令和2年度予算「商店街活性化・観光消費創出事業」

お気に入りに追加 お気に入り登録済
大きな伸びを示しているインバウンドや観光等といった、地域外や日常の需要以外から 新たな需要を効果的に取り込む商店街等の取組を支援することにより、地域と連携して 魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、消費の喚起につなげることを目的
対象地域
全国
採択数
◆2019年
1次締切:48件
2次締切:32件
合計:80件
公募期間
令和2年1月31日〜令和2年2月28日 ※公募は終了しました
利用目的
観光・インバウンド
対象者
商店街等組織又は商店街等組織と民間事業者の連携体
対象要件
①日本に拠点を有していること。
②本事業を的確に遂行する組織、人員等を有していること。
③本事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し
資金等について十分な管理能力を有していること
(任意団体の場合は、原則、応募申請時において、設立(結成)後1年以上を
経過していること)。
④経済産業省からの補助金交付等停止措置又は指名停止措置が
講じられている者ではないこと。
上限金額
消費創出事業 2億円
専門家派遣事業 200万円
補助率
消費創出事業
補助対象経費の2/3以内 専門家派遣事業
定額補助(10/10)
対象経費
◆消費創出事業
謝金・旅費
事業実施に係る経費(会議費・施設整備費・施設設備の撤去に係る経費・店舗等賃借料
内装設備施工工事費・店舗改造費・車両の購入改造に要する経費・無体財産購入費
設営費運搬費・備品費・借料損料・消耗品費・印刷製本費・広報費 ・委託費・外注費
補助員人件費)
◆専門家派遣事業
謝金・旅費
実施機関
中小企業庁
公募要綱
https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2020/200622kankou1.pdf
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション