エイジフレンドリー補助金とは

高齢化社会を迎え、多くの職場に高齢者の方々が働いております。

内閣府によりますと、2017年時点での「労働力人口に占める65歳以上の恒例者の比率」は12.2%となっております。

参照:内閣府

高齢者に負担をかけ、万が一大きな事故があっては大変です。

そのような状況をふまえ「高齢者が安心・安全に働ける場を提供したい」と考える企業は多いのではないでしょうか。

しかし、そのための対策費用が……

そんな際に「エイジフレンドリー補助金」は利用できる補助金です。

1. エイジフレンドリー補助金とは

エイジフレンドリー補助金は、近年の⾼齢者の労働災害が増えている現状を踏まえ、職場環境の改善に要した費⽤の⼀部を補助する補助金です。

とくに、新型コロナウイルス感染症予防が特に必要となる、社会福祉施設、医療保健業、旅館業や飲⾷店等の接客サービス業等では、対⼈業務を簡素化できる設備改善や作業改善が望まれています。

本補助金を活用し、⾼齢者が安心・安全に働けるよう、⾼齢者にとって危険な場所や負担の⼤きい作業を解消し、働きやすい職場環境をつくっていくことが目的です。

2. 対象となる事業者

対象となる事業者は、次に上げる項目に該当する事業者です。

(1)高年齢労働者(60歳以上)を常時1名以上雇用している

(2)次のいずれかに該当する事業者であること

業種常時使用する労働者数資本金又は 出資の総額
小売業小売業、飲食店、
持ち帰り配達飲食サービス業
50人以下5,000万円以下
サービス業医療・福祉、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業、情報サービス業、物品賃貸業、学術研究・専門・技術サービス業など100人以下5,000万円以下
卸売業卸売業100人以下1億円以下
その他の業種製造業、建設業、運輸業、農業、林業、漁業、金融業、保険業など300人以下3億円以下

(3)労働保険に加入している

※そのほか支給決定に当たって審査があるとのことです。

3. 対象となる対策

では、具体的にどのような対策を行えばよいのでしょうか。

次にあげる対策に要した費用が対象となるようです。

(引用:厚生労働省)

また、高齢者に対する新型コロナウイルス感染防止対策を行い、安心して働ける対策を行った場合にも補助対象となります。

4. スケジュール

令和3年の申請の期間は以下のとおりです。

申請期間:令和3年6⽉11⽇〜令和3年10⽉末⽇

交付決定額が予算額に達した場合、申請期間中であっても受付を締め切るとのことなので、早めの申請をおすすめします。

5.補助金額

補助金額は次の通りとなっております。

補 助 率:1/2

上 限 額:100万円(消費税を含む)

注意しなければならないのが、全ての申請者に交付されるわけではないということです。

事業場規模、⾼年齢労働者の雇⽤状況等を審査したうえで交付されます。

6. 申請方法

申請方法は「様式」に必要事項を記載し提出します。

「様式」の書類は公式サイトからダウンロードします。

詳しくは公式サイトを御覧ください。

7. まとめ

エイジフレンドリー補助金は、職場の高齢者のため、安心・安全に働く環境を整備するためのための補助金です。

また、高齢者に対する新型コロナウイルス感染防止対策も含まれます。

高齢者が安心して働ける職場を提供することで、事故を未然に防ぎ、結果的に企業の評価を高めることにも繋がります。

是非このエイジフレンドリー補助金を活用できればと思います。

補助金・助成金コラム
人気記事TOP5 ランキング
関連記事
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション