若手・女性リーダー応援プログラム助成事業とは

若手・女性リーダー応援プログラム助成事業

女性もしくは若手の男性の中で、新しく店舗を立ち上げたり改装したりしたいという経営者はいないでしょうか。

コロナ禍の中で、なかなか今はそんな余裕などない……

というのがホンネかもしれません。

今回紹介する「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」はそんな若手経営者を応援する助成事業です。

また、この事業は女性および、若手男性限定で、令和4年3月31日時点で39歳以下の男性が限定となります。そんな都内商店街の活性化を図る「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」について、紹介していきたいと思います。

1. 若手・女性リーダー応援プログラム助成事業とは

若手・女性リーダー応援プログラム助成事業とは、都内商店街で新規事業をするにあたり経費の一部を助成する制度です。

事業対象としては、女性または若手男性となっております。

対象となる経費は「店舗の新装又は改装及び設備導入等に要する経費」「商店街における開業者の育成及び支援」などです。

結果的に、都内商店街の活性化を図ることがねらいです。

2. 主な助成対象経費

主な助成対象経費としては、「店舗の新装」または「改装」および「設備導入」等に要する経費の一部となります。

具体的なものは次にあげるようなものです。

3. 助成額

助成額および助成限度額は以下のとおりです。

(1)助成限度額

経費区分助成率助成
限度額
助成対象
期間




店舗新装・改装工事費3/4以内400万円交付
決定日から
開業日の
翌々月末
(最長1年間)
設備・備品購入費(税込10万円以上)
宣伝・広告費(上限150万円)
実務研修受講費2/3以内6万円
店舗賃借料
(新たに借りる場合)
3/4以内1年目:180万円(15万円/月)
2年目:144万円(12万円/月)
交付決定日
から2年間

4. 申請スケジュール

交付決定日から開業日の翌々月末(最長1年間)
※店舗賃借料は交付決定日から2年間 (第1回:令和3年8月1日、第2回:令和4年1月1日)です

【1】申請エントリー

9/15(水)~10/4(月)

【2】申請書類提出

10/5(火)~10/15(金)

【3】一次審査(資格・書類審査)

11月上旬

【4】二次審査(面接審査)

 12月上旬

【5】助成対象者決定(交付決定)

令和4年1/1(予定)

5.助成対象事業者

今回の助成金に関しては、対象が決まっております。あらかじめ注意ください。

(1)具体的な条件

(2)具体的な業種

6. 申請方法

申請方法は「申請エントリー」が必要です。「申込フォーム」への入力は「ネットクラブ会員サービス」へのご登録が必要です。

詳しい内容は下記公式サイトをご覧ください。

新規事業を起こす際に、どうしても経費は発生するものです。
店舗の新装開店および改装となれば、結構な額になってしまいます。

そんな際に利用できる「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」は、都内の女性もしくは若手男性、そして「商店街」いう制約があるものの、商店街の活性化を促すための良い起爆剤となりそうです。

今回の助成金を活用し、躊躇していた自事業への投資が、都内商店街の活性化につながることが狙いとなりそうです。

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション