料電池
(定格発電出力が5kWを超えるもの)
→助成対象経費の2/3
(国等補助金を併用する場合は、助成対象経費の2/3から国等補助金を差し引いた額)
業務・産業用燃料電池
(定格発電出力が1.5 kWを超え5kW以下のもの)
→助成対象経費の2/3
(国等補助金を併用する場合は、助成対象経費の2/3から国等補助金を差し引いた額)
対象経費
業務・産業用燃料電池
実施機関
東京都
公募要綱
https://www.tokyo-co2down.jp/wp-content/uploads/2021/06/
hydrogen_n_smart_jissiyoko_210614.pdf
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション