日: 2021年9月22日

高年齢労働者処遇改善促進助成金とは

65歳までの継続雇用の義務可に伴い、「高年齢雇用継続給付」が見直されることになりました。
2025年から「高年齢雇用継続給付」の給付率が10%に縮小されます。
さらに働き方改革の一環である「同一労働同一賃金」の推進によって、雇用形態に関わらない60~64歳までの高年齢労働者の処遇改善が求められるようになりました。
このような取り組を行う事業主を助成する目的で、「高年齢労働者処遇改善促進助成金」が創設されました。
高年齢労働者が継続して働ける環境づくりのため、事業主のみなさまには本助成金の活用をおすすめします。

※「高年齢雇用継続給付」とは、60歳以上65歳未満の被保険者が原則として60歳時点に比べて賃金が75%未満の賃金に低下した状態で働いている場合に、ハローワークへの支給申請により、各月に支払われた賃金の最大15%の給付金が支給されるものです。

知的財産活用製品化支援助成事業(令和3年度)

新商品を開発したいのに、技術や知識がない……。
または、技術シーズはある程度保有しているが、製品化させるノウハウがない。

そんな企業や団体はないでしょうか。
今回紹介する「知的財産活用製品化支援助成事業」はまさにそんな際に利用できる助成事業です。

東京都知的財産総合センターに在籍する製品化コーディネーターが、大手企業・大学・試験研究機関とのマッチングを行い、その後の事業化を支援してくれます。

今回はそんな「知的財産活用製品化支援助成事業」について紹介します。