令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 (再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業)

お気に入りに追加 お気に入り登録済

グリーン社会の実現を進めるため、電気自動車・燃料電池自動車等の導入拡大と同時に、再エネ電力を使用したゼロカーボンのライフスタイルの普及や、日常及び非常時の両方で活用できる充放電設備/外部給電器の普及を促進することを目的

対象地域全国
公募期間2021年7月1 日〜2021年12月28日 ※受付は終了しました
利用目的省エネ・脱炭素
対象者個人、民間事業者(中小企業)及び地方公共団体等
対象要件家庭や事業所等における「再エネ100%電力調達」及び
「モニター制度」の要件に適合することを前提に、
「電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車」を購入する
上限金額・電気自動車は上限80万円、プラグインハイブリッド車は上限40万円
燃料電池自動車は上限250万円
・充放電設備の設備費は上限75万円、 工事費は定額補助で上限40万円(個人)
又は上限95万円(法人等)
・外部給電器の設備費は上限50万円
補助率自動車購入費
定額
充放電設備の設備費
1/2
外部給電器の設備費
1/3
対象経費(Ⅰ)電気自動車、プラグインハイブリッド車、
燃料電池自動車の購入費の一部 ※1事業所あたり上限10台
(Ⅱ)充放電設備/外部給電器の購入費・工事費の一部(オプション)
実施機関 環境省
公募要綱http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/r02ho/r02ho_youryou_1.pdf
「世界一優しい行政手続きに。」
行政×民間の架け橋となるサービスを提供しております。

株式会社リアリゼイション