事業再構築補助金のメリット・デメリット

事業再構築補助金は、最大8,000万円(企業によっては1億円)が受け取れるとても高額な補助金です。

今コロナの影響を受けている企業にとって絶好のチャンスともいえるこの補助金。

ですが、要件さえ合えば絶対に申請した方がいいという訳ではありません。

「申請すること自体にお金がかかるわけでもないし、条件があうのであれば採択された場合、高額な補助金ももらえてメリットばかりじゃないの?」

と思ってしまいがちですが、どんな補助金にも申請する上でのメリット・デメリットは必ずあります。

事業再構築補助金は、「中小企業の革新的な事業を行うための事業再構築を支援」

という目的で創設された補助金です。

つまり申請には革新的な事業計画を策定し、実行する必要があるということ。

それなりの労力が必要な上に、リスクも伴ってきます。

では今回は、申請を決める上で、どんなメリット、デメリットがあるのか、解説していきましょう。to

事業再構築補助金は、コロナ時代の今、変化する経済社会に対応するための事業再構築を支援してもらえる補助金です。

コロナウイルスの影響を受けた中小企業などが、新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編などを行い、事業の再構築を図る際、その事業にかかった経費を補助してもらえます。

・新分野展開とは…主たる業種や事業を変更せずに、新しい製品の製造や、新しい商品、サービスを提供することで、新たな市場に進出すること。

・業態転換とは…今まで行っていた商品やサービスそのものは変えずに、製品などの製造方法の変更や、商品やサービスの提供方法を変更すること。

・事業転換とは…新たな製品の製造や、新たな商品、サービスを提供することにより、主たる業種を変更せずに、主たる事業を変更すること。

・業種転換とは…新たな製品の製造、新たな商品、サービスを提供することにより、主たる業種を変更すること。

・事業再編とは…会社法上の組織再編行為などを行い、新たな事業形態のもとに、新分野展開、事業転換、業種転換または業態転換のいずれかを行うこと。

※組織再編とは「合併」「会社分割」「株式交換」「株式移転」または「事業譲渡」などを行うことをいう。

①返済不要で高額なお金がもらえる

まず、1つ目は返済不要でお金が援助してもらえること。

補助金は金融機関などから借り入れをする場合と違って、国や地方自治体から支給されるお金だから当然返済は不要です。

②少ないお金で設備投資ができる。

設備投資をしたいと思っても、お金に余裕がない場合や、投資した分失敗をしたときのリスクを考えるとなかなか踏み出せない場合もありますよね。

その点、事業再構築補助金は経費の2/3を補助してもらえます。

実質少ないお金で設備投資が行えるという訳ですね。

事業再構築補助金は、補助額も最大8,000万円と大きいから、設備投資の幅もぐんと広がります。

③事業再構築への可能性大

事業再構築補助金の本来の目的が、革新的な事業を行うことでコロナ後の社会に対応していくための事業再構築です。。

事業再構築に向けてしっかりと事業計画を策定し、実行することで、生産性の向上やこれからの事業の見直しにも繋がります。

①申請書類、事業計画の作成などに時間がかかる

補助金を申請する上で、1番最初に骨を折るのが申請書類の作成です。

申請書の作成は想定しているよりも複雑で、時間も手間もかかります。

補助金の目的にあった事業であることを文章で明確に説明する必要があり、必要な書類を揃える必要もあります。

それらを本来の業務の合間を縫って作成する必要がありますので、かなりの時間と労力を使うことになるという点がデメリットと言えます。

ただ、これらの作業を必ずしも全て自分でやる必要はありません

補助金申請をする上で必要な知識がなかったり、時間がなかったりする場合は、申請書作成を行っている専門家経営(コンサルタント、税理士、金融機関、中小企業診断士など)に代行を依頼する人も少なくありません。

 

②先に経費を自分で支払う必要がある(資金調達が必要)

まず、事業再構築補助金に限らず補助金の支払いは基本的に後払いとなっています。

つまり、事業に必要な経費は先に自分で支払う必要があるということです。

事業再構築補助金は最大8,000万円もの額が補助してもらえますが、その大きな額をまずは自分で支払う必要があります。

その資金調達が必要となります。

ちなみに一定の条件のもと概算払いも可能です。

③採択されなかった場合、申請にかけた時間が無駄になる。

補助金を申請しても、厳しい審査が行われ、当然100%採択というわけではありません。

そうなった場合、申請や取組みにかけた時間も労力も無駄になったと捉えてしまう人もいると思います。

申請にかけた時間は、事業の見直しに繋がったという考えかたもできますが、実際普段忙しい業務を行っている中、それ相応の労力は使うわけですから楽な作業ではありません。

 

高額な補助金を返済不要でもらえるわけですから、メリットだけではなく当然デメリットもつきものです。

申請の前に、自分の中でメリットとデメリット、どちらの方が重要となるか十分に考えてみる必要があります。

「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション