両立支援等助成金 (Ⅱ介護離職防止支援コース) 【①介護休業】

仕事と介護の両立支援の推進に資する職場環境整備に取り組むとともに、介護支援プランの作成及び同プランに基づく措置を実施し、介護休業の円滑な取得及び職場復帰の取組を行った中小企業事業主に対して助成
対象地域
全国
公募期間
【支給申請期間】
(1)休業取得時
対象労働者の所定労働日に対する介護休業期間が合計して5日を経過する日の翌日から
2か月以内

(2)職場復帰時
対象労働者の介護休業終了日の翌日から起算して3か月が経過する日の翌日から2か月以内
利用目的
介護支援、助成金
対象者
中小企業事業主
対象要件

(1)休業取得時
①要介護状態にある対象家族の介護に直面する労働者について、介護支援プランを作成し、
同プランに基づき、同一の対象家族について合計5日以上の介護休業を取得させていること。
②対象労働者について、当該介護休業開始日から申請日において雇用保険被保険者として
継続雇用していること等。

(2)職場復帰時
①「(1)休業取得時」と同一の対象労働者に対し、介護休業終了後、上司又は
人事労務担当者とフォロー面談を実施し、結果について記録すること。
②対象労働者を原則として原職等に復帰させること。
③対象労働者を、介護休業終了後、申請日まで、雇用保険被保険者として
3か月以上継続雇用していること。
④当該3か月の間に雇用形態や給与形態の不合理な変更を行っていないこと等。
上限金額
(1)休業取得時
28.5万円(生産性要件を満たす場合は、36万円)

(2)職場復帰時
28.5万円(生産性要件を満たす場合は、36万円)
補助率
対象経費
実施機関
厚生労働省
公募要綱
https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/content/contents/000923122.pdf
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション