【2021年版】特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コースとは

「定年後も知識や経験を仕事に生かしたい!」
「老後の備えとして年金の他に収入がほしい・・・・・・」

今、働く意欲のある高年齢者はたくさんいます。
「特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コース」は、満年齢が65歳以上の離職者を継続して雇用する事業主を支援する制度です。
企業がこのような方を積極的に雇用することは、高年齢者が安心して働き続ける社会づくりに、そして職場の人手不足解消にもつながります。

※「特定求職者雇用開発助成金」に係る特例が令和2年10月5日より実施されました。
詳細は厚生労働省のHPをご確認ください。
また、本コラムは「特定求職者雇用開発助成金」の概要について書いています。

1.「特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コース」とは

「特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コース」は、雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者を、ハローワーク等の紹介により1年以上継続して雇用することが確実な労働者(雇用保険の高年齢被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成金を支給する制度です。

※「ハローワーク等」とは、ハローワーク、地方運輸局、雇用関係給付金の取扱に係る同意書を労働局に提出している特定地方公共団体、有料・無料職業紹介事業者と無料船員職業紹介事業者を指します。

2. 支給対象となる事業主

本制度の支援対象となる事業主は、次の(1)~(7)全ての項目に該当する必要があります。

3.支援対象となる労働者

本制度の支援対象となる労働者は、以下(1)、(2)両方の条件に該当する方です。

4.助成額

対象労働者に支払われた賃金の一部に相当する額として、下表の金額が支給対象期(6か月)ごとに支給されます。
助成額は、対象労働者の一週間の所定労働時間や企業の規模によって異なります。
対象労働者の所定労働時間や企業の規模に関わらず助成対象期間は1年です。

※( )内は中小企業以外の企業に対する支給額です。
「中小企業」については業種ごとに規定が定められています。

詳細は厚生労働省のHPでご確認ください。

対象労働者の一週間の所定労働時間
支給額
支給対象期ごとの支給額
30時間以上(短時間労働者以外)
70(60)万円
35(30)万円×2期
20時間以上30時間未満(短時間労働者)
50(40)万円
25(20)万円×2期

5. 申請のスケジュール

「特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コース」の申請の流れは次のとおりです。

※第2期支給申請も(3)~(6)と同様の手続きが必要です。

6.まとめ

高年齢者を雇用することは、企業にとってさまざまなメリットがあります。
たとえば、高年齢労働者の知識や経験は若手社員の成長を促すきっかけになります。
また、高年齢労働者の働き方に合わせて時短勤務やフレックスタイム制度を導入すれば、労働時間の柔軟化も図れるでしょう。
高年齢労働者を積極的に雇用することは、誰もが働きやすい職場環境づくりにもつながるのです。
事業主のみなさまは、ぜひ「特定求職者雇用開発助成金 生涯現役コース」の活用をご検討ください!

出典:厚生労働省

「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション